2016年6月8日更新

【動物看護士が解説】自宅でシャンプーできる猫に育てる!時期ややり方を徹底解説!

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

猫は水が嫌い、とよく言いますよね。稀に水遊びが好きな猫を見かけることはありますが、ほとんどの猫は水が嫌いです。普段の生活では関係ないものの、体が汚れたりしてシャンプーしたいと思った時が困りもの。水に慣れた猫にする為には、子猫の時からの教育が必要なのです。

 

そもそも猫にシャンプーは必要か?

猫は綺麗好きで、1日に何度も毛づくろいをして体のケアをしていますよね。少しくらい体が汚れても、舐めとってしまえば綺麗になるのでシャンプーは必要ないと考えている飼い主さんも多くいることでしょう。

確かにそれでも問題はないのですが、例えば病気になって吐物や水便がこびりついてしまったり、外へ散歩へ出している猫であれば怪我をしてその傷が膿んで毛が汚れたりすると、舐めとるのはかなり不衛生です。やはりこういう時に役に立つのがシャンプー。いざ、何かあった時の為に、シャンプーが出来る猫にしてあげられると楽なのです。

猫のシャンプーはいつから?

シャンプーが出来る猫にする、容易な方法は子猫のうちから水に慣れさせるということ。ペットショップで購入した猫の場合であれば、家に迎え入れた時からシャンプーは可能です。

犬と違って、猫でよくあるパターンは庭で子猫が産まれていて引き取ったなどの、かなり早い時期での迎え入れです。親猫がいる場合は離乳が完了するまでは洗ってはいけません。人工の匂いがつくと育児放棄の原因になりますので、注意してください。

親猫がおらず、子猫だけの場合は大体2ヶ月あたりまでは、ぬるま湯で流す程度にし、それ以降はシャンプーを使ってしっかりと洗ってあげましょう。

 

子猫のシャンプーの仕方(2カ月齢以下)

洗面器などにお湯をためて、そこで洗います。子猫を片手でしっかりと支え(すくいあげるように持ち、人差し指をたすきをかけるような形で持つと安定します)、足先からゆっくりと入れていきます。

目や耳がまだ完全に機能していないような月齢の猫は、特に注意して行ってください。

体がお湯に浸かったら、もう片方の手でお湯をかけながら体を温めます。温めると毛や皮膚の汚れが浮き上がって取れやすくなります。
ある程度温まったら、毛を優しく逆撫でするようにしたり、少し背中を揉んだりして洗いましょう。

洗い終わったらゆっくりとお湯からだし、綺麗なお湯で掛け湯をしたら終わりです。この時、シャワーや蛇口からそのままお湯をかけないようにしてください。子猫には刺激が強すぎます。

タオルで優しく包んでタオルドライして、弱温風で乾かしましょう。強く皮膚を擦ると傷付いて、最悪剥がれることがありますので注意してください。

子猫のシャンプーの仕方(2カ月齢以上)

ある程度の体が大きくなれば、シャワーを使ってシャンプーすることができます。いきなり強いシャワーを当てると嫌がるので、弱いシャワーから慣れさせてあげましょう。どうしてもシャワーを嫌がる場合は、蛇口から少しずつお湯をかけてシャンプーしましょう。

犬と違って、猫は逃げ出す場合があるので、必ず片手で体を支えながらシャンプーをしましょう。抱え方は上記と一緒です。下からすくい上げるようにして、人差し指でたすき掛けをすると安定します。

シャンプー嫌いにさせないポイント

顔は洗わない

顔には非常に敏感なヒゲが生え揃っており、そこを触られるのを極端に嫌がります。顔を洗われたくないが為に、シャンプーを全力で嫌がる猫もいるのでその為に体を洗えないのは非常に勿体ないので、最初から顔は洗わないと決めましょう。

顔が汚れてどうしようもない場合は、蒸しタオルで浮かせて、ブラッシングで汚れを取り除きましょう。

”弱”を徹底する


シャワーもドライヤーも”弱”にしましょう。なかなか毛に水が浸透しなくて強いシャワーでいっきに濡らしたくもなりますが、音や圧で嫌いになる可能性がありますので、シャンプー嫌いの猫にしたくなかったら、弱を徹底しましょう。

タオルドライをきちんとする

ドライヤーが嫌いな猫も多く、濡れたまま放置しがちですが、皮膚が悪くなる可能性がある為お勧めできません。少しでもドライヤーの時間を短くする為にも、タオルドライはきっちりしましょう。

シャンプー嫌いの成猫は?

猫にとってシャンプーはあまり頻繁に行うことではありませんが、何かあった時に出来ないと困ることもあります。是非子猫のうちから慣れさせて、シャンプー好きの猫に育ててあげてください。

成猫をシャンプー好きにすることは難しく、無理にやろうとすると余計に嫌いになってしまうことがあります。そんな猫をシャンプーしたい!と思った時はかかりつけの動物病院に相談してみてください。逃げたり暴れたりしてしまう猫は薬で鎮静を使ってシャンプーすることが出来ます。

鎮静と聞くと怖いイメージがあると思いますが、猫が眠っている間に全ての作業を終わらせることができるので、怒らせながらやるよりもストレスが少なく行うことができますよ。

 
 

関連カテゴリ