2016年7月8日更新

僕らの居場所は言わにゃいで その6:名前はひとつとは限らにゃい

前回、耳カットされた猫たちは、その背景に彼らを避妊・去勢して静かに見守ろうとする人間の存在があるというお話をさせていただきましたが、今回はその背景について少し目を向けていきましょう。
写真を撮る目的で朝から晩まで猫のいる場所を歩き回っていると、その土地で猫たちの暮らしを見守る人達と遭遇することがあります。そうした人を見つけるのは、あまり難しくありません。

その人が現れると直前までカメラの前で被写体を気取っていた猫たちが一斉に向かっていくので、おどろくほどわかりやすい。

そして被写体たる猫たちに置いてけぼりを喰らった猫写真を撮る人の反応は、ここで大きくふたつに分かれます。すさまじい吸引力で猫たちを惹きつけまくるその人に話しかけるか、話しかけないか

もっぱら後者の方が多い気もしますが、自分は前者。
なにはともあれ、話しかけるようにしています。

僕らの居場所は言わにゃいで

地元の猫事情に明るい方と接することにより、猫たちの性格やバックボーン、あるいは隣接する他の猫スポットについてなど様々な情報が得られるのと同時に、その場所で絆を結ぶ人と猫の光景を見つめ、写真におさめたい。そうした欲望から声をかけるワケですが、何しろ大河ドラマに出てくる切腹直前の落ち武者みたいな身なりをしているから、警戒されることも少なくありません。
それでなくても、猫を惹きつける人には気難しい、言い換えるとクセの強い人が少なくないため、あからさまに嫌な顔をして「迷惑なんだ」と厳しい口調で突き放されたり、そもそも相手をしてくれないこともしばしば。
中には「今は、ネットでは場所を書かないようにしようって動きがあってね…」と前に自分が受けた取材の記事をスマホで見せられ、一生懸命説明されている姿にまさか「本人です」とも言えず、へえー!そうなんですね。気をつけなきゃ!ありがとうございます!と下手な芝居をすることも。

猫は気に入らない相手にぷいっとそっぽを向くだけですが、人間は言葉でわーっと言ってくるから精神的ダメージは大きい。それでも心折れることなく、足を運んではその人と接します。ある意味、猫と仲良くなるよりもずっと根気がいる行為かもしれません。

しかし、それで得るものは小さくない。

僕らの居場所は言わにゃいで

ふらっと立ち寄って猫じゃらしで仲良くなった程度では、こんな光景には決して辿り着けません。
そして、猫にも人にも気持ち良く写真を撮らせてもらう為には、ただ猫にカメラを向けてりゃいいというものではないのです。猫と友達になる。その猫の友達である人間とも、友達になる。その場所で、その人とその子でないと、見ることのできない光景です。

いつかは自分もマイケルを肩に乗せて写真を・・・と思うけれど、肩に乗っかられてしまうと写真は撮れないか。

ところで猫たちを見守る人達と仲良くなるうちに、それぞれの猫がなんて名前で呼ばれているのかも教えてくれるのですが、名前を知ることで親近感が強まるのと同時に、彼らの名前が決してひとつだけではないと知る事になります。

「ここへ来る人たちは、みんな好き好きに名前をつけて呼んでるんだよ」

自分が幼い頃から見守っている玉太郎にも、沢山の名前がある。

僕らの居場所は言わにゃいで

左から「フェデラー」「玉太郎」「ミオ」※全部同一人物(猫)

外で暮らす猫の名前はひとつとは限らにゃい

主や宿がなくても、持っている沢山の名前は、沢山の人に愛され、見守られている証です。

皆さんも子供の頃、学校帰りの道でよく見かける野良猫や野良犬、野ウサギに名前をつけた経験はありませんか?給食のパンをわざと食べ残し、ランドセルの底に忍ばせて持っていったり、家の冷蔵庫から牛乳と小皿を持ち出したり・・・やがて名前を呼んだらこっちへやってくるようになって、そこにある絆を感じた時の嬉しさや、その子が姿を消した日に感じた胸の痛み。

「出会わなければ良かった」と口にしても、出会ってから姿を消すまでの日々がどうしようもなく愛おしい。そんな記憶が誰にでもあるのではないでしょうか。

これから皆さんが出会う猫たちの背景にも、そんな物語がきっとある。

僕らの居場所は言わにゃいで」には、そんな誰かの物語を見守りたいという想いも込められています。

僕らの居場所は言わにゃいで

それでわ、また。

★撮影方法や外猫との接し方など写真にまつわるご質問を募集中です!場所の情報以外は何でもざっくばらんにお答えいたしますので、instagram、Facebookまでお寄せください。

末吉弦太



写真家

カメラマンとして企業のウェブサイト・広告用の写真を撮影する傍ら、各地を転々としつつ外暮しの猫たちを撮り続ける。 主要機材:PENTAX 645Z、Nikon D5、FUJIFILM X100 撮影場所を公にすることのリスクや問題について警鐘を鳴らすハッシュタグ「#僕らの居場所は言わにゃいで」を使って、猫の居場所をシェアするのではなく、静かに見守る気持ちをシェアしませんか?

instagram
Facebook
Twitter

関連記事

僕らの居場所は言わにゃいで その17:みんな楽しくにゃる

あちらこちらへ赴いて外暮らしの猫の写真を撮っていると、少なからず心地よくない体験をする事があります。 ひとつは、近隣に暮らす猫嫌いの人に突っかかられること。 もうひとつは、猫たち……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その1:僕らの居場所は言わにゃいで

何処からか猫の鳴き声が聞こえる。 どこだろう。そう遠くはない。あなたは声のする方へと歩き始め、声はまるであなたを導くように響き続ける。 そして声の主たる猫を見つけた時———。 ……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その12:独りはつまらにゃい

いきなり暗い話で恐縮なのですが、この黒猫兄弟は生後1週間の時に人間の手によって無理矢理、母と引き離されてしまい、以降人の手で育てられました。 愛護団体を名乗る人が避妊目的で母猫……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その18:カメラ任せに撮らにゃいで

「黒猫を綺麗に撮る方法を教えてください」 主に黒猫と一緒に暮らしている人から寄せられる質問ですが、「綺麗に撮る方法」と言っても綺麗かどうかは個人の主観に委ねられる部分が多く、自分の綺麗……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その14:カメラはにゃんでもいい(後編)

さて、前回のカメラ選びに引き続き猫写真を撮るにあたって、レンズの話をしていこうかと思いますが、一眼レフ(あるいはミラーレス一眼)の醍醐味と言えば「レンズ交換」ができることです。 レンズ……

ニュース