2016年7月13日更新

評判のよいおすすめの埼玉県の動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は埼玉県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

 

評判のよいおすすめの埼玉県の動物病院

よこやまペットクリニック

特徴

よこやまペットクリニックは1995年に埼玉県さいたま市浦和区で開業し、今年で開院21年を迎える動物病院です。

一般的な内科(消化器等)、皮膚病・心臓疾患などに対して、症状に合わせた診察を行っています。対象動物は、犬・猫、ウサギなどです。

狂犬病予防、混合ワクチンの接種(犬・猫・フェレット)に加え、内科・外科手術をおこなっています。予約なしでワクチンの接種が可能です。

避妊・去勢などの一般外科から、消化器外科、乳腺腫瘍摘出術、整形外科等の様々な外科手術に対応しています。神経・整形外科疾患に関しては、川村動物病院のスタッフと連携しながら対応します。

診療時間

月、火、木~土

午前 9~12時
午後 16~19時

午前 10~12時
午後 13時~16時

祝日

午前 9~12時
午後 休診

日曜、祝日午後

休診

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町4-11-12 タバタビルディング1F
電話番号:048-8383-1060
ホームページ:http://nasuka-ypc.com/

オンライン予約

よこやまペットクリニックはペット生活のLINE@から無料で新規の予約ができます。
下記ボタンから、友達登録をお願いします。

友だち追加

麻の葉動物病院

特徴

日本の伝統的な模様である「麻の葉模様」が名前の由来になっている麻の葉動物病院。麻の葉模様は魔除けとして、また麻はまっすぐにすくすく育つことから、古くは赤ちゃんの産着にも使われた模様です。この麻の葉模様の意味にあやかって、ペットたちが元気であるようにと麻の葉動物病院という名前にしたのだそうです。

こちらの病院では忙しい飼い主のために、ドロップオフ・ピックアップサービスをおこなっています。早朝(7時~9時)にペットを預け、診察や検査、治療などをおこなっていただき、飼い主の予定が終了したあとにお迎えに行くシステムです。診療時間内に迎えに行けない場合でも夜(20時~21時)の時間帯でのピックアップも受け付けてくださるので安心です。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:16:00~20:00

手術・検査時間:12:00~16:00

休診日:水曜日・祝祭日午後

アクセス

住所:埼玉県越谷市南越谷1-26-12

電話番号:048-940-2800

駐車場:2台

ホームページ:http://asanoha-vet.com/

もも動物病院

特徴

犬・猫を専門に診療している動物病院です。人の何倍もの早さで年を取ってしまう犬や猫たちが、短い時間を楽しく素敵に過ごして欲しいという思いで開院された病院です。

一般診療の他に、ペットの寿命が延びたことにより多くなってきている腫瘍に特化した「腫瘍専門外来」、白内障などの眼病に特化した「眼科」が設けられています。また予防医療にも力を入れており、去勢・避妊手術、各種ワクチンの接種、フィラリアの予防、健康診断、歯科治療もおこなってくださいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:15:00~18:00

夜間:18:00~19:00(月曜日・水曜日・金曜日のみ)

休診日:日曜日・祝祭日・木曜午後

アクセス

住所:埼玉県さいたま市緑区下野田662

電話番号:048-878-1211

駐車場:4台

ホームページ:http://www.momo-hosp.com/

駅前通り動物病院

特徴

「人とその家族である動物たちの健康と明るい笑顔を維持するため、時代のニーズに合せた最良の動物医療を行うこと」をモットーに2008年3月に開院した病院です。

「来るとなんだかホッとして帰れる」とホームページのトップページにあるように、口コミでも「飼い犬が自分で走り寄っていくんですよ!」や「初めての診察でも、安心できる病院です」など、院内の雰囲気や医院長をはじめとしたスタッフの方の接し方に安心感と好感を覚えた方が多く、高い評価につながっていました。

診療時間

午前:8:30~12:30午後:16:00~19:00

休診日:木曜日・祝祭日・第1第3水曜午後

アクセス

住所:埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-15-10

電話番号:048-795-6809

駐車場:提携コインパーキングあり

ホームページ:http://ekimaedori.com/

素材_shutterstock_175183547

PetClinicアニホス川口分院

特徴

板橋に本院を持つPetClinicアニホス川口分院は2010年に開院した小さくて可愛らしい、でもホッとできるような動物病院です。ペットとその飼い主とのコミュニケーションを大切に、時間をかけてゆっくりと診察してくださいます。

PetClinicアニホス川口分院では3人以上のグループ診療担当制を取り入れており、病気の症状やケガの状態にあわせて専門知識を持った獣医師が担当するような形式をとっています。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:15:00~19:00U(土・日・祝祭日は18:00まで)

休診日:水曜日

アクセス

住所:埼玉県川口市長蔵1-16-19

電話番号:048-297-8770

駐車場:あり(満車の場合は提携コインパーキングあり)

ホームページ:http://www.anihos.com/

上福岡OZ動物病院

特徴

「なんでも相談できるホームドクターを目指して」とホームページにあるように、地域に密着した診療をおこなっている病院です。

検査を重視し、根拠ある診断に基づいた治療をおこなってくださいます。検査後に決まった治療方針については飼い主にわかりやすく説明してくださるので、安心して治療を受けることができます。

犬や猫の他にウサギハムスターの診察もおこなってくださいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:16:00~19:00

休診日:木曜日

アクセス

住所:埼玉県ふじみ野市上福岡5-1-8

電話番号:049-215-5835

駐車場:5台

ホームページ:http://www.oz-vet.com/

せじま動物病院

特徴

埼玉県で最初に設立された小動物専門の動物病院で、浦和で80年地域のホームドクターの役割を果たしてきた動物病院です。

手術や検査などの西洋医学だけでなく、鍼や灸、漢方薬などの東洋医学を積極的に取り入れていらっしゃいます。特に腰痛椎間板ヘルニアなどで苦しんでいるペットに効果的な治療法のようで、口コミでも高い評価を得ています。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:17:00~19:00

往診時間:13:00~16:00

休診日:水曜日・土曜午後・日曜午後

アクセス

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂4-2-3

電話番号:048-862-2757

駐車場:あり

ホームページ:http://sejima.net/

素材_shutterstock_184914029

いちかわペットクリニック

特徴

坂戸市の犬と猫のホームドクターとして2016年1月に開院した病院です。飼い主の話しをしっかりと聞くことでペットの状態を理解し、ペットにも飼い主にも最善の治療方法を提案することを心がけていらっしゃいます。

ペットにできるだけストレスを感じさせないように、診察室と入院室は犬と猫を分けて用意してくさっています。また健康診断、各種検査、去勢・避妊手術、各種ワクチン接種、歯科治療などのペットの予防医療にも力を入れていて、定期的な健康診断の受診を推奨しています。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:16:00~20:00

休診日:火曜日・日曜祝祭日午後

アクセス

住所:埼玉県坂戸市中富町70-5

電話番号:049-283-5111

駐車場:あり

ホームページ:http://www.ichikawa-pc.com/

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。

 
 

関連カテゴリ