2016年6月22日更新

苦情のための地域猫【ねりまねこブログ】

そもそも、地域猫活動を誰のため、何のためにやっているかというと、

猫で起因する問題に困っている人を助けるためです。

困っている人には、2つのタイプがあります。

①猫が嫌い・迷惑
猫が増え続ける
それにより糞尿・鳴き声・繁殖
マナーの悪い餌やり等に困っている

②猫が好き・可哀想
猫が増え続ける
それにより猫に餌をやって怒られたり
いじめられて悩むなど
可哀想な猫に困っている

私達が解決のお手伝いに入るのは

地域社会がもめている時

つまり

①の猫が嫌い、猫で迷惑してる人たちからの苦情か、

それに悩む②の相談から始まるのがほとんどでです。

たとえば、最近では、

飼い主死亡で、外に出され鳴き声がうるさいから保健所で処分しろと
苦情されたはるみちゃん
o0800053313612755861

お腹を空かせた親子猫を見過ごせず気兼ねをしながらお世話をする方の
負担を減らすために保護したたーちゃん
o0800053313612755862

のらねこの対策
=猫の適正な管理
=地域猫対策

を行う必要性が出てきます。

①嫌いと②好きの
共通のお困りごとは
多すぎる猫・増え続ける猫

なので、

とにかく
不妊・去勢手術による
繁殖制限が最優先なのです。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える1・2【ねりまねこブログ】

今、全国で多頭飼育崩壊が起きて、無関係の人たちが巻き込まれ問題解決に奔走しています。 とうてい個人で対処できるレベルではありません。 重大な社会問題として対策を考える時期に来……

ねりまねこブログ

不寛容な社会なのか?【ねりまねこブログ】

暑さで 猫がたくさん落ちてます。(笑) 写真の子猫は 全員おうちがきまりました。 パン生エサ現場の ボギーちゃん(写真中央) モモちゃん(写真左端) ……

ねりまねこブログ

モモラ〇〇砲!【ねりまねこブログ】

先日、 TNRの帰り道、 問題の生パン餌の現場に 立ち寄りました。 (ほんの10分くらいです) そうしたら、通りがかりの 品のいい奥様が声をかけてきました。 な……

ねりまねこブログ

もらってくれるならどなたでも【ねりまねこブログ】

譲渡条件の話を書くと 条件にあわない方 (たとえば60歳以上の方)に 「もう猫は飼えないのか」と 悲しい気持ちに させてしまったかもしれません。 そんなことはないですよ。……

ねりまねこブログ