2016年6月29日更新

とにかく対話!【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

地域猫活動は「猫の活動」ではなく、
「地域のコミュニティー活動」だと理解しているので

相手にするのは猫ではなく人間です。

とにかく 対話・対話・対話 です!

「地元のことは地元に聞け」で

まず最初に町内会からご紹介された地元の役員さんへ

この役員さんは庭に流れてきた猫を飼っていました。
おかげで、とても協力的。

猫の情報、捕獲場所の提供、猫好きの家の紹介から、地元のまとめ役の方にアポイントまで取ってくださいました。

また、個人的に不妊手術をされた方と一緒に、猫が多いエリアを一軒一軒訪問し、聞き込みしました。

約3時間、地域猫活動の広報しながら聞き込みをして

地域事情が見えてきました。

猫のコロニーは大きく3つ

まず最初に着手するのは、生ゴミえさの猫たち
t02200165_0800060013618370727

通行する人が多くとても目立ちます。

だから、最初にここで飼い主のいない猫対策をすることが周囲へのPRとなります。

生ゴミの方と直接話したくて、張り込みしました。

次々と人が現れますが、写真を撮影したり、癒されるためのようです。

それもそのはず。昨年生まれの猫たち↓がいます。

おそらく子猫の頃からこの辺のアイドルのようです。

シルバータビーの男の子
o0800053413618480173

たぶん兄妹
この写真ではわかりませんがブルーとグリーンの美しいオッドアイの女の子
o0800053413622905796

しかし、成長し、もう妊娠可能な月齢です。

なんだかお腹が大きいような・・・

o0800060013618915645

そうこうしているうちに、ついに、エサやりさん登場!

しかし生ゴミではなくドライフードでした。
私がねらっていたのと別のエサやりさんでした。

たくさんの猫がいますので、たくさんの人がエサを与えているようです。

エサをやる人にはもれなく、練馬区のエサやりルールのチラシを渡し、マナー向上のお願いをしました。

残念ながら生ゴミの方には会えませんでしたが週末から手術を開始します。

地元で何件かご協力くださるので、みんなで力をあわせてがんばりましょうo(^-^)o