2016年6月19日更新

インスタグラムで話題!!『アンリッカラー™』って一体なに(`・ω・´)!?

インスタグラムのタイムラインに突然現れた可愛いクッションのような襟巻を付けた猫さん、、、これは一体なんなのか…?と思い調べてみると『アンリッカラー™』というものでした!!そこで、アンリッカラー™を製造販売しているneco*nano™さんにお話しをお伺いしました♪

『アンリッカラー™』って何?

なのじさん(@neconano)が投稿した写真

アンリッカラー™の名前の由来は猫を憂鬱な気分にさせないカラー【Un melancholic collar】という意味の造語。neco*nano™の店長さんの愛猫が目に炎症を起こしてしまい、エリザベスカラーを付けなければならなくなったことをきっかけに生まれました。

目の炎症以外はとても元気なのに、エリザベスカラーを付けたことによるストレスでごはんも水も受け付けなくなってしまい「なんとかしてあげたい!」と思い、試作を重ねたそうです。

アンリッカラー™は猫が嫌がる要素をできるだけ取り除き、猫が付けていて心地よいものであること、装着が簡単であること、猫に負担をかけない重さであることを目指して何度も改良し、今の形になりました。

海外にも展開しているアンリッカラー™。海外では、『neco*nano™ collar』という名前で販売されています!!

アンリッカラー™は布製!

なのじさん(@neconano)が投稿した写真


傷を舐めてしまったり、引っ掻いてしまわないようにつけるエリザベスカラーはプラスチック製です。そのため今までは通れていたトイレの入り口が通れない、ごはんが食べづらそう、お水が飲みにくそう、ゆっくり横になるにも邪魔そう…など大小さまざまな問題があります。

アンリッカラー™は柔らかいクッションでとても軽く、猫さんの視界を妨げません。そして形が変わるので、狭い隙間に入ったり、ゴロンと寝転んで枕になったり、ほぼいつも通りに過ごすことができます!!

良いところが盛りだくさんなアンリッカラー™ですが、デメリットも。
布製で柔らかいので、頭の良い猫さんは折り曲げて患部を舐めてしまったり、患部を舐めているつもりでアンリッカラー™を舐めて傷んでしまったり。また、汚れた際に洗うと乾くまで時間がかかるので、洗い替えが必要な場合も。

どんな猫さんにおすすめ??

なのじさん(@neconano)が投稿した写真


どんな猫さんにおすすめか、店長さんに詳しくお伺いしました!!

エリザベスカラーが苦手な子

プラスチックで顔周りを覆われるため、多くの猫は嫌がって頭を振り回して後退します。
アンリッカラーは視界に入らないので、ほとんどの猫ちゃんが付けた直後から普段通りにすごせます。

怪我が軽度のためなるべくいつもどおり過ごしたい子

ホンの少しの怪我なのに、エリザベスカラーだと余計なストレスが猫にかかってしまいます。
猫の動きをほとんど制限しないアンリッカラーだといつものようにリラックスして過ごせます。

同居猫と仲の良い子

硬いエリザベスカラーだと同居猫にスリスリしようとして、嫌がられることや怪我をさせてしまうことがありますが、柔らかくてふわふわのアンリッカラーは一緒に枕にして眠ったり、潜り込んでお布団になったりと同居猫ちゃんにも優しい設計です。

お昼寝が好きな子

枕になるのでお昼寝が好きな猫ちゃんはいつもよりも快適に過ごせます。

闘病中も遊びたい子

視界を遮らないので、つけたまま元気に遊ぶことができます。

麻痺などがありよく転んでしまう子

アンリッカラー™は布製で柔らかいので、クッションとなり頭を保護します。
水頭症など、深刻な病気でフラフラしてしまう子、よく転んでしまう子の頭の簡易的な保護にも使えます。

実際に使用している猫さんたちは…

naomiunoさん(@naomiuno)が投稿した写真

猫さんしか使えないの?

エリザベスカラーを使うことがストレスになるのは猫さんだけではありません。犬も使えるのかどうか、店長さんにお伺いしたところ、5~6㎏の犬なら使用可能とのこと!!

mu-tan&daichanさん(@ma_a.ry)が投稿した写真

今までにチワワ、ダックス、ワイヤーフォックステリア、トイプードル等の犬種のために作成されたことがあるそうです。猫よりも犬の方が頭が大きかったり、首がしっかりしていることが多いので、セミオーダー形式で犬の体型にあった大きさで作成してもらえます。

しかし、6kgを超える犬用のアンリッカラー™は噛み壊してしまうのではないかという懸念と、店長さん自身が犬と暮らしていないので、サイズ等の細かい相談に対応できないという問題が…

猫さんと同じくらいの体格なら問題ないので、エリザベスカラーが苦手なワンちゃんは検討してみてはいかがでしょうか??

異変があるときは獣医師に相談を

エリザベスカラーが苦手だからと、獣医師に相談をせず、独断でアンリッカラー™を使用し、飼い主さんの見ていないところで傷を舐めていたり、引っ掻いてしまいさらに傷がひどくなってしまっては意味がありません。

少しでもストレスを少なく、早く傷が治るように使用の際は獣医さんに相談したり、傷の位置から大きさはどのくらいの物がいいのかを店長さんに相談することをおすすめします。

また、何か異変がある場合は獣医さんの診察を受けてからアンリッカラー™を活用してください!飼い主さんの独断でケガがひどくなってしまったり、何か別の病気が隠れている可能性もあるので、異変がある場合は必ず獣医さんに相談しましょう。

★アンリッカラー™の詳細はコチラから
neco*nano™

※現在アンリッカラー™の偽物・模倣品が出回っています。neco*nano™さんのオリジナル商品なので、お買い物の際は注意してください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ニャンフェス3】猫好きの心をくすぐる「atelier oku」のシルバーアクセサリー

猫は何をやってもかわいいですよね。 猫の可愛い姿を切り取っていつでも身につけられるようになった「atelier oku」のシルバーアクセサリーです。 どれも身に着けていれ……

猫のニュース

こんなにすごい猫の運動能力~猫がオリンピック選手になったら~

日本人のメダルラッシュに沸いたリオオリンピック。オリンピック選手の人並み外れた身体能力に驚き、感動した人も多かったでしょう。 さて、あなたのお家の中にもオリンピック選手並みの身体能力を持つ……

猫のニュース

【浅草】 本当に心地がいい、ネコカフェMONTA 徹底取材。

2014年8月、オーナーの古川氏が元来の猫好きな性格や保護猫のボランティア活動など経て浅草にネコカフェMONTAをオープン。上質でハイセンス、でもいるだけで、 ほっ。とするネコカフェMONT……

猫のニュース

【猫カフェレポート】渋谷で話題の猫カフェ『MoCHA』に行ってみた!

東京・渋谷にある猫カフェ【MoCHA】に行ってきました! ★ロングバージョンの動画もあるのでぜひごらんになってください♪ 渋谷の喧騒から離れて… 渋谷駅から徒歩5分。可愛らしい……

ニュース

猫の肉球は可愛いだけじゃないよ!【肉球】に秘められた凄い機能を徹底解明!

クリームパンのような足の裏に並ぶ、ぷにぷにした肉球。寝ている猫の肉球がこちらを向いていると思わず、触りたくなります。何でも肉球の中身は脂肪を含んだ網目状の弾性繊維となんだとか。子供の頬のよう……

猫のニュース

夏目漱石は猫が大嫌いだった?【作家と猫】の面白いエピソードとは

日本人なら知らない人はいないであろう小説「我が輩は猫である」。このタイトルといい、内容の面白さといい、未だに猫小説の中で金字塔となっている作品を書いたのが夏目漱石。 しかしこの小説、「……

猫のニュース

ペットそっくりの人形が作れる! 羊毛アートの始め方・作り方、オーダー方法について

羊毛アート…何だか聞きなれない言葉ですが、今この羊毛アートが、ペットの飼い主さんの間で密かに話題をよんでいます。 羊毛アートとは、羊毛フェルトを使って本物そっくりの動物の人形やキャラク……

犬のニュース

【minne作家インタビュー】伝統的な編み方も魅力の1つ!猫ちぐらの作家さんにインタビュー!

クラフト素材を使って伝統的な編み方で作った【猫ほっこり♪ 猫ちぐら(白)~伝統編み~】が「minne」で人気の作家k-studioさんにインタビューしました!! 作品作りを始めたきっか……

猫のニュース

【ニャンフェス3】猫好きさんを魅了するグッズがたくさんの「Bibitail」

猫がかわいいのは当たり前ですが、「Bibitail」の猫グッズは可愛いんだけじゃないんです! きっと猫好きさんなら気持ちを分かってもらえる、どれも欲しくてしょうがない!猫グッズばかりでした……

猫のニュース

【猫の噛み癖】その甘噛み、もしかしてストレスのサイン?猫の噛み癖対策とは

とっても機嫌よくゴロゴロ言っていたのに、突然ガブリ(泣) 猫の気持ちは本当に「猫の目」のようにクルクルと変わりますよね。猫の飼い主さんに、 「猫について、何か悩みはありますか?」……

猫のニュース

服部幸先生による「猫の健康診断」。猫壱主催セミナーより

10月12日、神保町で第二回猫壱セミナーが開催されました! ここでは第3部、服部幸先生による「猫の健康診断」の講演の様子をお伝えしたいと思います。 服部先生は猫専門病院・東京猫医……

猫のニュース

猫の一生は人間の5倍の速さで終わってしまう…。猫の生活の見直し方

ペットフード協会の平成27年度の調査によると、現在、猫の平均寿命は15,75歳。どんなに長生きしても20年足らずです。 人間が80歳~100歳まで生きることを想定しても、猫の一生はその……

猫のニュース

オネエが教える(笑)猫とモテる女子が共通して持っている3つのテク

昔からよく言いますよね。「ネコっぽい女の子はモテる」って。檀蜜にしろ、柴咲コウにしろ、切れ長の瞳にサラサラなロングヘアーの女子は、それだけでモテるような気はします。 世の中の辛酸を嘗め……

猫のニュース

死ぬまでペットと一緒に暮らしたい!そのために今からやるべきこと①

生まれた時から犬や猫と暮らしているワタクシ。当然親も大の動物好きです。子供の頃は最大で6匹の犬を庭に放し飼いで飼っていて、洋服はいつも毛だらけ。子犬のあの独特の匂い、今でも大好きです。 ……

猫のニュース

もうすぐ愛猫の避妊手術!!その前に知っておきたい知識とは(メス)【獣医師が解説】

メス猫の子宮や卵巣を取り除く避妊手術。さまざまなメリットがあり猫の寿命を延ばしてくれる手術ですが、「いつやったらいいの?」「どんなふうにやるの?」「いくらくらいかかるんだろう?」と思っている……

猫のニュース