2016年7月6日更新

町のアイドル猫【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

猫の糞尿や生エサなど、猫問題が多いエリア

今日で3回目の捕獲作業です。

5時間くらい張り込みますが、

通りすがりの人たちが猫に癒される様子がよくわかります。

猫を見て微笑む人、写メを撮る人、わざわざ見に来た人、こっそりとエサをやる人

それらの方々には片っ端から、地域猫対策のチラシを渡し説明しています。

毎年、子猫が生まれ町のアイドルのような存在になっています。

去年生まれ洋猫のMIXの子猫たち

としくん
t02200147_0800053413618480173

メリーちゃん
t02200147_0800053413622905796

大人猫は隠れますが、子猫たちは人目につく場所でエサ待ちしています。

私達はこの子たちを保護して飼い主探しをすることにしました。

町のアイドルを勝手に連れて行くべきではないと思われる方もいらっしゃるでしょう。

町のみなさんがかわいがってくれるなら私達も余計なお節介はしません。

飼い主探しは負担やリスクの大きくやりたくないです。

それでも、問題をおさめるため、少しでも数を減らしたい。

町には猫が好きな人ばかりではありません。

通りすがりで癒される人がいる一方で

糞尿・ケンカ・繁殖やマナーの悪いエサやり死体の処理など困っている人もいるのです。

昨日から募集を開始したら早速メリーちゃんに数件の応募が来ました。
(既に里親募集は締め切りさせて頂いております。)

としくん

o0800072013631924350

メリーちゃん
ブルーとグリーンのオッドアイ
o0800080013631924349

どれほど通りすがりの人に愛されても、病気・ケガの治療はできないし、交通事故にあう危険もあります。

凍てつく寒さや十分でないエサ、様々な危険から守ることは困難です。

飼い猫になれる素質があるならチャンスを与えたい。

 
 

関連カテゴリ