2016年6月17日更新

【ペットシッターが解説】ジャックラッセルテリアとの暮らしで注意すること

ジャックラッセルテリアの性格と性質

性格

imasia_7957481_S
ジャックラッセルテリアは、様々なものに興味を持ち、疲れ知らずの好奇心を持っています。

小型犬でありながら、そのパワーはとても強く、しつけをしていないと、部屋の中にある物をどんどん壊されてしまうほどです。特に遊びのスイッチが入ってしまうと、その興奮状態はなかなか抑えることもできなくなります。実際に、初心者には飼うのが難しいと言われるほどのパワーをもった犬種です。

しかしながら、家族に対してとても忠実で一緒に遊ぶことが大好きなジャックラッセルテリアは、家族の一員として楽しい時間を過ごすことができます。なんでもおもちゃにできるかのように、遊ぶことが大好きですが、興奮していない時はとても穏やかな様子です。子供と遊ぶこともできますので、しつけさえ行えば、よい遊ぶ相手になるでしょう。

他の犬と仲良く遊ぶことも基本的には好きですが、時に攻撃的になってしまうこともあります。特に自分よりも強そうであったり、優位な姿勢を見せらせると、興奮状態のスイッチまで入ってしまうことがあります。子犬の頃から社会経験を積むことがとても大切でもあります。

性質


ジャックラッセルテリアは、もともと猟犬の血が入っている犬種です。

テリアは、もともと狩猟本能がとても高く、動くものに反応し、山の中を走り回っていました。その為、小型犬とは思えないほどのパワーと気性が強い面も持っています。それほどのパワーを持っているジャックラッセルテリアは、運動が欠かせません。家族とたっぷり運動し、なおかつ、お部屋の中でも遊ぶことが大好きなのです。

普段からの運動、体重管理、しつけとがとても大切な犬ですが、その賢さから、リーダーの行動をとてもよく観察しています。リーダーが一貫した態度を取れていない場合、あっという間に立場が逆転し、お部屋の中でいたずらされ放題になってしまうこともあります。そればかりか、興奮時の制止が効かない場合や攻撃性が出てきた場合は危険を伴います。

好奇心旺盛なジャックラッセルテリアを理解し、たっぷりの運動やトレーニング、リーダーとのコミュニケーションがとれている場合は、とても穏やかな生活を送ることもできるようになります。しかし、なかなかその時間が取れない飼い主さんにとっては、犬も飼い主さんもストレスになってしまうことがあります。それほどに、家族との暮らし方や日々の習慣が影響することをふまえて、一緒に生活を送ることが大切なのです。

ジャックラッセルテリアの飼育の注意点

室内環境

ジャックラッセルテリアは、基本的は、人が室内で快適だと感じる温度で過ごすことができればよいでしょう。

26~28℃前後が快適ではありますが、運動が大好きなジャックラッセルテリアは、お部屋の中で走り回っていて体温が上がってしまうこともあります。特に夏は熱中症の危険性もありますので、23~25℃ほどにしておいてもよいでしょう

夏は暑さとともに湿度に注意しましょう。もともとイギリス生まれのジャックラッセルテリアは、暑さには比較的強くても、湿度の高い蒸し暑さが苦手です。快適な湿度は40~60%ほどで、湿度が上がると、熱中症の危険性はさらに高まりますので、注意しましょう。また、冷房をつけっぱなしにしておいても、停電などで消えてしまう場合もあります。

日陰になる場所に冷感マットを置いておく、凍らせたペットボトルを置くなど、体を冷やすことができる場所を作っておくとよいでしょう。ジャックラッセルテリアは、興味を持った物を壊してしまうこともあります。マットやペットボトルを気づくとかじっていたということもありますので、誤飲事故等には十分注意しましょう。

狩猟で山の中を走り回っていた犬の祖先をもつジャックラッセルテリアは、冬の寒さにも比較的強いとされています。その為、特に防寒をする必要はありませんが、人が快適に過ごせる温度で、室温が下がり過ぎないように注意しましょう。

素材dog-301876_640
ジャックラッセルテリアは、運動や遊ぶことが大好きな為、お部屋の中を思いっきり走り回ることも日常茶飯事です、しかし、膝蓋骨脱臼など関節の病気になりやすい傾向もあります。

また、お部屋の中でソファなどの段差から勢いよく飛び降りるなどジャンプによって関節を痛めてしまったり、骨折の原因になってしまうことがあります。

フローリングは滑りやすく、関節を痛める原因になりやすいものです。カーペットを敷く、ペット専用の滑り止めつきマットを敷く、コルクマットを敷くなどして、滑って怪我をしないように対策しておきましょう

ソファや椅子、室内にある段差にも注意が必要です。高齢になると、関節はさらに弱くなってしまいます。飛び降りて骨折をしないように、ステップをつける、低めのソファなどを使う、そもそもしつけをして上がっていいところといけないところを区別するなど、ケガをさせないように日頃から注意することが大切です。

家具の配置

素材dog-1285647_640
ジャックラッセルテリアは、非常に頭がよい犬種でしつけもとても重要になります。狩猟本能がとても強いことで様々なものに興味を持ち、お部屋の中で自由にさせているといたずらをしてしまい、思わぬ事故につながることもあります。また、家族の中のリーダーとの関係も非常に大切になり、ハウスのトレーニングも大切になります。

本来、犬は体を休めるときは巣穴で休んでいました。犬にとってパーソナルスペースはとても重要です。ジャックラッセルテリアが安心して過ごせる場所を確保する為、ケージやサークルで過ごす習慣を作るとよいでしょう。サークルを置き、その中にベッドやトイレ、食事場所を作っておくとよいでしょう。ジャンプ力のあるジャックラッセルテリアですので、サークルの高さには注意して選ぶようにしましょう

家族と一緒に過ごすことが大好きなジャックラッセルテリアですので、リビングなど目が届くところにサークルは設置してあげるとよいでしょう。ただし、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所、転倒のおそれのある家具やインテリアのそばに置かないなど、サークルの設置場所には十分注意するようにしましょう。

運動

素材small-672794_640
もともと、小動物を捕まえていた狩猟犬の血を受け継ぐジャックラッセルテリアは、とにかく元気に動き回り、運動しても疲れ知らずの体力を持っています。その為、たっぷりの散歩と室内での遊び、そしてクールダウンさせるというメリハリが必要になります。

散歩は、1日2回、30分以上たっぷりとしてあげましょう。小型犬でありながら、大型犬のようなパワーを持つジャックラッセルテリアですので、散歩の中にトレーニングを取り入れる習慣をもつこともよいでしょう。また、定期的にドッグランなどで思いっきり走らせてあげることもストレス発散になります。室内で遊ぶ際も、ボール投げやロープでの引っ張りっこなど、体を思いっきり使えるように工夫しましょう。

ジャックラッセルテリアは、個体差はあるものの興奮しやすい性質も持っています。その為、運動する時間の後に、体も精神状態も安定させるクールダウンの時間を作ってあげるとよいでしょう。たっぷり運動した後は、サークルの中で休ませるなど、メリハリのある時間を過ごすことによって、家族も愛犬も安心して過ごすことができるようになります。

しつけ

素材jack-russell-terrier-1282570_640
ジャックラッセルテリアのしつけは、容易なことではなく、非常に賢いからこそ、良いことと悪いことをしっかりと分けてしつけなくてはいけません。少しでも、甘やかしの態度が出ると、それをあっという間にわかってしまうのが、ジャックラッセルテリアなのです。

非常に賢く、好奇心旺盛なジャックラッセルテリアですので、まずは、トレーニングやしつけを一緒に楽しむという姿勢がとても大切になります。上手にできた時に褒めながら、ご褒美を与えてさらにその行動を強化していきます。一方で、悪いことをした時は、しっかりと怒るということが必要になります。時に厳しさを持ちながらのしつけが必要になる犬種でもあるのです。

好奇心旺盛で時に自己主張も強くなるジャックラッセルテリアですので、散歩中も、「オスワリ」や「マテ」、何かが起きた時の為に呼び戻しなど、しっかりとしつけを行うことが必要になります。本能的に何かを追ってしまう、攻撃的になってしまう、そういったことがある犬であることを理解しながら、根気よくトレーニングしていくことが必要になるのです。

ジャックラッセルテリアのケア方法

ブラッシング

ジャックラッセルテリアは、抜け毛が多い為、ブラッシングを日々の習慣にすることがとても大切です。毛並みを整え、新陳代謝を活発にし、皮膚病を予防することにもつながりますので、子犬の頃からブラッシングを行うことを習慣にしておきましょう。

ジャックラッセルテリアには3毛種あり、それぞれにブラッシングのお手入れの仕方も異なってきます。3毛種に共通していることは、バリカンでトリミングはしないほうがよいこと、日々のブラッシングで死毛を取り除くということです。

スムース

ジャックラッセルテリアのスムースは短い毛がよく抜けますので、ラバーブラシなどでしっかりとブラッシングする必要があります。直毛の為、衣服にも刺さるようによく抜けます。日々のブラッシングによって毛艶をよくしていきます。

ブロークンコート

ブロークンコートは短い毛と長い毛が混ざっています。身体の部分によって、長い毛と短い毛がありますので、ラバーブラシや獣毛ブラシで手入れをするとともに、ストリッピングという古い毛を抜き、新しい毛の発育を促す手入れが必要になります。

ラフコート

ラフコートは長毛ですので、さらにしっかりとしたストリッピングが必要となり、固い毛が生えそろうように手入れすることが大切です。

ジャックラッセルテリアの場合は、本格的な手入れはトリマーさんにお願いしたり、手入れの仕方を学ぶなどするとよいでしょう。普段は、遊ぶことが大好きなジャックラッセルテリアですので、体を清潔に保ち、ブラッシングで整えることが大切です。

爪切り

運動が大好きなジャックラッセルテリアですので、毎日のお散歩や運動で爪は削れていくことも少なくありません。しかし、きれいに整える為にも、やはり、定期的に爪切りを行う必要があります。伸びすぎると、歩き方にまで影響したり、肉球を痛めてしまうこともありますので、注意しましょう。

自宅で爪切りをする場合は、まず爪切り自体に慣らすところから始めましょう。爪の中の血管や神経を切らないように少しずつ爪切りで切るようにしましょう。焦って力が入ると、緊張が犬にも伝わってしまい暴れてしまうこともあります。また、自己主張の強いジャックラッセルテリアですので、一度嫌になると、爪切りを見ただけで大暴れしてしまうこともあります

爪切りは少しずつ1か月に1~2回程度でよいですが、まずは爪切りを爪に当てるだけ、1本だけ切ってみるなど、工夫して徐々に慣らしていくようにするとよいでしょう。

もちろん、爪切りが難しいと感じた場合は、トリマーさんや獣医師にお願いしてもよいでしょう。

肛門腺絞り

ジャックラッセルテリアの肛門絞りは月に1回程は習慣にしたいものです。普段たくさん遊んでいる時に、地面にお尻をこするようなしぐさをした時、肛門腺にすでに分泌物が溜まっていることがあります。そのままにしておくと、炎症が進んでしまったり、さらに溜め込むと破裂してしまう危険性もありますので、注意が必要です。

肛門腺絞りは自分で行うことができます。人差し指と親指で犬の肛門をつまみ、4時と8時の方向で下から上につまみ出すように絞ると分泌物が出てきます。分泌物はとても臭いので、衣服つかないようにティッシュなどで抑えながら行ったり、シャンプーの際に一緒に行うとよいでしょう。

肛門周辺はとてもデリケートな部分でもあります。無理に絞ると、敏感な肛門周りの炎症を起こしてしまうこともありますので、トリマーさんや獣医師に定期的にお願いしてもよいでしょう。

耳掃除

imasia_11447243_S
ジャックラッセルテリアの耳は、半直立耳ですが、垂れ耳になっている状態の場合もあり、個体差があります。耳のお手入れは1週間に1度の目安程度で行いましょう。耳掃除を自分でし過ぎてしまうと、汚れを中に押し込んでしまって外耳炎を引き起こしてしまうこともあります。また、すでに耳をかゆがっている場合や、黒い耳垢が出てきた時は早めに獣医師の診察を受けましょう。

普段のお手入れとしては、犬用のイヤークリーナーを耳に垂らし、あとは外から耳を挟んでクチュクチュ音がするのを確認しながらマッサージするようにしていきます。その後、出てくる汚れをコットンなどで優しくふき取ってあげましょう。あまり強く拭いてしまうと、耳の皮膚を傷つけてしまうことがありますので、優しく丁寧に拭きとる程度でよいでしょう。

目の手入れ

ジャックラッセルは、目の周りに長い毛も生えていますので、ストリッピングという手入れを体全体と同様に行うとよいでしょう。ただし、これは定期的なことですので、普段は丁寧に汚れを拭き取ってあげる程度で十分です。

毛が白と茶色の為、涙やけが目やになどの汚れは目立ちやすいものです。涙やけは涙に含まる脂質成分が酸化することで、目の周りの毛の変色が起こるものです。衛生的にもよくありません。日々のお手入れをしっかり行うようにしましょう。涙やけ専用のシートを利用してもよいでしょう。目やにが乾燥している時は、コットンやタオルにぬるま湯を含ませて優しくふき取ってあげましょう。

日々の目の手入れをしていても、涙が多い場合は、目の病気や炎症が考えられます。早めに獣医師に目のチェックをしてもらうようにしましょう。

歯磨き

素材snout-1444697_640
ジャックラッセルの歯磨きは、子犬の頃から日々の習慣にしてあげたいものです。歯磨きは子犬の頃から習慣にすることで歯周病を予防することができます。歯垢や歯石が溜まってしまう前に、歯磨きを習慣にしていきましょう。

最初から無理に口をおさえて歯磨きをしようとすると、やはり嫌がってしまうことが多いものです。歯磨きに慣れていない場合は、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻いて、歯の汚れをふき取ってあげるだけでも効果があります。また、デンタルガムなどを与えることを習慣にしてもよいでしょう。できる範囲で少しずつ、口のチェックや歯茎のマッサージ、コミュニケーションをかねて1日1回の習慣にしてあげるとよいでしょう。

ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気

膝蓋骨脱臼

ジャックラッセルテリアは運動が大好きで走り回る一方、遺伝的に膝蓋骨脱臼も起こりやすいと言われています。先天性でなることも多く、軽度の場合は脱臼しても自然に戻ることも少なくありません。しかし、グレードがあり、重度になると、常に脱臼していたり、歩行異常が出るようになることもある為、早期に発見し、対策をしていくことが必要になります。

先天性の場合は、生まれつき形成異常がある為、手術が必要になることがあります、一方後天的にケガや事故などで起きてしまうこともあります。成長段階にある子犬の歩行状態には注意するとともに、室内では、フローリングで滑ることがないようにカーペットなどを敷くようにしましょう。

マラセチア皮膚炎

ジャックラッセルテリアは体が丈夫で病気にもかかりにくいと言われていますが、皮膚疾患になりやすいことがあります。特に皮膚の常在菌マラセチアが増えて、皮膚の炎症やかゆみが出るマラセチア皮膚炎には注意が必要です。

マラセチア皮膚炎の原因として、アトピー性皮膚炎や食事のアレルギー性皮膚炎が起きていることもあり、投薬やジャンプー、食事の切り替えなど、総合的な治療が必要になってくることもあります。日々のブラッシングを行う中で、皮膚のチェックも行うことが大切です。フケが出ていたり、赤みが見える、体をかゆがるなど、気になる様子があれば、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【獣医師監修】犬の刺咬症〜原因・症状と対策

犬の病気で刺咬症というものをご存知でしょうか。刺咬症は簡単に言うと虫刺されのことで、犬も人間同様、さまざまな虫に刺されることがあります。しかし、たかが虫刺されと思って放置しておくとさまざまな……

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

自然給餌のコンセプトで作られるイギリス生まれの「ナチュラルドッグフード」

犬の祖先、つまり野生の犬は本来、草原を走り回り草食動物を狩って内臓から食べていました。人間と生活するようになって犬はペットとして交配され、今では室内でゆったり食べ物を待つ動物になりましたが祖……

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

獣医師に聞く! 愛犬が発熱したときの正しい対応とは?

風邪をひいて急に熱が出たとき、ヒトの場合は温かくして寝る、汗を拭いて水分補給するなどの応急処置をするところですが、犬の場合はどのようにすればいいのでしょうか。ヒトのケア法とは違うのか気になり……