2017年5月17日更新

【ペットシッターが解説】ビーグルとの暮らしで注意すること

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

 
 

ビーグルの性格と性質

性格


ビーグルは、穏やかで素直な性格を持っており、家族の一員として笑顔をもたらしてくれます。とても利口でありながら、攻撃性も少ないので、他の犬や動物と仲良くすることもできます。また、体が丈夫で、体力があるところもコンパニオンドッグとして人気の理由です。

活発で遊ぶことも大好きですので、子供とも仲良くすることができます。ただし、マイペースな部分もありますので、たくさん遊んでいたかと思うと、自分のベッドにいって休んでしまうということもあります。穏やかな暮らしをすることができますが、その分、コミュニケーションをしっかり取ってあげるようにしましょう。

人と一緒に過ごすことが大好きなビーグルですので、長時間のお留守番にはあまり向きません。やんちゃな面が出て、お部屋の中でいたずらをしてしまうこともあります。活発な面をふまえてしつけをしっかり行うことは大切です。

性質


ビーグルは、ハウンドと呼ばれる犬の仲間でもともとウサギ狩りをする狩猟犬でした。その為体力がとてもあり、声がよく響きます。少し吠えただけでも、声が通りますので、吠え癖がついてしまうと、近所迷惑になってしまいます。集合住宅で飼う場合は特に注意が必要です

ビーグルという名前は、フランス語で小さいという意味からきており、小さいサイズながらも引き締まった筋肉が特徴的です。しかし、食べることも大好きな犬ですので、食事管理と適度な運動をしないと、あっという間に肥満になってしまいます。日ごろから、おやつなどの与え過ぎには十分注意しましょう。

スヌーピーのモデルともなったビーグルは、用心深く周りを見る一方で、子供や見知らぬ人ともあっという間に打ち解けるフレンドリーさを持っています。攻撃性はあまりありませんが、留守番や環境の変化、運動不足などでストレスが溜まってしまうと、吠え癖や噛み癖につながることもあります。日ごろのトレーニングも大切にしていく必要があります。

ビーグルの飼育の注意点

室内環境

ビーグルは丈夫で病気になることも少ない為、やむをえず外で飼うようになっても対応できるような体力をもっています。実際に屋外で飼っている方も多くいますが、様々な物に対して好奇心旺盛で、吠える声も大きいビーグルは、しつけの面や健康管理の面からすると、室内で飼うことが理想的ではあります。それぞれの住宅環境にあわせて、安心して過ごせる環境を作るようにしましょう。

室内で飼う際、ビーグルのパーソナルスペースとなるサークルを用意してあげると安心です。様々な物に興味を示すビーグルは、思わぬ物を口にしてしまったり、いたずらによって事故が起きてしまうこともあります。家族と共にくつろげる場所を作ってあげるようにします。

気温の変化には、比較的強いビーグルですので、人間が快適に過ごせる室温を設定しておけばよいでしょう。ただし、熱中症には十分注意が必要です。また、冬の寒さにも強い犬種ではありますが、子犬や老犬の場合は、毛布やペット用ヒーターなどを使うなどして体温が下がらないように注意しましょう。

素材beagle-1248768_640
ビーグルは、小柄なからも筋肉質ながっしりと体をしています。しかし、お部屋の中で思いっきり走りまわったり、ジャンプをしているうちに関節を痛めてしまうこともあります。フローリングは、特に滑りやすく、体に負担をかけてしまうものです。

フローリングで滑らないように、カーペットを敷く、ペット専用の滑り止めつきマットを敷く、コルクマットを敷くなどしておきましょう。また、ジャンプをしたり、ソファへの上り下りが激しい場合は、コマンドで制止が効くようにしたり、そもそも上らせないようにするなどのしつけをしておきましょう

家具の配置

ビーグルを室内飼いする場合、普段からケージやサークルで過ごす習慣を作ることで、来客時や留守番時も安心してその中で過ごさせることができます。もともと、狩猟犬として活躍していた犬ですので、リーダーとの関係性の面からもハウスに入ることのしつけをしておくことで、しっかりと主従関係を結ぶことができます。元気なビーグルだからこそ、安心休むことができる場所も大切になるのです。

サークルの中には、ベッドやトイレ、食事場所を作っておき、リビングなど家族の目が届くところに設置しましょう。家族と一緒に過ごすことが好きなビーグルですので、家族の目が届くところにサークルがあると安心して過ごすことができます。ただし、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所、転倒のおそれのある家具やインテリアのそばに置かないなど、サークルの設置場所には十分注意するようにしましょう。

運動

素材dog-574875_640
ビーグルにとって、適度な運動は日々の生活の中で必要なことです。

運動不足によるストレスや肥満で体調を崩してしまうことや、無駄吠えの原因になってしまうこともあります。しかし、ビーグルは、様々な物に対して好奇心旺盛の為、運動で興奮し過ぎの状態が長く続くと、アドレナリンが常に出ている状態にまでなってしまいます。これもまた、無駄吠えなどの行動につながってしまう原因になるのです。

ビーグルの散歩は1日に30分程度、1日2回行えるとよいでしょう。その他、ボールやロープなどのおもちゃを使った運動などを取り入れると喜んで遊んでくれます。定期的にドッグランに出かけたり、環境があればロングリードなどを使って思いっきり走らせてあげてもよいでしょう

部屋の中で遊ぶことも大好きなので、家族とのコミュニケーションの時間として、遊びや運動を取り入れてあげましょう。ただし、遊びの中でも興奮し過ぎていたり、欲求吠えなどが始まった時には遊びを中断し、リーダーの指示のもと休ませるというメリハリのある習慣をもつことが大切です。

しつけ

素材dog-1258102_640
ビーグルは、マイペースな性格をもっている為、しつけが難しいとも言われています。しかし、賢さがある為、リーダーとの関係がしっかり取れ、根気よくトレーニングしていくと、見違えるほどになります。子犬の頃からしつけをしっかり行っていくことが大切な犬種なのです。

ビーグルは食欲旺盛の為、おやつをご褒美にしていると、おやつばかりを目的に動くようになってしまいます。よい行動をしっかり褒めるしつけを徹底していく必要があります。また、散歩中にその力の強さからぐいぐい引っ張ってしまったり、拾い食いをしてしまう危険性もありますので、横につかせて歩くしつけは大切になります。

好奇心旺盛で、初めての人や犬にもフレンドリーに接することができるビーグルですが、その大きさやパワーにびっくりされてしまうこともあります。オスワリやマテといった基本的な指示が伝わるようにしつけを行うことも大切です。

 

ビーグルのケア方法

ブラッシング

密集したダブルコートで覆われているビーグルは、抜け毛が多いです。特に下毛がどんどん抜ける為、日々のブラッシングはとても大切になります。換毛期には、ブラッシングをしても毎日たっぷりの抜け毛や死毛を取り除くことができます。そのままにしておくと、皮膚病の原因にもなってしまいますので、毎日のお手入れを行いましょう。

抜け毛が多いビーグルですので、スリッカーブラシで下毛をしっかり取り除くようにしましょう。スリッカーは強くかけると、皮膚にあたって皮膚を傷めてしまうことがあります。毛をかきわけながら丁寧にブラッシングするようにしましょう。ラバータイプのスリッカーブラシを使ってもよいでしょう。ラバータイプは肌さわりも優しいので、ブラッシングが苦手な犬も、受け入れやすい傾向にあります。下毛を取り除いてから、獣毛ブラシで毛の流れを整え、艶を出してあげるようにしましょう。

ビーグルは、外で活発に遊ぶことも大好きですので、体が汚れた場合には、蒸しタオルなどで体を拭き取り、清潔を保つようにしましょう。湿っている場合は、しっかり乾かしてから、ブラッシングをかけてあげることで被毛へのダメージも少なくなります。

爪切り

ビーグルの爪切りは、外での運動も多い犬種ですので、個体差がありますが、月に1回から2回は爪の長さをチェックして、定期的に切る習慣をもちましょう。運動量が多いビーグルは、爪が削れて爪切りをしなくても丁度よい長さになることもあります。しかし、やはりそのままにしておくと、伸びたままになって血管も伸びてしまい、肉球まで食い込むほどになってしまうこともあります。

ビーグルの爪は黒い場合が多いので、少しずつカットしていき、断面が少し柔らかくなった時はやめましょう。横から見て、地面につかない長さまで切れていれば、肉球を傷つけることもありません。爪切りはギロチン型の爪切りで行うと便利ですが、やすりをかけて整えておくと、さらに安心です。

爪切りは、一度嫌になってしまうと、自宅で行うことが困難になってしまいます。普段から爪切りに慣らしていきましょう。爪切り自体を当てるだけで終わりにしたり、1本ずつ切るだけでも十分です。爪がすでに伸びてしまっている場合や難しい場合は、トリマーや獣医師にお願いするようにしましょう。

肛門腺絞り

ビーグルは個体差があるものの、肛門腺絞りは、1ヶ月に1回ほどの頻度で行うようにしましょう。分泌物はとても臭いので、自宅でビーグルのシャンプーやブラッシングを行う際に一緒に行うと、よいでしょう。

肛門腺は、肛門の下、時計の4時と8時の方向に人指し指と親指をあてて、下から上に向かって搾り出していきます。肛門付近はとても敏感な部分ですが、体ががっしりしているビーグルは、絞り出す時も少し力が必要になります。

普段から体の様々な部分を触られることに慣れていれば、肛門腺を絞り出すこともできますが、嫌がってしまうことも多くあります。あまりに嫌がる場合は、無理せず、トリマーや獣医師にお願いするなどして愛犬のストレスも減らすようにしましょう。

耳掃除

素材dog-888025_640
ビーグルは垂れ耳で外耳炎など耳の病気にもなりやすい犬種です。普段から耳のチェックを行い、1週間に1回ほどは耳掃除をしてあげましょう

普段は耳の周りの汚れを拭き取るだけでも悪臭予防になります。耳を拭く際は、専用のイヤークリーナーをコットンに数滴垂らし、汚れを優しく拭き取りましょう。耳の皮膚はとても傷つきやすいので、優しく拭き取るように注意しましょう。

汚れや耳垢、においが気になる場合は、耳の中にイヤークリーナーを数滴垂らして、クチュクチュとマッサージするように揉みこみます。しばらくして出てきた汚れを拭き取るようにします。頭をぶるぶると振ると、汚れも飛び散りますので、注意しましょう。綿棒などを使うと、汚れを奥に入れてしまったり、耳を傷つけてしまう可能性もありますので、使用しないほうがよいでしょう。

ビーグルの耳自体は汚れが溜まりやすく、また皮膚疾患になりやすい犬種です。アレルギーの影響や細菌感染などで耳を痒がることもあります。耳を異常に痒がっていたり、悪臭がするなどなんらかの異常を感じた場合には早めに動物病院に連れて行きましょう。

目の手入れ

素材dog-1014957_640
ビーグルは遺伝的に目の病気になりやすい犬種と言われています。その為、普段から目のチェックを行うようにしておきたいものです。普段に比べて涙や目やにが多い時は、目にゴミなどの異物が入って痛い場合やなんらかの病気が原因になっているということもあります。

ビーグルの目から目やにや涙が出ていたら、優しくふき取ってあげましょう。ガーゼやタオルなどをお湯で湿らせて優しく拭き取ります。また、すでに涙やけを起こしている時は、専用の涙やけ対策のシートやホウ酸水を使って優しくケアしてあげるようにしましょう。

目のお手入れをしていても、目やにや涙やけがひどい場合、また目の色がにごっているなど、今までと様子が違うことに気づいた場合は、目の病気の疑いもあります。早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

歯磨き

素材tooth-brushes-1194942_640
ビーグルの歯磨きは可能であれば、毎日の習慣にしたいものです。食欲旺盛なビーグルですが、フードだけでなく日々与えるおやつなど歯垢や歯石が溜まると、歯周病もひどくなってしまいます。子犬の頃から、歯磨きをする習慣をもつことで、予防できますので、毎日やることが難しくても週1回しっかりと歯磨きをしてあげるなど、習慣をもつことが大切になります。

ビーグルの歯磨きは、犬用の歯ブラシや人間の子ども用歯ブラシを使うと、奥歯までしっかりと磨くことができます。もちろん、最初は、指にガーゼや専用の歯磨きシートなどを巻いて、表面の汚れをふき取ってあげるだけでも効果があります。

ビーグルは遊ぶことも大好きです。歯磨き効果のあるロープを使って遊びながら、歯の健康に役立てたり、歯磨き効果のあるガムを与える習慣を作ってもよいでしょう。ただし、誤飲や食べすぎに注意して、家族が見ているところで与えるようにしましょう。

ビーグルがかかりやすい病気

白内障

ビーグルは目の病気にかかりやすい傾向があります。白内障はそのひとつです。老化現象のひとつでもありますので、病気が年齢とともに進行していきます。白内障は目の瞳孔の中が白く濁ってきますが、普段から目のチェックをしていても、この濁りはひどくなってから気づくことも少なくありません。

ゆっくりと進行していきますが、愛犬が物にぶつかるようになってきたり、ふらふらとしている、夜の散歩が大変そうなど、今までと違った変化に気づいた場合には、環境を整えていく必要があります。進行を遅らせる目薬などもありますので、獣医師に相談するようにしましょう。

皮膚疾患

ビーグルは、遺伝的に皮膚病を発症することがあります。特にアレルギー性皮膚炎を発症することが多くあり、ハウスダスト、カビ、花粉などなんらかの物質をアレルゲンとして、アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

ビーグルが、体を痒がっていたり、足を噛んだり舐めたりしている、赤みを帯びたところがあるなど、皮膚の異常を感じた場合は、早めに獣医師に相談しましょう。アレルゲンとなる物質が普段食べているドッグフードの原材料や添加物などに入っている可能性もあります。低アレルゲンフードに切り替えることで、症状が落ち着くこともあるのです。

食事やハウスダストなどの原因、アレルギーは早期に発見し、適切な生活を送ることでと症状を抑えることができます。普段から皮膚の状態をチェックしておくようにしましょう。

子犬期の注意点


ビーグルの子犬期は、しつけをいかにしっかり行うかということがポイントになってきます。もともと、ウサギ狩りで活躍していたビーグルだからこそ、体力があり、大きな声で吠えます。また、かなりのマイペースさも持っていますので、しつけを根気よく行う必要があります。また、食欲旺盛ですので食べ物を使ったトレーニングばかり行わないようにしましょう。

ビーグルにとって運動はとても大切になります。運動不足になるとすぐにストレスが溜まってしまいますので、散歩の時間を長くする、定期的にドッグランに連れていくなど、ワクチン接種が終わり健康状態も確認された後は、積極的に外に行く習慣を作りましょう。ただし、子犬の頃は骨の成長段階にもあたります。運動中になんらかの異変を感じた場合は早めに獣医師に相談しましょう。

活発なビーグルにとって運動と食事、睡眠のバランスがとても大切になります。食事の際もしつけを行い、食べ残しは早めに片づけましょう。吠えて要求するからといってごはんやおやつを与える習慣を作ってしまうとリーダーとの関係にも影響しますので、食事のしつけも大切になります。また、食欲旺盛で肥満にもなりやすい傾向にありますので、十分注意しましょう。

シニア期の注意点

元気いっぱいだったビーグルですが、シニアになると、運動量が減り、お部屋の中で眠る時間が多くなります。ゆっくり休むことができる環境を用意してあげるようにしましょう。しかし、もともと運動が大好きなビーグルにとっては定期的に外に連れ出し運動して気分転換をすることも大切です。外で排泄する習慣がついている場合、排泄の回数が以前より多くなることもありますので、頻繁に外に出すことが必要になる場合もあります。

シニアになってからは関節の痛みなどが出てきやすくなります。定期的な健康診断と愛犬のペースに合わせて適度に運動するようにしましょう。また、スキンシップやブラッシングで体の状態をしっかりチェックすることも大切です。皮膚の炎症や耳の炎症を起こしやすいビーグルですので、早期発見早期治療が大切になります。

また、基礎代謝も低下する為、太りやすくなってしまいます。シニア向けのフードに切り替えるなど食事の栄養管理に注意しましょう。

季節ごとの注意点

ビーグルにとってとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。子犬や老犬は特に注意しましょう。朝晩の寒さは体を冷やす原因になってしまい、急激な温度変化の中で運動は心臓への負担にもなります。室温管理に注意するようにしましょう。

春になって外にお出かけすることも多くなります。ビーグルは狩猟本能から運動することが大好きな犬種ですので、ストレス発散の為にもたっぷりお散歩などで運動する時間を作りましょう。しかし、一方でノミやダニの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。ノミダニ対策、フィラリア予防薬、動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。また、狂犬病予防接種の時期でもありますので、必ず受けるようにしましょう。

春の間は冬の間に生えそろったダブルコートの被毛でふさふさしています。散歩後はこまめにブラッシングをしてあげましょう。汚れが気になる場合は、散歩の後定期的に優しく蒸しタオルなどで拭いてあげてもよいでしょう。

ビーグルは運動も大好きな活発な犬種ですので、熱中症に気を付けなくてはいけません。さらに外飼いをしている場合は、特に気を付けましょう。熱中症は家の中にいてもかかることがあります。室温管理が体調につながりますので、十分気を付けましょう。お散歩の時間も夕方以降涼しい時間にするなど、生活スタイルを改めて見直すようにしましょう。

室温は人間が快適に過ごすことができる温度で十分ですので、エアコンを上手に利用しましょう。ただし、冷房の風が直接当たってしまうと体があっという間に冷えて体調を崩す原因にもなってしまいます。ケージやベッド、愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていないか確認すると共に、冷風もあたっていないか確認しましょう。

春から夏にかけては換毛期となり、驚くほどに毛が抜けます。毎日のブラッシングで抜け毛を取り除くようにしましょう。そのままにしておくと、皮膚炎の原因にもなってしまいます。定期的なシャンプーとブラッシングで早く抜け毛を取り除くことが大切です。

秋は気温が下がって、春と同じくビーグルにとっては過ごしやすい季節になります。冬に向けて体力を回復させておきたい季節でもありますが、注意すべき点は食欲と肥満です。急に食欲旺盛になってしまい、与え過ぎていると肥満になってしまってしまいます。食欲旺盛になったからと言って与え過ぎないように十分に注意しましょう。

秋はお散歩も気持ちよい季節です。春夏と同様に、秋になってもフィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。また、お散歩のあとのブラッシングや被毛の手入れはしっかり行うようにしましょう。皮脂が残っていたり、逆に乾燥してしまっていると、被毛にダメージを与えてしまいます。万が一、痒がるなど、皮膚に異変を感じた場合は早めに動物病院を受診しましょう。

ダブルコートのビーグルですが、寒い冬の体の冷えは体調不良の原因になります。室温を保つことはもちろんですが、万が一震えてしまっているようであれば、すぐに体をあたためるよう抱っこしてあげましょう。お散歩が大好きなビーグルですが、子犬や老犬は特に注意しましょう。胃腸炎や感染症にもかかりやすい季節ですので注意が必要です。

冬は暖房を使うことによって乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。暖房器具を使用すると、気づかないうちに体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

膝蓋骨脱臼

小型犬に多い病気で、活発に動き回るビーグルも注意が必要です。先天的な形成異常で膝蓋骨が外れやすくなってしまっています。子犬の頃のワクチン接種や健康診断のタイミングで関節もしっかり診てもらっておくとよいでしょう。

先天的な原因が多いものですが、関節に負担がかかることで発症してしまうこともあります。成長段階にある子犬の骨は、毎日十分な栄養をとっていても思わぬ事故から骨折や脱臼につながってしまうことがあります。

運動することが大好きなビーグルは、大きくジャンプしたりソファーや階段からジャンプした時にそのまま骨折してしまうこともあります。抱っこしていたのに突然ジャンプをしてバランスを崩し骨折や脱臼ということもあります。後天的な原因から膝蓋骨脱臼につながることもありますので、普段の生活には十分に注意し、なんらかの異常を感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。

アレルギー性皮膚炎

ビーグルは皮膚炎を起こしやすい犬種です。アレルギー皮膚炎は、ノミ、ダニ、食べ物など、様々な原因で発症します。食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、環境の場合はアトピー性皮膚炎と言いますが、まずは原因を特定することが必要になります。

換毛期の抜け毛も多いビーグルですので、そのままにしておくと皮膚炎を起こしてしまうこともあります。どんどんかゆみがひどくなり、弱い皮膚が炎症を起こしてします。また、かきむしることで二次感染にもつながりますので、清潔にしているのに皮膚をかゆがる様子や赤み、炎症を見つけた場合は早めに獣医師の診察をうけましょう。

シニア期に気をつけたい病気とその兆候

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板の変形によって脊髄や神経を圧迫する為、強い痛みがあります。激しい運動やジャンプなどによって椎間板ヘルニアを起こしやすいと言われています。進行すると、常に足を引きづっている状態や麻痺になります。

シニア期に入るとベッドでゆっくり休んでいることがほとんどになりますが、お部屋の中で遊ぶ時は腰に負担がかかるような運動は避けてあげるようにしましょう。また、肥満の場合さらに腰に負担をかける原因になってしまいます。日ごろから適正体重でいられるように、栄養と運動の管理をするようにしましょう。

再発が多い病気ですので、症状によっては手術を勧められることも多いものですが、軽いうちは痛み止めの薬や運動制限などで過ごすことになります。寝ている時間が多くなりますが、歩いている時の様子や体を触った時などに痛みが出ていないチェックしてあげるとよいでしょう。

糖尿病

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなり、糖の吸収がうまく行われなくなってしまう病気です。ビーグルは、糖尿病を発症しやすい犬種ともいわれており、特に高齢になってから注意が必要です。

先天的な要因のほかにも肥満やストレスが原因になっていることがありますが、多飲多尿の症状が出たら注意が必要です。また尿が出ていても色が薄い場合も糖尿病が疑われます。普段から排泄のチェックを行い、尿の変化に気づいた場合は、早めに獣医師に診断を受けましょう。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

若い年齢であっても発症することはありますが、基本的には、シニア期に注意したい病気のひとつです。ビーグルも発症しやすい犬種に入ると言われています。脳下垂体の腫瘍によって副腎皮質ホルモンが異常に分泌されてしまいます。また、ステロイドの長期投与を突然やめることによって発症してしまうこともあります。

今までに比べて多飲多尿になった、お腹が膨れた、背中に左右対称の脱毛があるなど、症状として気になる変化が現れます。副腎皮質ホルモンの分泌のコントロールが必要になりますので、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。また、糖尿病を発症している場合もあり、命の危険に及びます。普段と違う様子に気づいた際はすぐに診てもらうようにしましょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

まずはビーグルの体全体を触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックはコミュニケーションの一環としてもとても大切です。背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながらたくさん褒めていきましょう。

ビーグルは換毛期の抜け毛の量は驚くほどです。日ごろから体を触ること、ブラッシングをすることに慣らしておきましょう。外に出て運動することが大好きなビーグルは、汚れやほこり、花粉、種など様々な物がふわふわの毛に付着します。被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。

梅雨の時期は特に、そのままにしておくと衛生的にもよくありません。定期的に体を拭いたりシャンプーするようにしましょう。足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないかなどチェックすることも大切です。また、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。お尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

元気な場合、ビーグルは表情豊かでとてもイキイキとしています。目の輝きを見てあげましょう。目の病気にもなりやすいビーグルですので、目の炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっているなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。なんらかの病気が原因で涙が豊富になると、涙やけにもなりやすいので、涙が出ている場合は丁寧にふき取ってあげましょう。

ビーグルの耳は大きな垂れ耳で汚れがたまりやすいものです。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また丁寧に耳掃除をしようとしたあまり、耳を傷つけてしまっていることもあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。耳の炎症は、アレルギーによって引き起こされていることもあります。皮膚病にもなりやすいビーグルですので注意してみるようにしましょう。

口のチェックも大切です。犬は歯周病になりやすく、特に老犬は注意が必要になります。食欲旺盛なビーグルは食べることが大好きです。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いてしまっている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ