2017年6月24日更新

長毛種の猫はトリミングが必要?【動物看護師・トリマーが解説】

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

猫は見ているだけでも癒されますよね。特に長毛の猫は、姿がとっても優雅で素敵です。”見ているだけ”なら良いのですが、飼育するとなると少し手間がかかって苦労されている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

夏が来るたび「あの毛暑そうだな…」と愛猫を眺めていませんか?長毛の猫は定期的なトリミングをした方がよいのでしょうか?

 

基本的には必要ない

猫にトリミングは、基本的には必要ありません。

夏は確かに、短い毛の猫よりも、長い毛の猫の方が暑く感じているでしょうが、その分毛づくろいをたっぷりして毛を湿らせ、蒸発させると共に体温を下げているので、猫自身はあまり問題はありません。

ただし、トリミングは必要なくても、頻繁なブラッシングは必須になります。猫の舌にはトゲトゲがあり、ブラシのような役割をしていますが、とけているのは毛の表面だけ。分厚く重なった奥の毛は綺麗に出来ていないので、飼い主さんの手を借りて綺麗にするしかありません。

また、ブラッシングで抜け毛を除去することで、毛球症と呼ばれる、胃や腸に毛玉が溜まることを防ぐことができます。長毛の猫は、毛球症になる確率が非常に高く、吐くだけでしょ、と軽く考えていると愛猫を苦しめる結果になります。出来れば毎日、少なくとも3日に1回はブラッシングを丁寧に行うようにしてあげてください

長い毛は毛玉の原因に

愛猫を外に出している場合はとくに、枯れ葉やゴミを毛に絡めて帰ってくるので毛玉が身体のあちこちについていることでしょう。

猫の毛は細くて柔らかいので、すぐに絡んで毛もつれになり、やがて大きな毛玉になります。毛玉は通気を悪くするので皮膚炎を起こす原因にもなりますし、毛玉を取ろうと必死に毛づくろいをすることによって、毛玉まわりの毛がハゲてなくなってしまうこともあります。

脇の下や股(鼠径)の部分は特に歩くときによく擦れるので毛玉が出来やすくなります。その部分に大きな毛玉が出来てしまうと、歩く時に邪魔になって、歩かなくなったり、歩き方が変になったりします。

普段からあまりブラッシングを行っておらず、最近活動量が減った、歩き方が変になったと感じたら、脇や股の部分を触って毛玉の有無を確かめてください。毛玉がない場合はその他の病気の可能性があるので、かかりつけの病院へ行くのがよいでしょう。

 

短くしても良い

もしブラッシングが煩わしかったり、夏だけでも短くしたいと思うようであれば、トリミングをしても構いません。

しかし、猫のトリミングは非常に難しく、鎮静という軽い麻酔をかけて行うことがほとんどです。どれだけ怒らない猫であっても、動いたりすることによって皮膚を傷付けてしまうことがあるので、どうしてもトリミングをしたいようであれば、かかりつけの動物病院へ行って相談してみてください。

トリミングサロンでは猫のカットはしていないところがほとんどですので、動物病院へ行くことをオススメします。

絶対にやってはいけないこと

自宅で絶対にやめてほしい行為は、

  • 毛玉をハサミで切る
  • 毛玉をブラシで引っ張る
  • 毛をハサミで切る

以上の3つです。

猫の皮膚は組織が密な構造なので、あまり伸縮性がなく、少しでも傷をつけると割れるように大きく皮膚が裂けることがあります。自己判断で猫の毛玉を切ったり、毛を短くするようなことはしないようにしてください。

また、ブラシの場合でも先端に傷つかないようにガードがついているブラシなら大丈夫ですが、金属がそのままになっているようなブラシは皮膚を裂くことがあるので注意しましょう。触るのが怖ければ、かかりつけの動物病院へ行き、処置してもらいましょう。毛玉取りだけでも行ってくれますので、安心して相談に行きましょう。

ブラッシングは優しく

普段のブラッシングも優しく撫でるように行えば、皮膚を傷付ける事はないので、ゆっくり優しく丁寧に行ってあげてください。毎日のスキンシップの1つとしてブラッシングを取り入れるとお互いストレスがなく、続けることが出来ますよ。

また、身体を撫でるときは脇の下やお腹、股の部分をそっと撫でてみて、固い毛玉のようなものがないか定期的に調べてあげましょう。湿気の多い、梅雨や夏は毛玉の通気不足からくる皮膚炎が非常に増えますので注意してくださいね。