2016年7月13日更新

評判のよいおすすめの長崎県の動物病院5選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は長崎県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

 

評判のよいおすすめの長崎県の動物病院

さわもと犬猫病院

特徴

「皆様のかけがえのない家族の一員である動物も人と同じような検査が受けることができるように、CT・MRIなどの先端画像診断機器による診断をおこなうとともに、動物にできるだけ苦痛を与えない治療をめざしています。また、動物の健康管理を通じ動物および飼い主様が満足してもらえるよう、スタッフ一同、常に心のこもった対応と清潔な施設を提供します。」をミッションに掲げていらっしゃる病院です。ホームドクターとして飼い主とのコミュニケーションを大切にされており、インフォームドコンセントの徹底につとめていらっしゃります。

犬と猫の専門病院で、診療においてはCTやMRIなどの最新の高度医療機器を導入した検査に基づく治療をおこなっていらっしゃいます。特に椎間板ヘルニアの治療に力を入れていらっしゃいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:14:00~19:00
手術時間12:00~14:00
休診日:火曜日

アクセス

住所:長崎県西彼杵群時津町浜田郷299-10
電話番号:095-881-1012
駐車場:20
ホームページ:http://www.881-1012.com/

長崎動物病院・長崎院/川棚院

特徴

昭和45年3月に長崎市に開院した病院です。ホームドクターとして家族の一員である犬・猫の健康管理など1次医療の提供を主におこなっていらっしゃいます。平成11年には東彼杵群川棚町に新しく川棚院を開院し、より設備の充実を図った高度な獣医療の提供がおこなえる体制が整いました。

診療対象動物は犬と猫で、健康診断、各種ワクチン接種、口腔内ケアなどの1次医療を中心に診察をおこなっていらっしゃいます。特に川棚院では整形外科に力を入れていらっしゃり、超音波エコー装置は上級機を導入するなど精密な診断をおこなえるようになっています。

ホームページ:http://www.nagasaki-ac.com/nagasaki.html

アクセス

長崎院

住所:長崎県長崎市大井手町19
電話番号:095-823-6097
診療時間:午前:9:00~12:00午後13:00~18:00
休診日:日曜日・祝祭日・木曜午後・土曜午後

川棚院

住所:長崎県彼杵群川棚町百津郷58-4
電話番号:095-682-6631
診療時間:午前9:00~12:00午後16:00~19:30(土曜のみ15:00~18:00)
休診日:日曜日・祝祭日

素材_その他_shutterstock_151114694

たけがわ犬猫病院

特徴

散歩などの途中に気軽に立ち寄れるような、アットホームな雰囲気の動物病院を目指していらっしゃる病院です。地域のホームドクターとして飼い主やペットから信頼される存在であるように心がけていらっしゃり、病気やケガの治療だけでなくしつけや健康管理、病気の予防についてもアドバイスをしていただけます。

診療対象動物は主に犬と猫ですがウサギやモルモットのような小動物(げっ歯類)の診察にも対応してくださいます。診療の内容は各種ワクチン接種、各種検査、外科手術など、主に1次医療を中心に提供してくださいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:15:00~19:00
休診日:火曜日(急患の場合は応相談)

アクセス

住所:長崎県長崎市東町2078-1
電話番号:095-838-3399
駐車場:11台
ホームページ:http://takegawa-ah.com/

ノア動物病院

特徴

1983年7月に柳田町に開院した病院です。地域のホームドクターとして飼い主とのコミュニケーションを大切にしながら、常に新しい獣医学を取り入れた治療を心がけていらっしゃいます。

人と動物との触れ合いから生まれる効果を認め、人と動物との絆「ヒューマンボンド」が重要だと考えていらっしゃる病院です。現代人と動物の幸せを作り上げることを第1に考え、ペットの健康を守る予防医療から1歩進んだ、「ウェルネスケア」を目指していらっしゃいます。犬と猫の診療全般をおこなうことができますが、特に健康診断やフィラリア予防などに力を入れていらっしゃいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:16:00~19:00(土曜日のみ14:00~16:30)
休診日:日曜日・祝祭日

アクセス

住所:長崎県長崎市柳田町42-7
電話番号:095-879-4111
駐車場:3セット
ホームページ:http://noah-vh.com/

たか動物病院

特徴

1994年6月に諫早市郊外の緑豊かな多良町に開院した病院です。ホームドクターとして飼い主とのコミュニケーションを大切にしながら、ペットの健康管理、老齢期からのトータルケアをおこなっていらっしゃいます。

獣医学の発達にともなってペットの寿命も延びて、これまであまりかかることのなかったがんや、肝臓病、糖尿病などの病気にかかってしまうことも多くなってきたことを憂慮し、そのような老齢期のペットの治療に力を入れていらっしゃいます。

診察対象動物は犬、猫、ウサギでその他の動物についても電話で相談に応じてくださいます。

診療時間

午前:9:00~13:00午後:15:00~19:00
休診日:日曜日・祝祭日午後

アクセス

住所:長崎県諫早市多良見町化屋812-1
電話番号:0957-43-4200
駐車場:8
ホームページ:http://www.taka-ah.com/

shutterstock_146035991

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。