考えよう、愛猫の予防接種。なぜ必要?いつすべき?

人と同じように、猫もウイルスや細菌などに感染し、病気になってしまうことがあります。

愛猫の健康を守るためにも、定期的な予防接種を考える必要があります。

今回は、さまざまあるワクチンの種類について、接種計画や副反応などの注意点について詳しくお話いたします。

 

なぜ予防接種は必要?

感染症の中には、場合によっては数日で命を落としてしまうものや、一生、辛い症状に悩まされる危険なものもあります。

また、感染力が強く、被害が拡大しやすいものも。

猫の場合は、犬の狂犬病のように法律で義務付けられているわけではありません。

しかし、環境省からの告示「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」において、飼い猫と自身への感染を防ぐ責任はもちろん、他者への感染防止に努めることが明示されています。

大切な愛猫の健康と地域の公衆衛生を守るために、予防接種は必要です。

ただし、人と同様、猫の予防接種にも副反応のリスクがあります。

そして感染を100%防げる保証はありません(症状を軽減することはできます)。

獣医師と相談して副反応の危険性と感染症にかかる危険性とをよく考え、予防接種を受けさせるか否かを決めるようにしましょう。

 

完全室内飼いでもするべき?

完全室内飼いだとしても、飼い主さんが病原体を持つ外の猫に触ったり、唾液や排泄物を知らないうちに踏み、それが靴底に付着すれば家に持ち込んでしまうことも考えられます。

また、野良猫の多い地域では、空気感染の可能性もゼロではありません。

感染力が強い危険な種類に限ってだけでも予防接種は必要でしょう。

 

感染症とはどのような病気?

感染症とは、ウイルス、細菌、真菌、原虫などの微小生物が猫の体内に侵入し、さまざまな症状を引き起こす病気をいいます。その種類は非常に多く、引き起こされる症状もさまざまです。

症状の重さは、猫の生活環境や健康状態、年齢に左右されます。他の病気がある猫や、免疫が低く抵抗力が弱い猫は重篤になりがちです。

ワクチンによって予防できる猫の感染症

  • 猫伝染性鼻気管炎(猫ウイルス性鼻気管炎)
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)
  • 猫クラミジア感染症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫免疫不全ウイルス感染症(いわゆる「猫エイズ」)
 

ワクチンの種類

ワクチンには、接種が推奨される「コアワクチン」と、必要に応じて接種する「ノンコアワクチン」があり、コアワクチンは、「猫伝染性鼻気管炎」、「猫カリシウイルス感染症」、「猫汎白血球減少症」の3種類です。

この3種を基本に、他に4種、5種、7種の混合ワクチンがあります。

また、猫白血病ウイルス感染症と猫エイズ、狂犬病(猫も狂犬病にかかります)のワクチンは、単独ワクチンがあります。

さらに、製造方法によって「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の違いがあります。どのワクチンを接種するかは、猫の飼育環境、健康状態などを考慮して決めます。

混合ワクチンの種類と予防できる感染症

  • 3種混合ワクチン(費用:4000~6000円)
    「猫伝染性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症」
  • 4種混合ワクチン(費用:5000~7000円)
    3種+「猫白血病ウイルス感染症」
  • 5種混合ワクチン(費用:6000~8000円)
    3種+「猫白血病ウイルス感染症」、「猫クラミジア感染症」
  • 7種混合ワクチン(費用:8000~10000円)
    5種のうち、猫カリシウイルス感染症の株が3種あり(カリシウイルスは変異を起こしやすいため)、全部で7種となります

単独ワクチンの種類

  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)
  • 狂犬病

不活化ワクチンと生ワクチンの違い

ワクチンには、殺した細菌、ウイルスなどを使う「不活化ワクチン」と、毒性を弱めた、生きた細菌、ウイルスなどを使う「生ワクチン」があります。

不活化ワクチンは、副反応が少ない反面、免疫の持続期間が比較的短く、生ワクチンは不活化ワクチンよりも副反応が出やすい代わりに強い免疫力が得られるとされています。

また、不活化ワクチンに含まれるアジュバンドという物質は、繊維肉腫という癌を誘発するとされています。

ただし、最近はアジュバンドの有無よりも、注射自体が癌を誘発する可能性が示唆されています。

どちらのワクチンを用意しているかは動物病院によって違います。

愛猫に適したワクチンは?

つい、できるだけ多くの種類を打てばいいと考えがちですが、副反応のことを考えると一概にそうとも言い切れません。

愛猫の生活環境や病気の有無、年齢などによって必要な種類を打つようにしましょう。

完全室内飼いであれば、多くの動物病院で3種混合ワクチンを勧められますが、例えば多頭飼いで同居猫にエイズや白血病にかかっている猫がいれば、その感染症に対するワクチンを追加で接種したほうがよいでしょう。

また、外によく出かける、ペットホテルの利用が多い環境であれば、5種混合など、より多くの感染症に対応するワクチンが良いでしょうし、海外渡航する場合は、狂犬病ワクチンを接種する必要もあります。

ワクチン接種前には必ず健康診断を

ワクチン接種による副反応は、健康状態、年齢によっては深刻になることがあり、場合によっては接種をしないという選択肢もあり得ます。

特に高齢猫や持病のある猫は、ワクチン接種前に必ず詳しい健康診断を受けるようにしましょう。

健康な猫も、できるだけ事前に受診して健康チェックをし、さらに当日体調を確認してから接種するようにしましょう。

ワクチン接種はいつするべき?

コアワクチン(混合ワクチン)

子猫の場合:

母親の免疫(移行抗体)が切れる時期があり、それは8~16週齢とされています。

移行抗体の量が多いとワクチンを打っても効果がないため、移行抗体が切れる時期(8週齢のころ)を見計らって初回ワクチンを打ちます。

しかし、移行抗体が消失する時期は個体差が大きいため、1か月ごとに15~18週齢まで接種します。

もし子猫が母猫の初乳を飲んでおらず、移行抗体を持たない場合は早めにワクチン接種する必要があります。

適した時期はだいたい6週齢くらいとされています。

成猫の場合:

子猫の導入期が終わった後、だいたい6ヶ月~1年後に免疫を強化する意味で再度ワクチンを接種します。

ワクチンの効果は時間が経つと弱くなるため、定期的に接種が必要となりますが、その間隔については2つの考え方があり、1つは日本で多く採用されている方法で、1年に1度、という方法。

もう1つは、アメリカで採用されている方法で、3年に1度という方法です。

3年に1度の方法は、副反応や繊維肉腫の可能性を低くするメリットがありますが、免疫消失期間には個体差があるため、3年に満たない間に免疫が弱まってしまう可能性もあります。

間隔については獣医師によって考え方が異なるため、よく相談して決めるようにしましょう。

保護猫の場合:

野良猫を保護したときは、栄養失調など健康に問題があることが多く、さらに新しい環境でストレスも感じています。

保護後すぐにワクチンを接種するのではなく、少なくとも1週間ほど新しい環境に慣れさせたうえで接種するようにしましょう。

猫白血病ウイルス感染症

野良出身の場合は感染の可能性もあるので、検査をして感染が無いことを確認してから接種しましょう。

接種可能年齢は9週齢以上です。初回を打ってから、2~3週間あけてもう1回、計2回接種します。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)ワクチン

猫白血病同様、感染がないことを検査してから接種しましょう。

接種できる年齢は8週齢以上です。初回を打ってから、2~3週間ごとに2回、計3回接種します。その後は、1年おきとなります。

※猫エイズワクチンは、日本で多いサブタイプに対する防御率は実ははっきりしていません。効果を疑問視する声も。

狂犬病ワクチン

生後3か月以上の猫に初回を打ってから30日以上1年以内の間隔をあけて2回目を接種します(海外に渡航する場合は抗体価の報告が義務なので、接種後抗体価の測定が必要)。

副反応について

どのようなワクチンでも「副反応(副作用)」があります。

症状には個体差が大きく、まったく大丈夫な猫もいれば、発熱したり、アレルギー反応が出てときにアナフィラキシーショックを起こすことも。

また注射部位肉腫の可能性もあります。

打つ部位を毎回変える、切除できる部位に打つなどの対策を獣医師と相談してもよいかもしれません。

主な副反応

  • 発熱
  • 痛み
  • 注射部位周辺の腫れ
  • おう吐
  • 下痢
  • 食欲低下
  • 顔が腫れる
  • 全身のかゆみ

万一副反応が起きたとき、すぐに動物病院へ戻れるよう、接種する時間は午前中がよいでしょう。

獣医師によっては、緊急処置を要する反応の有無を確かめるため、注射後30分ほど待合室で待機してもらうこともあります。

副反応として最も多くみられるのは、元気、食欲が低下することですが、1日たっても症状が改善しない場合は獣医師に連絡しましょう。

接種後は激しい運動はさせないように気をつけ、シャンプーやお風呂も控えてください。

万一かゆみや呼吸が早いなどアレルギー反応の兆候があれば、すぐに病院を受診しましょう。

まとめ

ワクチン接種は必要なことですが、万能ではありません。

100%感染を防げるものではなく、ワクチンをしたからといって、健康・衛生管理を怠るようなことがあってはなりません。

ワクチン接種と日ごろのケアで猫の健康を守りましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。