2016年9月24日更新

【動物法務のプロが解説】犬同士がケンカをしてケガをした/させた

犬は日頃からしつけをしていても、性格や相性の問題というものがどうしてもありますので、散歩ですれ違ってもまったく気にしない場合もあれば、遠くからでも声や姿に反応して興奮状態になる場合もあります。

そういったことから、たとえば公園やドッグランでノーリードにしていた状態、あるいは飼い主の管理下から離れた時など、犬同士がケンカをしてケガをしたり、もしくはケガをさせたりした場合、法的にはどうなるでしょうか?

ここでは双方ともに何らかの問題が生じ、過失(不注意)があった場合で、それが原因で生じたトラブルを想定してみていきましょう。

トラブル対処

imasia_13559064_S
このトラブルの特徴としては、一方的に咬まれたときとは異なり、双方の飼い主がそれぞれ相当の注意義務を怠ったことで生じているとの想定でみると、損害賠償請求などは、状況によって大きく異なります。ただ、実際のところは原因・責任の所在にかかわらず大型犬の飼い主、もしくは重傷を負わせた方の飼い主の責任が重くなりやすい傾向があるようです。

この場合は、双方ともにきちんと被害状況を把握した上で、今後の対応策と双方の損害について話し合っていただくというのが第一になるかと思います。その際、やはり口約束ではトラブルになりやすいですし、今回の事例では責任の所在を巡って口論になってしまう場合もありますので、状況によっては弁護士などの専門家を第三者として交えた上で何らかの書面にした方が良いかもしれません。

公園やドッグランの管理

imasia_15199766_S
また、少し視点を変えた話として、「公園やドッグランの管理者に責任を問う事ができるか」という問題があります。基本的にペットの場合は飼い主に飼育管理責任がありますし、ほとんどの施設は「トラブルがあっても一切責任を負わない」という旨の注意書きをしているため、施設内で起きたトラブルは大体の場合において、飼い主の責任という部分で対処していく形になると思われます。

ただし、施設が上記のような注意書きをしているからといって完全に免責されるというわけでもなく、たとえば施設の構造上明らかにトラブルが生じやすい状況であった場合、もしくはトラブルが生じる可能性が高いにもかかわらず施設の管理者が何の対策も講じない場合には、施設側にも過失が認められるため、責任を問うことができる場合もあると思われます。

まとめ

基本的にはペットの行動その他に関しては飼い主が全責任を負っているため、ペットと一緒にいるときは常にその状況を把握できるようにしてトラブルを未然に防ぐとともに、万一何か起きた場合でも適切な対処ができるようにしておきましょう。

執筆協力:有吉圭太((一社)どうぶつ法務福祉協会理事・動物総合相談ボランティア)

山口 一哉



(一社)どうぶつ法務福祉協会・代表理事(行政書士)

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会・代表理事/行政書士横浜いずみ共同事務所・代表。(一社)ペットライフデザイン協会理事。幼少期に犬を飼っていたことと、捨て猫との暮らしをきっかけに、何か出来ることはないかと模索していたところ、「動物法務」の存在を知り、開業を決意。平成21年行政書士事務所開業、平成23年横浜市に移転。成年後見、遺言、人と動物に関する許認可等各種手続や書類作成の支援が主な業務。平成27年一般社団法人どうぶつ法務福祉協会設立、同代表理事に就任。1級愛玩動物飼養管理士、愛護動物虐待防止管理士、少額短期保険募集人の資格を保有。

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会HP
行政書士横浜いずみ共同事務所HP
ブログ

関連記事

犬が大好きな人でも意外と知らない?!犬の雑学 5選

飼い主さんなら毎日身近なところにいる家族のような犬ですが、調べてみると意外な事実がたくさんあります。そこで今回は、まだあまり知られていない犬の体の秘密、犬の歴史、ギネスに登録されている犬など……

犬の雑学

飼っている犬や猫に自分の財産を残すことはできる?ペットに遺産相続する方法とは?

2011年「世界で最もお金持ちの猫」としてブラッキーという猫がギネスブックに認定されました。 ブラッキーは映画製作者ベン・リー氏が飼っていた猫でしたが、遺言により彼の死後にその財産のす……

犬の幸せ

ペットの法律、知ってますか?ペットに関する法律と飼い主の義務・罰則

ペットは法律上では「物品」として扱われていますが、命ある大切な存在であることは人間と変わりません。 昭和48年に施行された動物愛護管理法は動物を虐待から守るための法律でしたが、その後、……

犬の健康と病気

【動物法務のプロが解説】犬同士がケンカをしてケガをした/させた

犬は日頃からしつけをしていても、性格や相性の問題というものがどうしてもありますので、散歩ですれ違ってもまったく気にしない場合もあれば、遠くからでも声や姿に反応して興奮状態になる場合もあります……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】多頭飼育禁止の賃貸住宅で多頭飼育をしていたらどうなる?

体が小さくスペースもとらない小型犬や超小型犬、また猫の飼育者の増加などもあり、賃貸住宅での多頭飼育の飼い主さんも今では珍しくありません。しかし、いくらペットと暮らせる賃貸住宅であっても、頭数……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペット可賃貸住宅で犬猫が苦手な人に文句を言われてしまったら…

ペット飼育可の賃貸住宅でも、賃借人のなかには様々な事情からペットを飼育していない方、あるいは、犬猫が苦手な方が入室していることも考えられます。多数の人々が同じ建物で暮らす集合住宅では、ちょっ……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】知らない犬に咬まれてケガをしたら?

あなたが街中を歩いているとき、目の前から犬がやってきたとします。普通であればそのまま通り過ぎると思うのですが、そのときに犬が何らかのキッカケで興奮状態だった場合、もしかするとその犬があなたに……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬猫を飼っていることで嫌がらせを受けている…どうすればいい?

ペットブームといわれて久しいところですが、数年以上前と比べて飼い主さんのマナーが向上し、モラルが浸透してきているとは思われます。何より、犬・猫を家族同様に接していることの現われだといえるでし……

犬の法律

無断で飼ったらトラブルになる可能性も!迷子の犬、猫を見つけた時に取るべき行動について

首輪をした犬や猫がウロウロしていたのを偶然に保護。しばらく飼い主らしき人を探したけれど見つからなかった場合、その犬や猫をそのまま自分の家で飼っても良いのでしょうか? 昔はよくあった拾い……

犬の幸せ

知ってるようで知らないペットを守る「改正動物愛護法」を巡る主な出来事

2016年。今年は「改正動物愛護法」が施行されて3年目だって知っていましたか? そもそも「改正動物愛護法」って何?という方も多いのかも知れません。 この法律は、「ペットの命を守る……

犬の動物愛護

【動物法務のプロが解説】ペット不可の賃貸住宅で犬猫を飼育したらどうなる?

ペットと暮らせる賃貸住宅は、入居者がペットと一緒に暮らしたいとのニーズもあり、増えてきてはいるものの、まだまだ十分な数があるとは言えません。またマンション、アパート等集合住宅では、賃貸借契約……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬の鳴き声がうるさい場合

最近はペットブームということもあり、犬を飼う家が一戸建て・マンションを問わず非常に増えてきました。そうなると必ずといってよいほど出てくる問題の一つが、「犬の鳴き声・騒音」です。犬というのは元……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペットを飼っている場合の原状回復ってどこまで?

賃貸住宅でペットを飼っていれば、ペットによる物件への汚れや傷をつけた場合など、退去する時の原状回復が気になる方は多いかと思います。何か特別な注意が必要なの?ペットを飼っている場合の原状回復っ……

犬の法律

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動をしています

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動 9月23日(金曜日)に多くの国会議員の前で「ペット同伴避難所の必要性」を講演することになった すごーいでしょ(^○^)何がすごい……

犬のニュース

【動物法務のプロが解説】賃貸住宅でペットをベランダに出してもOK?考えられるトラブルとその対処法

近年ペット飼育を可とする賃貸住宅が増えてきています。ペットは共に生活していく家族の一員であると捉え、ペット共生賃貸住宅と表現されるところも見られます。当初からペット飼育可や専用とする物件や、……

犬の法律