2016年6月24日更新

評判のよいおすすめの奈良県の動物病院5選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は奈良県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

 

評判のよいおすすめの奈良県の動物病院

花咲く動物病院

特徴

どんな時でも支え合える、ペットと人に優しい動物病院を目指して、2016年3月に開院した病院です。名前の「花咲く」は喜びを彩り悲しみを癒す花のように、ペットと飼い主の心に寄り添う医療を目指したいとの思いをあらわしているそうです。なかでも「常に前進」「希望」という意味を持つガーベラを病院のイメージの花として選び、ロゴにしていらっしゃいます。

医院長の上田獣医師は犬、猫にとどまらず、エキゾチックアニマルや特殊動物の診療にも長く携わった経験をお持ちの方です。そのため診療対象動物は犬と猫に限らず、フェレット、フェネック、ウサギ、モルモット、チンチラ、テグー、プレーリードッグ、ジリス、リス、ハムスター、モモンガ、ヤマネ、マウス、ラット、フクロモモンガ、ハリネズミ、小鳥、大型インコ類、オウム、猛禽類、その他鳥類、カメ、トカゲ、ヘビ、カエル、イモリ、サンショウウオ、魚類、その他特殊動物と多岐にわたります。ただ診療対象動物が多岐に渡るということだけでなく、どの動物に対しても的確な診断と治療が可能な技術を持った病院です。

診療時間

午前:9:00~12:30午後:17:00~20:00

手術・往診時間:13:30~17:00

休診日:火曜日・日曜祝祭日午後

アクセス

住所:奈良県香柴市畑3-887-4

電話番号:0745-71-8739

駐車場:7台

ホームページ:http://hanasaku-ah.com/

中山獣医科病院

特徴

1974年10月に開院した歴史のある動物病院です。会長の中山獣医師は75名以上の獣医師の研修をおこなった実績のある方で、日々進展していく新しい獣医学を取り入れるとともに、獣医学の基本をおさえた上での技術の熟練を大切にされていらっしゃいます。また「中山獣医科病院」では毎年学会に珍しい症例、難解な症例、新しい診断法、新しい治療法、新しい発見、獣医医療の発明などを発表していらっしゃいます。

診察対象動物は犬と猫で、診察内容は歯と口腔系疾患、眼科系疾患、皮膚系疾患、脳・神経系疾患、循環器系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、肝・すい臓系疾患、腎・泌尿器系疾患、内分泌代謝系疾患、血液・免疫系疾患、筋肉系疾患、整形外科系疾患、耳系疾患、生殖器系疾患、感染症系疾患、寄生虫、腫瘍・癌、中毒、心の病気、けがなど多岐に渡ります。なかでも椎間板ヘルニア、骨折、膝蓋骨脱臼などの整形外科系疾患に力を入れていらっしゃいます。

診療時間

午前:9:30~12:00午後:16:00~19:00

日曜日・祝祭日:午前:10:00~12:00午後:14:00~17:00

休診日:木曜日

アクセス

住所:奈良県奈良市南袋町6-1

電話番号:0742-25-0007

駐車場:10台(提携コインパーキングあり)

ホームページ:http://www.nara-nakayamavet.com/

吉田動物病院グループ

特徴

「吉田動物病院」「きづ川動物病院」「奈良動物医療センター」の3つの病院を開設している動物病院グループです。「吉田動物病院」と「きづ川動物病院」ではホームドクターとして主に1次医療の提供をおこなっていらっしゃいましたが、日々進歩する獣医療に対応するには施設そのものに限界が近づいているという考えから、2013年に高度な医療に対応することができる「奈良動物医療センター」を開院されました。

「奈良動物医療センター」ではCTなど高度な医療機器を備え、高度診療、夜間診療、介護リハビリ診療の3つを軸とした治療をおこなっており、吉田動物病院グループの基幹病院の役割を果たしています。また3つの病院では共通の電子カルテを使用しており、どの病院にかかってもスムーズに治療を受けることができるようになっています。

奈良動物医療センター

診察時間:午前9:00~12:00午後17:00~20:00

予約診療時間:14:00~16:00

夜間診療:21:00~23:00

住所:奈良県奈良市鶴舞東町2-6

電話番号:0742-48-4111

駐車場:40台

ホームページ:http://www.yoshida-vets.com/center/

吉田動物病院

診療時間:9:30~12:30午後:15:00~19:00(完全予約制)

休診日:木曜日・日曜日・祝祭日

住所:奈良県奈良市西登美ヶ丘3-22-7

電話番号:0742-44-4111

駐車場:15台

ホームページ:http://www.yoshida-vets.com/yoshida/

きづ動物病院

診療時間:9:30~12:30午後17:00~20:00

休診日:月曜日・日曜祝祭日午後

住所:京都府相楽郡精華町山田下川原11-1-101

電話番号:0774-71-9580

ホームページ:http://www.yoshida-vets.com/kizugawa/

素材the-syringe-1291127_640

小鳥と小動物の病院

特徴

2004年4月に開院した病院で、小鳥、ウサギ、ハムスター、モルモット、フェレット、犬、猫、爬虫類など小動物を中心に診察をおこなっていらっしゃる病院です。小動物の治療には普段の様子や餌などの情報を飼い主から詳しく聞くことが重要と考え、1頭ずつ時間をかけて診察がおこなえるよう、2013年から完全予約制となりました。

小動物の場合はなかなか受け入れてくれる病院がなかったり、何をしてあげればよいのかわからず悩んでしまう飼い主が多いことを考え、小動物の具合が悪い時に飼い主が悩まずに来院できるような病院となるよう心がけていらっしゃいます。

診療時間

午前:8:30~13:00午後:15:00~18:00

休診日:月曜日・日曜日・祝祭日

アクセス

住所:奈良県奈良市あやめ池南3-2-23

電話番号:0742-43-1463

駐車場:5台

ホームページ:http://www.nara-kotori.com/

あや動物病院

特徴

ペットと飼い主に安心と心地よさを提供したいとの思いから、豊かな木と緑にあふれた南国リゾートをイメージした外観と、リラックスできる空間づくりを心がけていらっしゃる病院です。予防医療、一般診療の他にCTなどを導入した高度医療の提供もおこなうことができ、幅広く飼い主のニーズに合せた医療の提供をおこなっていらっしゃいます。

循環器と眼科については専門医による専門的な診療を受けることができ、特に眼科は月に2回、眼科専門医による治療が受けられる眼科専門診察日を設けていらっしゃいます。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、鳥となっており、以外の動物についても電話などで相談に応じてくださいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:17:00~20:00

休診日:日曜祝祭日午後

アクセス

住所:奈良県奈良市藤ノ木台4-1-17

電話番号:0742-41-8257

駐車場:11台

ホームページ:http://www.aya-ah.com/

shutterstock_48967795

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。