2016年6月24日更新

評判のよいおすすめの青森県の動物病院4選

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は青森県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

評判のよいおすすめの青森県の動物病院

こなか動物病院

特徴

平成元年に開院した病院で、「病気で苦しんでいる小さな命のために、早期発見、早期治療が治るための一番の早道」との思いで治療にあたっていらっしゃる病院です。また完治の難しい病気の場合は獣医師の技量、ペットの体力と気力、飼い主の観察力とやる気の3つの力が備わることが、治療をよい方向へと導くと考えていらっしゃいます。

CTや酵素カプセルなどの最新の獣医療機器を完備されており、1次医療だけでなくより高度な医療の提供をおこなうことができる病院になっています。また「青森どうぶつ眼科センター」が併設されており、光を失わないための専門的な眼科医療に対応できるよう力を注いでいらっしゃいます。

診療対象動物は犬、猫、鳥、その他小動物となっています。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:14:00~15:00/17:00~19:00
(日曜・祝祭日のみ午後は14:00~17:00・電話予約要)

手術時間:月曜~金曜:15:00~17:00

アクセス

住所:青森県青森市西大野4-10-5

電話番号:017-729-2195

駐車場:あり

ホームページ:http://konaka-ah.com/index.php/page/innnai

横田動物病院

特徴

「家族の一員である動物と人の幸せな生活のために!」とホームページにあるように、ペットと人が幸せに暮らすためには、ペットが健康であることが1番大切であると考えていらっしゃる病院です。

総合的なペットのケアを考えていらっしゃり、日々のペットの健康管理として健康診断、予防医療、行動治療などを提供してくださるほか、病気の治療に対しては一般診療いがいに総合医療としてホメオパシー、鍼灸レーザー治療、ジョモセラピー、フラワーエッセンスを取り入れたヘルスケアもおこなっていらっしゃいます。

診療時間

午前:8:30~13:30午後:16:00~20:00

休診日:木曜日・祝祭日

アクセス

住所:青森県青森市浜館2-13-12

電話番号:017-742-6515

駐車場:あり

ホームページ:http://www.yokota-ah.com/index.html

shutterstock_177695105

さくら動物病院

特徴

弘前市に長く愛される桜のように、地域に根差したホームドクターとして長く愛される病院となるようにとの思いで「さくら動物病院」と名付けられたそうです。「思いやりの気持ち」「しっかりとした説明」「常に最新の知識、技術を吸収」「地域に貢献」を大切にしていらっしゃる病院です。

同じ病気でも家庭環境などによって受けられる治療が異なることから、治療方法は1つではないとの考えに基づき、飼い主と相談しながらペットの状況や家庭の環境に応じたベストの治療を一緒に考える姿勢で治療をおこなってくださいます。

診療対象動物は犬と猫で、地域のホームドクターとして主に1次医療の提供をおこなっていらっしゃいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:16:00~20:00(土曜日のみ18:00まで)

休診日:木曜日・日曜祝祭日午後

アクセス

住所:青森県弘前市大字神田4-4-2

電話番号:0172-55-0766

駐車場:あり

ホームページ:http://www.sugar-ac.com/index.html

あっぷる獣医科病院

特徴

2016年5月に新築された病院です。新しい病院では通常の待合室の他に個室の待合室が新設され、臆病なペットやエキゾティックアニマルの患者が利用できるようになっています。

診療においては犬や猫の診療だけでなく、エキゾティックアニマルの診療にも力を入れていらっしゃり、特に鳥の診察及設備の充実に努めていらっしゃいます。また食事を工夫することが家族と共に楽しく生活することにつながっていくとの考えから、予防医療の一環として食事指導にも力を入れていらしゃいます。

診療対象動物は犬、猫、セキセイインコや文鳥をはじめとする鳥類、ウサギ、フェレット、ハムスター、チンチラ、モルモット、デグー、ジリス、プレーリードッグ、リス、ハリネズミ、フクロモモンガなど幅広く対応してくださいます。

診療時間

月曜日~金曜日:8:00~20:00

土曜日:8:00~17:00

日曜日・祝祭日:8:00~12:00

アクセス

住所:青森県青森市千刈1-13-7

電話番号:017-766-0506

駐車場:あり

ホームページ:http://www.apple-vet3.jp/

Siamese cat in a collar

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

岐阜で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】予防したい、愛犬の腰痛。日頃から実践できる椎間板ヘルニアの予防方法

愛犬が歳をとるにつれて気になってくることのひとつに腰痛があります。 犬の体は腰に負担がかかりやすいつくりになっています。飼い主さんが日々の生活の中で気を配り、愛犬が歳をとっても元気に歩……

犬の食事の基礎

評判のよいおすすめの愛媛県の動物病院5選

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。 そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せで……

犬の動物病院

【岩手】犬猫の骨折に強い動物病院10選

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっ……

犬の歩き方の変化や異常

評判のよいおすすめの長崎県の動物病院5選

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。 そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せで……

犬の動物病院