2016年7月13日更新

評判のよいおすすめの宮崎県の動物病院4選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は宮崎県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

 

評判のよいおすすめの宮崎県の動物病院

篠原動物病院

特徴

言葉を話すことができないペット達に代わって治療の方針を決めていく飼い主と、信頼関係を築くことを第1に考えていらっしゃる病院です。インフォームドコンセンを大切に考え、治療の方針や健康管理の不安など飼い主の言葉に耳を傾けることを心がけていらっしゃいます。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、鳥類、ハムスター、カメ、イグアナ、チンチラ、その他エキゾチックアニマル全般と幅広く対応してくださいます。

なかでもウサギやハムスター、フェレットなどの小動物の治療を積極的におこなっていらっしゃる病院で、カメの結石手術やフェレットの腫瘍、癌、副腎腫瘍手術など多くの症例を手掛けていらっしゃいます。

診療時間

午前:9:30~12:00午後:16:30~19:00

休診日:水曜日・日曜祝祭日午後

アクセス

住所:宮崎県宮崎市清水3-5-4

電話番号:0985-26-1136

駐車場:5台

ホームページ:http://sac.9syu.net/index.htm

玉田動物病院

特徴

1997年に現在の場所に新築移転をした病院です。治療は常に「動物本位の治療」であるべきとの考えから、ペットの立場に立った優しい治療であることを優先した治療方針の提案をおこなってくださいます。最新の技術や機器を取り入れるとともに、漢方薬などの体に優しい治療の活用もおこなっていらっしゃいます。また不要な投薬や検査をおこなわないよう心掛けていらっしゃいます。

診療料金についても明確化を心がけていらっしゃり、使用する薬剤や機器、検査など関わる費用について1つ1つ明確な単価票を使用して誰が計算しても同じ料金になるような制度をとっていらっしゃいます。

診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモットなどの小動物となっています。

診療時間

午前:8:30~12:00午後:14:00~18:30(土曜日・祝祭日のみ17:00まで)

休診日:日曜日

アクセス

住所:宮崎県宮崎市花ヶ島町水町1847-1

電話番号:0985-28-3055

駐車場:あり

ホームページ:http://www.face.ne.jp/tamadaah/

素材_shutterstock_184436069

綾部動物病院・神宮本院

特徴

前身は明治35年に現在の宮崎神宮の北側境内にあった「綾部家畜医院」で、当時は牛や馬などの大動物の診療を主に行っていらっしゃいました。その後の大正・昭和の時代は「綾部獣医療科病院」として、牛や馬などの大動物の他に犬や猫の小動物も診ることができる病院として診療をおこなっていらっしゃった歴史のある病院になります。

現在は大動物の診療はおこなっておらず、犬、猫、ウサギ、ハムスター等の小動物のみの診察をおこなっていらっしゃいます。

治療のコンセプトは飼い主のあらゆる要望に応えることで、ペットの健康管理、しつけ、衛生管理など、病気やケガの治療だけでなくペットに対する総合的なサービスを提供してくださいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:14:00~18:00(土曜日のみ17:00まで)

休診日:水曜日・祝祭日・日曜午後

アクセス

住所:宮崎県宮崎市神宮町461-3

電話番号:0985-22-8584

駐車場:あり

ホームページ:http://www.ayabe-ah.com/jingu/

綾部動物病院・赤絵分院

特徴

上で紹介した「綾部動物病院・神宮本院」の分院として、2009年8月に開院した病院です。「綾部動物病院・神宮本院」と同様にペットに対する総合的なサービスの提供をおこなってくださる病院で、病気やケガの治療だけでなくトリミングやしつけ教室などもおこなっていらっしゃいます。

地域に親しまれ笑顔あふれる病院を目指し、飼い主1人1人ペット1頭1頭にしっかりと向き合った治療・診療を心がけていらっしゃいます。診療にあたっては「綾部動物病院・神宮本院」、「綾部動物病院・大塚分院」とも連携しておこなっていらっしゃいます。またより高度な検査や治療が提供できるように、宮崎大学農学部付属動物病院との動物医療ネットワークに協力していらっしゃいます。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:14:00~18:00(土曜日のみ17:00まで)

休診日:水曜日・祝祭日・日曜午後

アクセス

住所:宮崎県宮崎市大字恒久752-17

電話番号:0985-63-5060

駐車場:あり

ホームページ:http://www.ayabe-ah.com/akae/

素材_shutterstock_300266429

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード