2016年7月7日更新

ドッグマッサージのプロ直伝!夏のメディカルアロマケア

高橋 佐奈



ドッグケア

ドッグマッサージサロン&School kukulu* 代表。 愛犬をきっかけに犬のホリスティックケアという世界を知り、ドッグマッサージ、犬の介護・リハビリについて学ぶ。 犬の心も身体も「楽」になってほしいという想いで「緩めるドッグマッサージ・犬のエクササイズ・メディカルアロマ」を取り入れたサロンをスタート。 毎日愛犬と過ごすご家族ができるケアをセミナーではお伝えしています。

 

夏本番!
サンサンと輝く太陽の下、紫外線も強くなり飼い主さんのお肌や、犬の被毛や皮膚への刺激も強くなります。
そんなダメージを受けたボディケアとして、人にも犬にも優しい素材のみで作るメディカルアロマウォーターをとり入れてみるのはいかがでしょうか。植物がもつそれぞれの薬理成分から、用途にあわせて精油を変えることでいろいろな活用ができます。
今回は、飼い主さん用と、犬と飼い主さんが一緒に使えるアロマウォーターをご紹介します。

 

夏に使えるメディカルアロマレシピ


夏は外に行ける時間も限られ、運動不足気味になる犬も多くなります。

メディカルアロマとマッサージの相乗効果で、犬の運動&ストレス解消にも活用できる、夏におすすめのメディカルアロマを使用したボディケアレシピをご紹介します。

気になる汗の臭いと気分をすっきりさせるデオドラント風ウォーター(人用)

お出かけ前やスポーツの前、汗を掻く部分に使用します。ペパーミントの冷却作用で清涼感もあります。また抗菌作用もあり肌を清潔に保つことができます。スプレーとしてもご使用いただけます。
保管期間は2週間です。

使用する基材

  • ハイブリッドオイル(2ml)
  • 精油 ラベンダーアングスティフォリア(3滴)ペパーミント(1滴)
  • 容器
  • 水道水(100ml)

ペパーミントは体を冷やす作用があるため、使用滴数は増やさないようにしましょう

紫外線を受けた犬の被毛や皮膚・飼い主さんの肌のケアに(犬・人用)

紫外線を受けた犬の被毛のパサつきや皮膚のダメージ、日焼けでほてった飼い主さんのお肌の炎症を和らげます。冷蔵庫に入れて保管する事で冷えて気持ちがよく、保存もききます。

保管期間は2週間で、犬のブラッシングにも使用できます。

使用する基材

  • 100mlの容器
  • ハイブリッドオイル 2ml
  • 精油 ラベンダーアングスティフォリア(3滴)
  • お水(水道水)100ml

クーラーなどによる乾燥したお肌には、グリセリンを10mlほど追加することで保湿効果を持たせることができます。その場合、使用するお水は90mlに減らしてください。(人用)

アロマスプレー・ウォーターの作り方(共通)

  1. 基材・容器を準備します。
    3
  2. 容器にハイブリッドオイルを入れます。
    4
  3. 容器に精油を入れます。
    (精油の種類によっては一気にでてくるものもあるので、ゆっくりボトルを傾けます。)
    5
  4. お水を入れます。
    (ハイブリッドオイルが入っているため、お水が白くなります)
    6
  5. 容器の蓋をして、中身をなじませるようにボトルを振ります。
    7
  6. 完成です。
    8

シールに作成日と使用した精油を記載して貼付すれば使用期限もわかりやすくなります。

注意事項

  • 使用する時はスプレーボトルをよく振ってください。
  • 犬の目や鼻に直接かからないように注意してください。
  • スプレーが苦手な犬は、手になじませてから犬の身体をなでるように使用してください。
  • 香りなどを犬が嫌がる場合は、無理して使用しないでください。
  • 使用期間は2週間程度です。

精油の成分ご紹介

安全にペットアロマを使用するには、精油の成分を知っていることが不可欠です。

ラベンダーアングスティフォリア

主な成分

  • エステル類(酢酸リナリル40-50%)
  • モノテルペンアルコール類(リナロール30-45%)

ラベンダー1つにしてもいくつか種類があります。
今回ご紹介したレシピでは、ラベンダーアングスティフォリアを使用してください。
鎮静作用や抗菌作用に優れていて、肌刺激なども殆どなくどなたにも使用できる優しい精油です。

ペパーミント

主な成分

  • モノテルペンアルコール類(メントール35-50%)
  • ケトン類(メントン15-30%)

清涼感と甘さを併せ持ち、爽快感では代表的な香りです。リラックス・リフレッシュともにオススメです。冷却作用があるため少量での使用をオススメします。

ドッグアロマ使用材料参考ページ

精油(プラナロム社)http://www.pranarom.co.jp
メディカルアロマテラピー協会HP http://www.jmaa-aroma.com/index.php

まとめ

ペットのアロマは危険というお話もありますが、正しい知識と正しい使用方法で安全にご使用いただけるものです。
また、材料に何が使われているのかわからないものを犬に使用するよりも、材料がわかっている方が、飼い主さんも安心ですし犬へのストレスも軽減されます。

全てをアロマで!ということではなく、必要なところに必要なものを使用してアロマ生活を楽しんでいただければという思いで、ペットアロマをお伝えさせていただいています。

※今回ご紹介したペットアロマは犬限定です。犬以外のペットには使用しないでください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード