2016年8月2日更新

犬とドライブ!知っておきたい道交法

これからの季節、ワンちゃんと一緒のお出かけが増えてきますね。

楽しいイベントもあちこちで開催されていて、愛犬家の移動は車が主流かと思われます。

車中の楽しみ方もそれぞれですが、一つ間違うと道路交通法に触れる犬とのドライブもあるのを知ってますか?

運転手の膝の上でドライブ

素材dog-165210_640
車に乗ると真っ先に運転手の膝の上に飛び乗るトイプーちゃんを見かけたことがあります。

とても可愛らしい光景にも見えますが、実は道路交通法違反になるんです。

【道路交通法第55条 2項】車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

違反点数1点 罰金6千円
逮捕者も出ています!

〈愛犬を膝の上に乗せて運転した容疑で逮捕〉
小型犬のトイプードルを膝の上に乗せて運転していたとして、山口県警周南署は3日、 自営業の男を道路交通法違反(乗車積載方法違反)容疑で現行犯逮捕した。男は「助手席に乗せていた」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は、同日午前11時35分ごろ、同市桜馬場通2の県道で、愛犬のトイプードル(体長50センチ、高さ40センチ)を抱きかかえるように膝の上に乗せ、視野などを妨げた状態で軽乗用車を運転したとしている。
交差点で右折しようとした巡回中のパトカーが対向してきた男の車とすれ違った後に追尾し停車させた。周南署は「運転免許証を提示せず、逃走の恐れがあったため逮捕した」と話している。
道交法では、運転者の視野やハンドル操作を妨げるなど安全確認が十分できないような運転を禁止している。

毎日新聞より引用

風をきる犬

素材dog-1149964_640
「風になりたいワン!」て感じで、窓から気持ちよさそうに顔を出してる犬もよく見かけますね。

車酔いをする犬も多いので、外の空気を吸わせてあげようという飼い主さんの配慮だと思いますが、これも違反だったんですね!

【道路交通法】第4章 運転者及び使用者の義務 第1節 運転者の義務
(安全運転の義務)第70条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

違反点数2点 罰金9千円

こんな事故も起きています

  • 運転手の膝の上にいた犬がエアバックに潰され死亡
  • ドアに足を掛けたらウインドウボタンを押してしまい、ビックリして窓から飛び出して後続車に引かれる。
  • 急ブレーキを踏んだら、犬がフロントガラスに吹っ飛んで骨折。
  • 窓から顔を出した大型犬に驚き、横を通り過ぎたバイクが転倒事故。
  • ハンドルに手をついた犬がクラクションを鳴らしてしまい、前の車とトラブル。

愛犬家がしなければいけないこと

  • 日頃からクレートトレーニングをして安全に移動できる手段をとりましょう。
  • クレートが苦手なワンちゃんには、犬用シートベルトなどで必ず安全策をとりましょう。
  • こまめに休憩を取り新鮮な空気でリフレッシュさせてあげましょう。
  • 目的地に着いたら、思いっきり遊んであげましょう!

素材surf-1251360_640
犬の命を守れるのは飼い主しかいません。

まずは何があっても安全第一でなければなりませんので、車中では住み分けをしましょう

犬に気を取られてハンドルの誤操作で楽しいお出かけが大惨事になってはしょうがありませんからね。

楽しいお出かけを!

大塚 建司



ドッグトレーナー

犬の食と住をサポートするZUTTO DOGを設立。難しい言葉は使わない分かりやすくユーモアあるアドバイスをモットーに情報を提供。小型犬から大型犬まで数多くの引き出しを持ち、人と犬とが楽しく豊かな暮らしになるPartner trainingを推奨。数十頭の犬達と自然を楽しむカヌーやトレッキングツアーを開催するZUTTO DOG Outdoor Serviceも提供している。「犬と一生一緒宣言」

ZUTTO DOG
フードショップ
Facebook

関連記事

犬とドライブ!知っておきたい道交法

これからの季節、ワンちゃんと一緒のお出かけが増えてきますね。 楽しいイベントもあちこちで開催されていて、愛犬家の移動は車が主流かと思われます。 車中の楽しみ方もそれぞれですが……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】知らない犬に咬まれてケガをしたら?

あなたが街中を歩いているとき、目の前から犬がやってきたとします。普通であればそのまま通り過ぎると思うのですが、そのときに犬が何らかのキッカケで興奮状態だった場合、もしかするとその犬があなたに……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】賃貸住宅でペットをベランダに出してもOK?考えられるトラブルとその対処法

近年ペット飼育を可とする賃貸住宅が増えてきています。ペットは共に生活していく家族の一員であると捉え、ペット共生賃貸住宅と表現されるところも見られます。当初からペット飼育可や専用とする物件や、……

犬の法律

知ってるようで知らないペットを守る「改正動物愛護法」を巡る主な出来事

2016年。今年は「改正動物愛護法」が施行されて3年目だって知っていましたか? そもそも「改正動物愛護法」って何?という方も多いのかも知れません。 この法律は、「ペットの命を守る……

犬の動物愛護

【動物法務のプロが解説】ペットを飼っている場合の原状回復ってどこまで?

賃貸住宅でペットを飼っていれば、ペットによる物件への汚れや傷をつけた場合など、退去する時の原状回復が気になる方は多いかと思います。何か特別な注意が必要なの?ペットを飼っている場合の原状回復っ……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペット不可の賃貸住宅で犬猫を飼育したらどうなる?

ペットと暮らせる賃貸住宅は、入居者がペットと一緒に暮らしたいとのニーズもあり、増えてきてはいるものの、まだまだ十分な数があるとは言えません。またマンション、アパート等集合住宅では、賃貸借契約……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬猫を飼っていることで嫌がらせを受けている…どうすればいい?

ペットブームといわれて久しいところですが、数年以上前と比べて飼い主さんのマナーが向上し、モラルが浸透してきているとは思われます。何より、犬・猫を家族同様に接していることの現われだといえるでし……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬同士のトラブル・追いかけられて犬がケガをした

ペットは命ある存在であり、思わぬ行動に出ることもあります。犬が他の犬に追いかけられてケガをするという犬同士のトラブルが起きることもあり得ます。そういった場合に法的にはどうなるでしょうか?民法……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペット可賃貸住宅で犬猫が苦手な人に文句を言われてしまったら…

ペット飼育可の賃貸住宅でも、賃借人のなかには様々な事情からペットを飼育していない方、あるいは、犬猫が苦手な方が入室していることも考えられます。多数の人々が同じ建物で暮らす集合住宅では、ちょっ……

犬の法律

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動をしています

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動 9月23日(金曜日)に多くの国会議員の前で「ペット同伴避難所の必要性」を講演することになった すごーいでしょ(^○^)何がすごい……

犬のニュース

【動物法務のプロが解説】犬同士がケンカをしてケガをした/させた

犬は日頃からしつけをしていても、性格や相性の問題というものがどうしてもありますので、散歩ですれ違ってもまったく気にしない場合もあれば、遠くからでも声や姿に反応して興奮状態になる場合もあります……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】多頭飼育禁止の賃貸住宅で多頭飼育をしていたらどうなる?

体が小さくスペースもとらない小型犬や超小型犬、また猫の飼育者の増加などもあり、賃貸住宅での多頭飼育の飼い主さんも今では珍しくありません。しかし、いくらペットと暮らせる賃貸住宅であっても、頭数……

犬の法律

犬が大好きな人でも意外と知らない?!犬の雑学 5選

飼い主さんなら毎日身近なところにいる家族のような犬ですが、調べてみると意外な事実がたくさんあります。そこで今回は、まだあまり知られていない犬の体の秘密、犬の歴史、ギネスに登録されている犬など……

犬の雑学

飼っている犬や猫に自分の財産を残すことはできる?ペットに遺産相続する方法とは?

2011年「世界で最もお金持ちの猫」としてブラッキーという猫がギネスブックに認定されました。 ブラッキーは映画製作者ベン・リー氏が飼っていた猫でしたが、遺言により彼の死後にその財産のす……

犬の幸せ

ペット信託でペットの未来を守ろう!今話題のペット信託情報まとめ

家族の一員である大切なペット、いつまでも一緒にいたい気持ちは誰しも同じだと思いますが、「自分がいなくなってしまったらペットはどうなるだろう…」と不安を感じる方も多いのではないでしょうか? ……

犬の幸せ