2016年8月9日更新

【ドックトレーナーが解説】シットステイ と ダウンステイ

今日はシットステイとダウンステイについて少々。

犬を飼い始めた時、最初に教えるのがシットで、それからダウンですね。

シット・・・前2足立ちでお尻を床につけた姿勢
imasia_12250623_S_02

ダウン・・・シットの姿勢から前足を伸ばし、お腹が床についた状態
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それではこれらの姿勢
スタンド(立つ)→ シット(座る)→ ダウン(伏せる)

何かお気づきでしょうか?
ピン!ときた人はすごいです

正解は
4足 → 2足 → 0足

これはステイ(待て)の順位にもつながります。

  • スタンドの4足立ちは、すぐにでも走り出せる姿勢なのでステイは難しいです。
  • シットの2足はお尻が床についてるので短時間の待てに向いていますが、いつでも走り出す準備はできています。
  • ダウンは0足なので長時間待たせることに向いていて、最も動き出しづらい姿勢です。また、犬にとって吠えづらい姿勢でもあります。

ステイは正確にいつでもできることがとっても重要で、シットステイとダウンステイを使い分けることで、生活の中でのいろいろなシチュエーションの抑制につながります。

  • インターホンなどへの無駄吠え
  • 来客時の飛びつき
  • 玄関からの飛び出し
  • 散歩時の立ち話のとき
  • ドッグラン、カフェでの待機時…などなど

imasia_7959124_S

教え方は、まず正確な姿勢のシットとダウンを教えます。
その次にステイにつなげていきます。オヤツを前に置いて待たせたりするのは皆さんやられてると思いますが、ステイはどのような状況でも待っていられなければなりません。時間と距離を伸ばしたり、オヤツを違う方向に投げてみたり、犬は背後を取られるのを嫌がるので手を叩きながら犬の周りを回ってみたり、ドタドタ走ってみたり、ピンポンを鳴らしてみたり、いろいろな刺激を加えてあげることでステイが上手にできるようになります。

まずは室内でステイを見直してみてはいかがでしょうか?

大塚 建司



ドッグトレーナー

犬の食と住をサポートするZUTTO DOGを設立。難しい言葉は使わない分かりやすくユーモアあるアドバイスをモットーに情報を提供。小型犬から大型犬まで数多くの引き出しを持ち、人と犬とが楽しく豊かな暮らしになるPartner trainingを推奨。数十頭の犬達と自然を楽しむカヌーやトレッキングツアーを開催するZUTTO DOG Outdoor Serviceも提供している。「犬と一生一緒宣言」

ZUTTO DOG
フードショップ
Facebook

関連記事

【ドックトレーナーが解説】シットステイ と ダウンステイ

今日はシットステイとダウンステイについて少々。 犬を飼い始めた時、最初に教えるのがシットで、それからダウンですね。 シット・・・前2足立ちでお尻を床につけた姿勢 ダウ……

犬の伏せのしつけ

ドッグカフェ初心者の方必見! 知らないと損をする5つのルール

テレビや雑誌でドッグカフェなどの特集をされることが近年多くなっています。実際、都市部を中心にドッグカフェやペット同伴可なレストランなども増加傾向にあるようです。 愛犬と一緒に行ってみたい!……

犬のしつけの基礎

周囲の人に迷惑をかけない。飲食店で犬の同伴する時のルール・マナー

愛犬家にとって嬉しいことに最近は犬と一緒に行けるカフェやレストランが少しずつ増えてきました。 昔は店の外に愛犬を繋いだり、家で留守番させざるを得なかった食事の時間を愛犬と楽しめるように……

犬との旅行