2016年7月12日更新

【動物看護師が解説】猫のサマーカットのメリット・デメリット

 
 

今年も暑い夏がやってきますね。猫を飼っているみなさんは、愛猫の暑さ対策はどんなことをしていますか?ひんやりマットを敷いてみたり、一日中冷房や扇風機をつけてみたり、言葉を話さない猫を気遣うのは非常に大変ですよね。特に長毛の猫を飼っている飼い主さんは、夏に毛を刈るか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで、今回は猫のサマーカットのメリット、デメリットについてまとめましたので、参考にしてみてください。もちろん毛刈りは長毛の猫だけに限ったことではありませんので、短毛の猫を飼っている飼い主さんも参考にしてみてくださいね。


猫も衣替えをする

猫は年中同じ毛を蓄えていると思いがちですが、実は季節ごとに人間のように衣替えをしているのです。

猫の毛には夏毛と冬毛があり、夏毛は冬毛よりも通気性がよく涼しく感じられるようになっています。とはいえ、完璧に暑さを感じないわけではありません。このところ年々と暑さが増していますので、夏毛に生え変わったとしても何らかの暑さ対策は必要だと言えそうです。

その対策の1つとして挙がるのが、毛を短く切る、もしくは刈り取る、サマーカットです。では、サマーカットのメリットとデメリットをご紹介しましょう。


サマーカットのメリット

涼しい

一番のメリットはやはり、涼しいということです。毛を完全に刈り取らなくても、短くすることによって通気性がぐんと上がり、涼しく感じる事が出来るでしょう。

 
 

動物看護士/トリマー