愛犬との信頼関係を強くする遊び方とは?

皆さんは普段、犬とどのように遊んでいますか?おもちゃやタオルなど様々なおもちゃを使っているでしょう。
犬とコミュニケーションを取ることができる“遊び”ですが、その遊び方次第で犬との信頼関係を強くすることができます。
今回は遊びを通して犬との信頼関係を築いていく方法を紹介します。

 

犬との“遊び”でできること

犬と飼い主が一緒に遊ぶことの効果を紹介します。
一つ目はコミュニケーション。犬は飼い主と一緒に過ごすことが大好きなので、“一緒に遊ぶ”という状況はとても幸せな時間です。幸せを感じることで犬のストレス発散にもなります。
二つ目は信頼関係を築くこと。犬が安心して生活できるためには、明確なリーダーが必要です。飼い主は、そのリーダーにならなくてはなりません。犬が飼い主をリーダーと認める為には「信頼関係」が必要です。そしてこの信頼関係は「遊び」を通して築くことができます。

 

信頼関係を築くために効果的な遊び方とは

投げたおもちゃを取ってくるにせよ、タオルを引っ張り合うにせよ、遊びには必ず「勝ち・負け」があります。どんな場面でも犬が「飼い主には敵わないな」と思わなければ、飼い主はリーダーとして認められません。
また、遊びは常に『飼い主が始めて、飼い主が終わらせること』が大切です。そこで、必ず遊びを始める時には「おすわり」「まて」を犬に指示してからおもちゃを与えます。ひとしきり遊び、終わる時には、必ず飼い主がそのおもちゃを取り上げ、犬の見えないところに片付けましょう。

 

“ちょうだい”を教えよう

「ちょうだい」とは、犬がくわえているものを離す動作のことで、犬の所有欲を抑制することもできる便利な指示です。
おもちゃを気に入って、いつまでも離さない犬の姿は愛らしいですが、このとき犬の中には「所有欲」が芽生えています。所有欲を上手にコントロールできない犬は、自分が所有しているものを奪われそうになると、相手が飼い主であっても牙をむくことがあります。また、所有欲の対象がぬいぐるみ以外のものにも拡大し、それらを守るために常に神経をぴりぴりさせた状態になってしまうため、犬自身も疲れてしまいます。

ではどのように“ちょうだい”を教えればいいでしょう?
毎回おもちゃを犬から取り上げるときに“ちょうだい”と声をかけます。少しでも噛む力が緩んだらよくほめ、少し強引にでも取り返します。これを毎回繰り返すだけで、“ちょうだい”を学習します。
すでにおもちゃに対して所有欲がある場合は、“ちょうだい”と言いながらおやつを犬の鼻先に持っていきます。そこでおもちゃを離したらよく褒めて、おやつを与えましょう。

 

大切なのは“飼い主のペースで遊ぶ事”

遊ぶ時に大切なのは、犬のペースに合わせないことです。犬が「まだもう少し遊びたい!」と思うくらいでやめることで、犬は飼い主に夢中になり、飼い主と遊ぶ事が特別に好きになるでしょう。
犬が遊びたいときに遊び、犬が遊び飽きたら終わるようでは、遊びのリーダーは完全に犬になってしまいます。

たかが遊びでも、一回でもリーダーになった犬は、飼い主を守るために“強さ”をアピールするようになります。たとえば、散歩中にぐいぐい引っ張ったり、来客があるたびに警戒して激しく吠えたり。どちらもリーダーとして犬が飼い主を守ろうとする行動なのですが、これでは飼い主も犬も生活しづらいですね。

だからこそ、遊ぶ時のささいな行動から飼い主がしっかりと犬をリードしていきましょう。

関連記事