2016年7月8日更新

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質

性格


ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬です。

テリアとして狩猟犬だった血統ということもあり、リーダーにとても忠実な面を持っています。しかし、甘やかしてしまうと、頑固な面や気性の荒さが際立ってしまうこともあり、しつけがとても大切になります。

社交的な面を持っていますので、しっかりとしつけをすれば、家族と思いっきり遊ぶことも大好きで、やんちゃな面を見せてくれます。ただし、独立心も強い為、子どもと遊ぶことがあまり好きではないことも多く、どちらかというと番犬向きになります。

また、小動物に対しても、狩猟本能で追いかけてしまうことがあるので、注意が必要です。

好奇心旺盛な犬種ですので、コミュニケーションをたっぷりとってあげることが必要になります。しつけは難しいとされている為、時間がかかり、根気よく続ける必要がありますが、関係性が出来上がると、とてもいいパートナーになってくれます。

性質


ウエストハイランドホワイトテリアは、その真っ白な被毛が特徴的です。

固くて密集したダブルコートですので、手入れをしっかりと行う必要があります。また、小型犬でありながらも、もともとは狩猟犬だったこともあり、鋭い歯と頑丈な顎を持っています。しつけを子犬の頃からしっかり行わないと、吠え癖や噛み癖につながってしまいますので、注意しましょう。

白い被毛の為、涙やけや耳の先の毛の日焼けなど、毛の変色には注意してあげたいものです。定期的なブラッシングと共に、被毛や皮膚の状態のチェックも行うようにしましょう。トリミング自体はそんなに頻繁にはいりませんが、シャンプーは月に1回は行い、日ごろから汚れが気になる時は体を拭くなど、丁寧に手入れをする必要があります

テリアの血が入っており、狩猟本能もありますので、小型犬でかわいらしい姿をしていますが、よい事と悪いことをしっかりと区別し、メリハリのあるしつけが必要になってきます。甘やかしやストレスによって攻撃性が出てこないように、適度な運動とトレーニングをしっかり行うようにしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアの飼育の注意点

室内環境

ウエストハイランドホワイトテリアは、もともとスコットランド原産の犬種の為、寒さには比較的強いですが、暑さには弱いと言われています。特に湿度の高くなる日本の夏は、ウエストハイランドホワイトテリアにとってつらいものですので、室温管理には十分注意しましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアの被毛は固くて密集したダブルコートになっているため、熱がこもりやすく熱中症に注意しなくてはいけません。夏の暑い日には、冷房をつけて室温が上がらないようにしましょう。室温は23~25℃ほどに設定しておき、人間も快適に過ごすことができる温度がよいといえます。また、サークルやベッド周りに冷感マットなどを利用して、涼める場所を作っておくことが大切になります。

冬は、必要に応じてペット用ヒーターや毛布などを使って、ベッド周りを暖めてあげるとよいでしょう。冬も人間が快適に過ごせる温度で問題はありませんが、乾燥はウイルスの蔓延や被毛の乾燥につながります。加湿器などを使って適度な湿度を保つようにしましょう。

素材wood-805183_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、小型犬でありながらも、狩猟犬だった犬種らしく、骨格や筋肉、強い顎、全体にがっしりとした体型をしています。しかし、関節を痛める病気にもなりやすく、特に成長段階にある子犬は注意が必要です。

お部屋の中でも遊んでいるうちにジャンプで関節を痛めてしまったり、ボールに夢中になっているうちに滑ってしまうとうこともあります。フローリングにはカーペットやペット専用の滑り止めつきマットを敷く、コルクマットを敷くなどして、関節に負担をかけないようにしましょう。

また、頑固でありながら甘えん坊な性格を持っているウエストハイランドホワイトテリアは、ソファの上で抱っこしてもらったり、そこでくつろぐことを覚えると、結果的に飛び降りる動作が増えてしまいます。始めから、ソファには乗らせないしつけやコマンドを使う、ステップ台やスロープを使うなど年齢に応じて関節に負担をかけすぎないようにしましょう。

家具の配置

素材living-1032733_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、利口で独立心も強い為、リーダーとの関係がとても大切になります。

また、好奇心旺盛な為、お部屋の中で自由に過ごしていると、思わぬいたずらをされてしまったり、危険な事故につながってしまうこともあります。しつけをする面でも、事故防止の面でも、サークルなどを設置して犬のパーソナルスペースを作るとよいでしょう

ウエストハイランドホワイトテリア専用のスペースとして、普段からケージやサークルで過ごす習慣をもつと、来客時や留守番時も安心してその中で過ごさせることができます。目を離さなくいけない時もその中で過ごしていれば飼い主さんも安心です。また、トイレの失敗も少なくて済みますので、しつけもしやすくなります。

サークルの中でゆっくり過ごすことができるように、ベッドやトイレ、食事場所を作っておくとよいでしょう。また、家族とコミュニケーションを取ることが大好きな犬種ですので、リビングなど家族の目が届くところに設置してあげると安心です。ただし、暑さには弱い為、直射日光が当たらないところ、逆に体冷えて体調不良を起こさないようにエアコンの風が直接当たらない場所など、設置場所には十分注意しましょう。

運動

terrier-722643_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、もともと狩猟犬だったので、好奇心旺盛で活発な性格を持っています。その為、運動量が必要な犬種ですので、毎日のお散歩をしっかり行う必要があります。しかし、過度な運動が必要というわけではありませんので、日々の遊びやトレーニングの中で、上手に運動を取りいれていくとよいでしょう。

お散歩は、朝晩1日2回30分くらいずつ行くようにしましょう。遊ぶことが大好きな犬種ですが、骨や筋肉の成長段階である子犬のうちは、運動のやり過ぎには注意しましょう。また、個体差はありますが、脚が短めになりますので、夏の暑い日のお散歩は熱中症に十分注意が必要です。早朝や夕方、日が陰ったタイミングでお散歩に行くようにしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアは、飼い主さんとのコミュニケーションをとても大切にする犬です。運動や遊びが少ないと、あっと言う間にストレスがかかってしまいます。散歩だけでなく、ボール遊びやコマンドを取り入れたトレーニング、他の犬と遊べるドッグランなど、好奇心を掻き立てられる刺激のある運動を取り入れてあげるようにしましょう。

しつけ

dog-1180858_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、利口でありながら頑固な面をもっているので、犬を飼うことが初めての方にはしつけが難しいといわれている犬種でもあります。甘やかしていると、あっというまに立場が逆転してしまいますし、間違った習慣を覚えると直すことが難しくなることもあります。

顎の力が強いウエストハイランドホワイトテリアは、重大な事故につながることもあるので噛み癖をつけないよう注意しなくてはいけません。また、他の犬に対しても気性の荒さが出ると何度も吠えてしまうことがあります。吠え癖もつけないように、注意する必要があります。

基本的なトレーニングとして『スワレ』や『マテ』『フセ』を行い、リーダーとの関係をしっかり築くようにしましょう。ハウスに入れることや、食事のマナーなど、家族のルールとして決めたことに関しては絶対に甘やかさないというメリハリのあるしつけも大切です。しっかりとしつけをすると、独立心が強いウエストハイランドホワイトテリアは、自ら正しい行動をしっかり行うようになり、とても心強いパートナーになってくれるでしょう。

ウエストハイランドホワイトテリアのケア方法

ブラッシング

ウエストハイランドホワイトテリアは、ダブルコートで、固い上毛の下に柔らかい下毛が生えています。抜け毛は少ないですが、皮膚病を起こしやすい犬種でもあるので、皮膚のチェックや新陳代謝を活発化させる為にも、2日に1回程はブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ウエストハイランドホワイトテリアのブラッシングを行う場合は、ピンブラシで毛の流れを整えてあげるとよいでしょう。定期的なトリミングで、すっきりとしたカットスタイルにしてもらうと、もつれや毛玉も少なくて済みます。ピンブラシで皮膚を傷つけないように、優しく毛の流れに沿ってブラッシングしてあげましょう。

口の周りの毛は汚れやすく、毛もからまってしまうことがあります。ブラッシングだけでなく、蒸しタオルで優しく汚れを拭き取り、長い毛がこまめにカットするなどして被毛の手入れをしてあげましょう。ウエストハイランドホワイトテリアは、とても利口ですので、ブラッシングや体の手入れも子犬の頃から行い慣らしておくとよいでしょう。

爪切り

素材clippers-1259000_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、定期的に爪切りを行い、整えておく必要があります。お散歩などで爪が削れていても爪が引っかかって怪我をすることや、肉球に刺さってしまうこともあります。また、爪が地面につくほど伸びてしまうと、歩行姿勢にまで影響してしまうこともありますので、注意しましょう。

爪を伸ばしたままにしておくと、その中に通っている神経や血管まで伸びてしまいます。定期的にチェックして月1回程度は、床に爪がつかない程度までカットするようにしましょう。爪が伸びると、神経や血管まで伸びてしまい、爪切りをした時に痛みと出血が伴います。爪切りが嫌になる原因になってしまいますので、トリミングの際、トリマーさんにお願いし、定期的に切る習慣をつけておきましょう。

子犬の頃から爪切りに慣らしておくことで、自宅で爪切りをすることができるようにもなります。焦って力が入ると、緊張が犬にも伝わってしまい暴れてしまうこともあります。まずは爪切り自体に慣らす為に爪に当てるだけ、そのうちに1本だけ切ってみるなど、徐々に慣らしていくようにするとよいでしょう。

肛門腺絞り

ウエストハイランドホワイトテリアの肛門絞りは月に1回程は習慣にしたいものです。

トリミングが必要な犬種ですので、トリマーさんに定期的にお願いしてもよいでしょう。排便の際に自分で出すこともできますが、小型犬の場合はほとんど分泌液がたまってしまいます。地面にお尻をこするようなしぐさをした時は、絞ってあげるようにしましょう。

肛門腺絞りは自分で行うことができますが、肛門周辺の皮膚はとてもデリケートですので、無理に絞って皮膚を傷つけないよう注意しましょう。人差し指と親指で犬の肛門をつまみ、下から上につまみ出すように絞ると分泌物が出てきます。不安があれば、トリマーさんか獣医師にお願いすると安心です。

自宅で行う場合は、シャンプーの際に一緒に行うとよいでしょう。誰かに手伝ってもらい、姿勢を保持しながら行うと絞りやすくなります。分泌液は、とても臭いので、衣服につかないよう注意し、絞り出した後はお尻を洗ってあげるようにしましょう。

耳掃除

素材west-highland-white-terrier-76286_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、もともとアレルギー性皮膚炎をおこしやすく、それに伴って外耳炎などの耳の病気にもなりやすい犬種です。健康な耳の場合、耳掃除自体は1か月に1回程でよいものですが、耳のチェックは1週間に1度の目安で行い、炎症などが見られた場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

健康な耳の場合、耳掃除は犬用のイヤークリーナーを使って行います。イヤークリーナーを数滴耳の中に垂らし、あとは外から耳を挟んでクチュクチュ音がするのを確認しながらマッサージするようにしていきます。その後、出てくる汚れをコットンなどで優しくふき取ってあげましょう。水気がなくなるまで耳の周りは拭いてあげるようにしましょう。

耳周辺の皮膚はとてもデリケートな為、拭き取りをしていて皮膚を傷つけてしまうこともあります。耳掃除をしていても、どんどん汚れが溜まってしまう場合や炎症がある場合、また耳を異常に痒がる時は、外耳炎や細菌感染などが起きていることがあります。早期発見、早期治療の為にも、無理に耳掃除を行わずに早めに獣医師にチェックしてもらいましょう。

目の手入れ

素材terrier-722579_640
ウエストハイランドホワイトテリアは、真っ白な被毛の為、涙やけが起こると目立ってしまいます。また目の周りにも長い毛が生えていますので、定期的にカットしたり、毎日丁寧に汚れを拭き取ってあげることが大切です。

ウエストハイランドホワイトテリアは、アレルギー性皮膚炎などを起こしやすい犬種です。目の周りに赤みが出ていたり、すでに涙が多い状態が続き、涙やけが起きている場合は、早めに獣医師に相談しましょう。涙で湿った状態が続いたり、目やにや涙やけをそのままにしておくと、衛生的にも目の健康の為にもよくないので、日々のお手入れをしっかり行うようにしましょう。

目やにが乾燥している時は、コットンやタオルにぬるま湯を含ませて優しくふき取ってあげましょう。涙やけの場合、脂質成分が酸化しているので、涙やけ専用の薬剤成分が入った専用のシートも販売されています。こういった涙やけ対策のグッズを利用してもよいでしょう。

歯磨き

素材tooth-brushes-1194942_640
ウエストハイランドホワイトテリアの歯磨きは、子犬の頃から日々の習慣にしてあげたいものです。歯磨きは子犬の頃から、可能な限り毎日行い、歯周病を予防しましょう。磨くことがどうしても苦手な場合は、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻いて、歯の汚れをふき取ってあげるだけでも効果があります。汚れをそのままにしておかなことが、高齢になった時に健康な口を保つ為にとても大切です。

歯磨き自体に慣れていない場合は、歯磨き効果のあるガムを与えたり、歯磨きロープなどで遊ぶながら歯周病予防の習慣をもつとよいでしょう。口のチェックや歯茎のマッサージなどもかねて、1日1回、口の中を見てあげる習慣を作ると安心です。少しずつ慣らしながら、無理のない範囲で歯ブラシで磨くとよいでしょう。

ウエストハイランドホワイトテリアがかかりやすい病気

異所性尿管

先天的に尿管が尿道や膣に接続してしまっており、失禁を常にしてしまう病気です。尿路感染症や腎障害になることもあり、手術が必要になります。また、失禁によって膣の周囲の皮膚炎などが起こっていることもあります。

この病気は先天的になりやすい犬種がいますが、ウエストハイランドホワイトテリアもその中の一種です。先天的な病気ですので、子犬の頃からの早期発見が大切になります。トイレのしつけを行いながら、尿量や排尿回数などをチェックするようにしましょう。その上で、失禁が止まらないなど、異常を見つけた場合は早めに治療するようにしましょう。

レッグペルテス

小型犬の様々な犬種に起こる関節の病気で、ウエストハイランドホワイトテリアもなりやすいとされている病気です。股関節を形成している大腿骨頭が壊死してしまう病気で、遺伝が関係していると言われています。

子犬の頃に発症する為、大好きな遊びを急に嫌がるようになったり、後ろ足を痛がるようになってしまいます。手術をするケースも多い為、後ろ足の異常に気付いた場合は早めに動物病院で検査を受けるようにしましょう。適切な手術や治療によって、また歩けるようになりますので、日ごろから愛犬の様子をチェックしておくことが大切になります。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

フレンチブルドッグの性格と性質 性格 フレンチブルドッグは、明るく陽気な性格の持ち主です。その表情は、いつもにこにこしながら、家族の一員であることを楽しむかのようです。遊ぶことや、家……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】チワワにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

とあるCMで爆発的に人気が出たチワワ。その人気ぶりは現在も続いていて、成犬になっても持ち上げるのが大変なほど大きくはならず、体も小さく運動量が少なくて済む個体もいるため、散歩の手間が省けて室……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ミニチュアシュナウザーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

数年前のあるドラマに出演したことをきっかけに、人気が急上昇したシュナウザー。頭の良い犬種なので、しつけもしやすく、温厚な性格で初心者の飼い主さんにもオススメです。プードルのように様々なカット……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】マルチーズにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

体が小さく華奢で、真っ白なその姿はまるでぬいぐるみのようで、とても可愛いマルチーズ。成犬になっても、抱っこが苦にならない位の体重なので、高齢の飼い主さんにも人気の犬種です。見た目とは裏腹にと……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過……

犬のシャンプー