2016年7月13日更新

評判のよいおすすめの鳥取県の動物病院3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

いつも元気に走り回って楽しいことを探しているようなペットたち。飼い主にとって疲れていても見ているだけで元気がもらえる存在ですね。

そんなペットたちの元気を守るためには、安心してお任せできる動物病院を知っておくがとても大切です。急な病気や旅行先でのトラブルでもあわてないために、多くの情報を集めておきたいものですね。

今回は鳥取県内で評判のよい動物病院をご紹介します。

 

評判のよいおすすめの鳥取県の動物病院

ダクタリ動物病院

特徴

家族の一員であるペットたちが健康に過ごしていけるよう、定期的な健康管理や丁寧な獣医療の提供をおこなってくださいます。来院の難しい状態の場合は往診にも応じてくださり、夜間の診察にも対応してくださいます。

診療対象動物は犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、カメ、タヌキ、シカ、イグアナなどとなっており、診療内容は内科、外科、皮膚科、眼科、泌尿器科、腫瘍科など幅広い診療をおこなってくださいます。なかでも定期的な健康診断と皮膚病予防のための薬浴・トリミングを推奨していらっしゃいます。

診療時間

9:00~20:00

年中無休

アクセス

住所:鳥取県鳥取市大覚寺133-125

電話番号:0857-26-1008

駐車場:あり

ホームページ:http://www9.plala.or.jp/daktari/

shutterstock_177695105

あかいどうぶつ病院

特徴

主にホームドクターとして予防を中心とした1次医療の提供をおこなってくださいます。飼い主のライフスタイルにあわせて、往診や時間外の診察にも柔軟に対応してくださいます。最新の獣医学の習得や設備の充実につとめ、より質の高い獣医療の提供を心掛けていらっしゃいます。またより高度な医療が必要となった場合は2次診療施設の紹介もしてくださいます。

病気の症状や検査内容、治療内容については丁寧に説明してくださり、飼い主が納得した上で治療を受けることができるよう心がけてらっしゃいます。診療は犬と猫が主で、その他のエキゾチックアニマルに対しては電話での相談が必要となります。

診療時間

午前:10:00~12:00午後:16:00~19:00

休診日:木曜日・日曜午後・祝祭日午後

往診時間:12:00~16:00(前日予約要)

夜間診察時間:21:00~23:00(前日予約要)

アクセス

住所:鳥取県米子市中島2-1-12

電話番号:0859-21-8719

駐車場:6台

ホームページ:http://www.akaianimal.com/

ai動物クリニック

特徴

平成元年に開院した病院です。前医院長の松田獣医師から平成27年7月に現在の医院長の辻獣医師が引き継がれました。飼い主とペットに優しく思いやりのある獣医療の実践を心がけていらっしゃいます。最新の獣医療を積極的に取り入れていらっしゃり、椎間板ヘルニアの治療に効果がある再生医療や高濃度ビタミンC点滴療法、オゾン療法などをおこなってくださいます。

診療対象動物は犬と猫で、神経質な犬や犬の苦手な猫の診察・入院のストレスを軽減するために、診察室は猫専用、小型犬専用、大型犬専用と別れており、入院室も犬猫分離となっています。

診療時間

午前:9:00~12:00午後:15:30~18:30(土曜日のみ18:00まで)

手術時間:12:30~15:30

休診日:日曜日・祝祭日・木曜午後

アクセス

住所:鳥取県米子市東福原4-22-28

電話番号:0859-35-0031

駐車場:11台

ホームページ:http://ai-ac.jp/

素材_shutterstock_308721197

1次医療・2次医療とは?

人の場合の医療は、体にあらわれている症状などによって1次医療、2次医療、3次医療とおおきく3段階にわかれています。一般的には1次医療は風邪などの日常的な病気を対象にする医療、2次医療は盲腸や胃潰瘍など1次医療よりもやや専門的な知識を要する医療や一般的な入院医療、3次医療は脳卒中や心筋梗塞などの緊急入院を要するような特殊で専門的な医療となっています。

ではペットの医療ではどうなのでしょうか?

動物医療の最前線にいるのは町の動物病院つまりホームドクターです。そのホームドクターが提供するプライマリ・ケア(浅くとも広い医療知識と技術が求められる医療)が動物医療における1次医療と呼ばれるものです。それに対して大学病院や専門病院で提供される、より専門的で高度な技術と設備が必要な医療が専科診療いわゆる2次医療と呼ばれています。

今は動物医学の発展や飼育環境の違いなどからペットの寿命が延び、人間と同じように癌や糖尿病など、高度な医療を必要とする病気にかかることが考えられるようになってきました。このような1次医療ではカバーしきれない症例などの場合に、1次医療をサポートするのが2次医療の役割です。今の動物医療は個々の動物病院で完結する医療ではなく、ネットワークで診る医療へと移り変わっています。そのことをよく理解して、ペットの症状にあわせて1番よい医療を提供してくれる病院を探してあげることが大切になってきています。

また2次医療は1次医療よりも医療費が高額になることが考えられます。ペットを飼う時はペット保険の利用など、いざという時の備えをしっかりと考えておくことも重要です。

 
 

関連カテゴリ