犬が部屋を散らかす理由と上手に留守番してもらうための工夫・対処

犬と生活する上で「犬にお留守番をさせる」というのは一般的なことです。しかし、犬にとって「お留守番」というのはどういうものなのでしょうか?今回はお留守番が上手にできるようになるためのトレーニングを紹介します。

 

犬がお留守番中に暴れてしまうのは何故?

少しの時間犬を留守番させ、飼い主が帰宅してみたら「ゴミ箱をいたずらして、部屋中にごみが散らかっていた」「トイレシートをビリビリにひきちぎっていた」「飼い主が帰ってくるまでずっと鳴きっぱなしだった」という話はよく聞きます。一体何故、犬は飼い主を困らせてしまうような行動をとるのでしょうか。

その理由は「ストレス」です。
元来群れで生活していた犬にとって、『一人(一匹)にされる』という状況はストレスになります。信頼している大好きな飼い主に置いていかれたとなれば、そのストレスはとても大きなものでしょう。

 

犬に上手にお留守番してもらうには

「留守番」を成功させるためのポイントは2つあります。

犬がリラックスできる環境をつくる

一つ目は『いかに犬をリラックスさせるか』です。犬がリラックスするためには、なるべく静かで落ち着ける環境が必要です。玄関の物音やゴミ箱の中など、犬が気になりそうなものには近づけないよう『サークルを使って場所を制限すること』がおすすめです。「狭いところに入れておくのはかわいそう」と思うかもしれませんが、犬にとっては狭い場所の方がリラックスしやすいのです。広い場所は狭い場所に比べて強い警戒心を必要とするからです。

サークルの中でリラックス出来るようになるためには「留守番以外の時でもサークルに入れるようにするトレーニング」が必要です。留守番の時だけ使っていると、“サークル=留守番”というイメージがつき、サークルそのものを警戒し、留守番の時にリラックスして過ごすことができなくなってしまいます。家族が食事している時や、家族がのんびりしている休日の昼間など、短い時間でも日常的にサークルを使用するようにしましょう。

飼い主の留守が自然なものにする

留守番成功のポイント2つ目は『留守番はいつの間にか始まり、いつの間にか終わるようにすること』です。留守番の始まりで犬が不安な気持ちを抱いてしまうと、留守番中にリラックスすることは難しくなります。そこで、「犬をサークルに入れた状態で、犬を気にすることなくわざと何度も家の出入りをする」というトレーニングが必要です。あえて「行ってくるね」などと犬に声をかけてはいけません。家に入った時も「ただいま、お待たせ」など犬に声をかけてはいけません。このトレーニングをすることで、犬には留守番の始まりと終わりがわからなくなり、「留守番」ということを犬が意識しないよう学習させることができます。

また、特に留守番が苦手な犬は、外出前の飼い主の行動から「留守番」を意識してしまう場合があります。例えば車の鍵の音や、外出用のコートなど。このような「外出と結びつく行動」を外出前の習慣にしないように、出掛けないのにわざと車の鍵を持ってご飯を作ったり、外出用のコートを一瞬羽織ってみせるといった行動も留守番のトレーニングになります。

 

お留守番の“終わり方”も大切

最後に、サークルから出すタイミングも重要です。飼い主が帰宅したら、必ず犬が大人しくなっている時にサークルから出すようにします。騒いでいる時に出してしまうと、犬は「騒げばサークルから出してもらえる」と学習し、飼い主が帰宅した時は必ず騒ぐようになってしまいます。

「留守番」を日常的なものだと学習できれば、留守番の時間は犬にとってリラックスできる時間になりますので、犬のためにも飼い主自身のためにも、是非「留守番トレーニング」を実践してみてください。

関連記事