2016年6月29日更新

【動物看護師が解説】湿気のせい?いつもよりにおう犬のケアについて

今の時期は雨が降っていても、カンカンに晴れていても、ベトベト湿気が気持ち悪いですよね。湿度が高いと、雑菌の繁殖も早く進み、洗濯物などから発する臭いが気になると思います。

特に、犬を飼っていると外から帰ってきて「あれ?家のなか、犬臭いかも…」と感じる方も多いのではないでしょうか?この時期の犬の体臭対策、気を付けたいポイントがあるのです。

皮脂が多い犬種がいる

人間にもそれぞれ、汗っかきな人、顔がテカりやすい人、夏でも乾燥しがちな人、様々いると思います。犬も同じで、体質的に皮脂が多く分泌される特徴のある犬種がいるのです。

シーズーや、アメリカンコッカー、パグ、ウエスティーなどがそれにあたります。これらの犬種はシャンプーをしてからしばらく経つと、皮膚がペトペトしてきて、犬独特の匂いを発することの多い犬たちです。特に耳の中、指間、脇の下、股の間などが強い匂いを発する部位となります。

しかし、これらの犬種であっても体臭が弱い、皮脂が少ない個体がいるのも事実です。

皮脂をエサに雑菌が繁殖する

梅雨の時期や、夏は特に湿度が高く、雑菌が繁殖しやすいので、頻繁にシャンプーをしないと皮膚炎の原因になったり、体臭がキツく感じる原因になります。

特に指の間は、自宅でシャンプーしている犬の多くで洗い残しがみられます。ここに皮脂や汚れがたまり、雑菌が繁殖すると、赤く腫れて痒みを伴うことがあります。伏せの姿勢で、暇さえあれば手を舐めたり、歯でカチカチ噛んでいるようであれば、毛をかき分けて皮膚の状態を観察してあげてください。爪の付け根にごっそり黒い汚れが溜まっているのも珍しいことではありません。

湿度が高い時期の匂い対策

頻繁にシャンプーをする

頻繁にシャンプーをし、汚れや皮脂を綺麗にすることによって、雑菌の異常な繁殖を抑えることができます。

上記に挙げたような犬種は特に、この時期はしっとり保湿系ではなく、さっぱりするようなシャンプーを選ぶと良いでしょう。指の間、爪の際、脇の下、股の間は特に注意して洗い、汚れが落ちきらないようであれば泡立てた状態でつけ置きをしましょう。つけ置きのために犬をそのまま放置するのではなく、体が冷えないように軽く胴体の部分をマッサージしながら、シャンプーを舐めてしまわないように注意しながら時間が経つのを待ちましょう

定期的な耳掃除をする

垂れ耳の犬は特に、耳の中が蒸れやすく、匂いや炎症の元になります。

耳自体が分厚い、コッカーやキャバリアは特に注意が必要です。定期的に耳掃除をすると共に、通気をよくするために頻繁に耳を裏返したり、耳の毛を短く軽くするなどして、湿気が中にこもらない工夫をしましょう。

口臭予防をする

歯石や歯垢、歯肉炎があることによって口臭が強くなります。

また、高温多湿な環境にいることによって口呼吸(パンティング)をするようになり、余計に口臭が周辺に漂います。歯石が溜まることは食事をしているのである程度は仕方のないことですが、定期的な歯磨きや食事療法、動物病院の処置で予防、除去することができるので、まず飼い主さん自身が犬の口腔ケアも必要だという意識を持つことから始めてみてください。歯石は口臭だけでなく、心臓病や全身疾患の原因となることもあるので、注意しましょう。

ベッドなどを頻繁に洗う

意外と盲点なのが、愛用しているベッド、クッション、お気に入りの場所から臭うことです。

やはり皮脂や汚れが付着し、そこに雑菌が繁殖することによって匂いを発するので、定期的に洗濯をし日干しで綺麗に保ちましょう。毎日のケアとしては、抜け毛をきちんと取り除き、汚れがあれば拭き取る。犬が舐めても大丈夫な消臭スプレーがあれば吹きかけ、きちんと乾かしましょう。

早めの対策を

犬臭い!と感じる前に、これらのことを意識すれば愛犬の健康管理の一環にもなり、同時に匂い対策にもなります。皮膚から異常な匂いがする場合は、皮膚病の可能性がありますので早めにかかりつけの動物病院へ見てもらってくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

愛犬の老後に。老犬ホームの施設、食事、料金、サービス内容や選ぶときのポイント、選び方などを解説

ペット業界で新たなサービスとして注目されているのがペットのためのホーム施設、老犬ホームです。 ペットホテルの延長としてスタートしたサービスですが、動物愛護法が改正されて、ペットの終身飼……

老犬の病気

チベタン・テリアの性格や特徴・歴史

チベタン・テリアの歴史 チベットを原産国とする門外不出の犬と言われていたそうです。ルーツは古く、2000年も前から存在していたと言う説があります。 犬種名に「テリア」と言う言葉が入り……

犬の習性

愛犬の自宅での入浴方法。犬のシャンプーの必要性・手順・注意点について

通常、愛犬の入浴といえばシャンプーをすることで、湯船にとっぷりと浸けることではありません。 皮膚病を患って、病院で処方される専用シャンプーを使って体を洗うのは、「薬浴」と言います。 ……

犬のシャンプー

トイ・プードルの性格や飼う時の注意点をまとめました!

トイ・プードルのかかりやすい病気 【関連記事】トイ・プードルの病気〜獣医師が解説するトイ・プードルのかかりやすい病気〜 犬種特有の病気では皮膚の病気、目の病気、関節の病気、てんか……

犬の習性

グレート・ピレニーズの寿命や飼い方などの基本情報をご紹介します

チベタン・マスティフが先祖犬とされる大型の犬で、ヤギや羊などを守る為に働いていた護衛犬が始まりだといわれています。チベットの険しい山岳地帯で作業が出来る強靭な肉体と精神力を持った犬で、その風……

犬の習性

【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

ブルドッグの性格と性質 性格 ブルドッグが好きという方はあの特徴的な顔が好きという方も多いのではないでしょうか。どこか怖そうな顔の印象をもつ方もいるかもしれませんが、ブルドッグは……

犬のしつけの基礎

【必見!】愛犬の口臭ケア・対策グッズ10選

愛犬の息、口がにおう……気になったことはありませんか?口腔内は、細菌が繁殖しやすい場所です。 愛犬の口臭は内臓からきている(消化不良、胃腸の不具合、肝臓や腎臓の病気など)場合もあり、歯……

犬の歯・口の病気

レークランド・テリアの歴史、性格・特徴、寿命、必要な運動は?

レークランド・テリアの歴史 テリア種の中でも古くから存在する犬種です。 有能な作業犬としての歴史は長い犬種ですが、その優美とも言える振る舞いや整った体形に立派な口髭で1900年半ばに……

犬の習性

【寿命・お手入れ・性格】イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル基本情報まとめ

スペインで猟犬として作業していた大型犬のランド・スパニエル(陸地の猟犬)がイギリスに渡りサイズをオリジナルより小型に改良したものがイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと呼ばれるようになり……

犬の習性

【動物看護師が解説】動物病院のトリミングでできること・できないこと

あなたは愛犬のシャンプーや毛のカットに、トリミングサロンに連れて行っていますか?それとも動物病院ですか? 最近は動物病院内でグルーミング、トリミングをしてくれるところや、トリミングサロ……

犬のお手入れ・ケア

ジャック・ラッセル・テリアの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ジャック・ラッセル・テリアの歴史 イギリス原産の犬で、この犬を改良した繁殖家の名を付け、ジャック・ラッセル・テリアと呼ばれています。 この犬の改良目的は、当時の小型の実猟犬はキツネ……

犬の習性

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や寿命など

古くから鳥猟犬として、長く人間ともに生き、数々の猟犬の素地を作った犬です。イギリスのウェールズ地方で多く繁殖されていたことと、獲物を飛び立たせる能力に優れている事を示すスプリンギングという手……

犬の習性

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬の歯の磨き方

ハバニーズの歴史、性格、寿命、特徴

ハバニーズの歴史 長毛で軽やかな歩き方が魅力の小型犬です。 ルーツは諸説あり、長い歴史を持つ犬種と言う見解がありますが、AKCによってスタンダードが認定されたのは1999年頃と記録さ……

犬の習性

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水……

犬の習性