2016年7月14日更新

【動物看護師が解説】動物病院のトリミングでできること・できないこと

あなたは愛犬のシャンプーや毛のカットに、トリミングサロンに連れて行っていますか?それとも動物病院ですか?

最近は動物病院内でグルーミング、トリミングをしてくれるところや、トリミングサロンが併設されているところが増えてきています。動物病院とトリミングサロン、どちらも同じでしょ?と思っていませんか?実はこの違いをよく分かっておかないと「なんだかイメージと違うわ…」ということになり兼ねないのです。

トリミングサロン=おしゃれ

トリミングサロンは、人間でいう美容室です。

好きな髪型にしてもらうように、犬の毛を思い通りの形に仕上げてくれます。例えば、毛を染めたいとか、背中にハート模様を毛で作って欲しいとか、耳をふんわりボリュームアップしてほしいとか、そんなオシャレなカットの要望が叶う場所です。

シャンプーだけであっても、仕上がりを重視し、乾かした後は毛の流れが整うように、手触りが良いように意識して行ってくれます。

ただし健康であることが条件

ここでも人間の例を出しますが、髪の毛が傷みすぎていたり、皮膚が荒れていたり、体調が悪い時には、希望したスタイルは断られたり、来店自体をストップされることがありますよね。

犬も同じで、トリミングサロンではトリミングをすることが体の負担となると判断される持病や皮膚の疾患がある場合は、大抵は断られてしまいます。ただし、獣医師が常在していたり、動物病院が併設されている場合は、よく様子を観察しながら負担にならない程度にトリミングやシャンプーをしてくれることもあります。

動物病院は治療をする場所

では、動物病院内でトリミングをしてくれるところはどんなところなのでしょうか。

動物病院は病気の治療をする場所であり、オシャレをしに行く場所ではありません。動物病院でのトリミングは、治療の一環として、シャンプーやトリミングをしてくれるのです。

例えば皮膚疾患で定期的に薬用のシャンプーをしなくてはならなかったり、通気を良くするために毛を短く、あるいは全て刈り取ります。動物病院のトリミングは大抵丸刈りか、患部のみ丸刈りです。

可愛らしく、丸々としたオシャレなスタイルは受け付けておらず、”短く、涼しくしてください”という要望であれば、トリミングサロンでは全体の毛の長さを短くし、丸みをもたせて綺麗にカット、動物病院では長めのmm数のバリカンで全身丸刈り、というように仕上がりのイメージは全く異なってきます

よくよく確認をすること

動物病院でも、トリマーをトリミング専門で雇っていれば、美容目的のトリミングサロンのような仕上がりのトリミングをしてくれる場合もあります。それでも、ほとんどは治療目的のトリミングが優先となり、予約が後回しになるか、断られるかのどちらかになると思います。

また、トリミングサロンが併設されているところは美容目的のトリミングも受け入れているところもありますので、1番なのは動物病院によく確認をすることです。

美容目的で、丸刈りが嫌であれば、トリミングサロンに行くことをお勧めします。”短く”にも様々なスタイルがありますので、失敗したくなければ希望のスタイルに近い写真や画像を持って行きましょう。動物病院のトリミングでは、仕上がりのイメージとは全く違うスタイルで帰ってくることがありますのでトラブルを回避するためにも、担当者とよく確認し合うことが大切です。

美容目的か、治療目的か

動物病院のトリミングの方が安価なことが多く、値段で選んでしまいがちですが、仕上がりを重視したいのであれば美容目的のトリミングを行っているところにお任せしましょうね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や寿命など

古くから鳥猟犬として、長く人間ともに生き、数々の猟犬の素地を作った犬です。イギリスのウェールズ地方で多く繁殖されていたことと、獲物を飛び立たせる能力に優れている事を示すスプリンギングという手……

犬の習性

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<基礎編>

髪のパサつき、静電気が気になる今の季節。犬のためにも毛質に合ったヘアケア商品を選んであげたいものです。 そこで今回は、シャンプーやコンディショナー、スムーサーなど、たくさんの商品を取り扱う……

犬のシャンプー

【初めてのトリミング】サロンデビューの前に知っておきたい3つのポイント

2015年の人気犬種ランキング第1位は、なんと6年連続でトイプードルだったそうです。2位以下にはチワワ、ダックス、ポメラニアン、ヨーキーなどがランクイン。トリミングが必要な犬種が多いことに気……

犬のトリミング

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

スキッパーキの歴史、性格、寿命、特徴、お手入れ方法は?

スキッパーキの歴史 19世紀ベルギーの国犬として認められたものの、一時は絶滅の危機もあった犬種です。 ルーツは諸説ありますが、一説には15世紀には既に存在していた犬種だと言う説もあり……

犬の習性

自然の素材でペットに優しい!犬のケアに覚えておきたいアロマテラピーの活用法と注意点について

エッセンシャルオイルを吸入したり皮膚から体内に吸収することにより、リラクゼーションや健康への効果が期待できるアロマセラピー。 自然に近く体に優しいケアとして利用する人も多いようですが、……

犬の幸せ

【動物看護師が解説】動物病院のトリミングでできること・できないこと

あなたは愛犬のシャンプーや毛のカットに、トリミングサロンに連れて行っていますか?それとも動物病院ですか? 最近は動物病院内でグルーミング、トリミングをしてくれるところや、トリミングサロ……

犬のお手入れ・ケア

【動物看護師が解説】犬のトリミングについての基礎知識

最近犬を飼っている人が非常に増えてきましたよね。散歩中やショッピング中の可愛い犬を見ると、思わず可愛い!わたしも飼ってみたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、実際は”可愛い”……

犬のトリミング

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

柴犬の性格と性質 性格 柴犬は、日本犬を代表する犬種です。まさに、その性格も日本犬ならではの、忠実さ、従順さ、勇敢な態度、自信を持った行動をしています。忠実さと勇敢さを持っていますの……

犬のトリミング

自宅でもできる身体検査。愛犬の体温・心拍数・呼吸数の測定方法をご紹介

愛犬の健康状態を正しく判断するために、健康時の体重・体温・心拍数や行動の癖やしぐさ、排泄の回数やタイミングを何となくでも把握しておくようにすると健康状態の不調に気が付きやすくなります。今回は……

犬の動作や習慣の変化や異常

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの寿命や大きさなど基本情報まとめ

スイス原産の山岳犬、牧畜犬とされています。起源は古代犬にさかのぼる最も古い犬の子孫であるのにもかかわらず、各国のケンネルクラブで独立種として登録され始めたのは近年になってからという珍しい犬で……

犬の習性

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水……

犬の習性

【動物看護師が解説】爪切り、シャンプー、耳掃除、肛門腺絞り、ケアの順番にルールはある?

最近では、愛犬や愛猫のシャンプー、トリミングを専門的に行うために、トリミング学校に通う飼い主さんもいらっしゃるようですね。やはり自宅でできれば安心で、お金もかからないので、自分でやってみたい……

犬のトリミング

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<プードル編>

カットやトリミングで、さまざまなスタイルに仕上げることができるプードル。そのスタイリングの基本は、なんといっても美しい毛並みから。 つややかな被毛を保つために欠かせないのがシャンプー選……

犬の毛のお手入れ

キャバリアの寿命など、飼う前に知っておきたい情報

イギリス王室で可愛がられた犬「国王の犬」として命名された世界的に人気のある犬種のひとつです。あまりにも長い名前である事と、別にキングチャールズスパニエルという別の犬種もいることから、簡単に「……

犬の習性