2016年7月23日更新

【ドッグマナー協会理事が解説】ドッグラン利用のポイント10ヶ条!

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

 

ドッグランに連れて行ってはいけないケースもありますが、皆で楽しく遊ぶ為の大切な10ヶ条です。

犬_素材australian-shepherd-mini-1016058_640

  1. 利用者の目的はさまざまだと心得る
  2. 施設ごとの規約を確認し、ルールに従う
  3. 入場時はリードを着けたまま、様子を見る
  4. 愛犬から目を離さず、素早く対処できる態勢で
  5. 危害を及ぼしそうな服装をさせない
  6. 興奮時は、外に連れ出し落ち着かせる
  7. 玩具やおやつの取り扱いに注意
  8. 飼い主の飲食、喫煙は配慮が必要
  9. 発情期のメス、好戦的な犬、伝染病の犬は利用を控える
  10. 飼い主同士のコミュニケーションでトラブル回避

上記の10項目は常に心がけてもらいたいポイントです。

愛犬の社会化の為に、または広いところで目一杯走らせてあげたい方やドックランに連れて行く目的はさまざまです。
imasia_11725908_S
「社会化している犬とは誰とでも遊びたがる犬のことではありません。
犬同士の挨拶ができ、遊びに誘われれば仲良く遊ぶ事ができる犬の事です」

 
 

関連カテゴリ