2017年6月14日更新

犬のシャンプーの頻度は?老犬は特に気をつけたいシャンプー方法。

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし老犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。また、心臓疾患のある子も多いので命に関わる可能性もありスピードと工夫が鍵となります。犬の状態に合ったシャンプーをしてあげましょう。

老犬のシャンプーはなにに気をつければいい?

なるべく手早く済ませて疲れないように心がけることです。足腰の老化によってフラついてしまう場合、2人がかりで洗うといいでしょう。犬の体を支える人と洗う人です。また浴室の床は滑りやすいので、バスタオルやバスマットを敷いておくと洗っている最中にバランスが崩れケガをしてしまうという事故が防げます。その他のポイントもみてみましょう。

湯温は低めに設定する

37~38度くらいに設定します。皮膚疾患がある場合、熱いお湯をかけて血行が良くなると、それが刺激となって痒くなりやすいのです。

すすぎは手早く

シャワーの場合、 湯圧が刺激となって皮膚に負担がかかってしまうので、犬の体から離さないように使います。シャワーの柄の部分ではなくシャワーヘッドを持ち、犬の体に密着させるかたちでシャワーを当てます。

すぐに乾かす

市販のスポンジタオルを使うと水気をいっきに吸収できます。そのあとバスタオルで優しく拭き取ります。いずれもごしごしとこすらないことです。水気をちゃんと拭き取る事がドライヤーの短縮に繋がります。

全身浴が難しい場合は?

重い疾患があったり足腰のフラつきがひどい場合は、お漏らしをすることも多く汚れる機会も増えますね。
その状態の犬には汚れた部分だけを洗う部分浴がおすすめです。時間が短縮できるので負担が少なくちょこちょこ洗ってあげることができます。

まずは犬のサイズにあったバス(またはタライ)を用意してお湯を張ります。ウンチやオシッコで汚れた部分を事前にお湯で軽く流しておくといいでしょう。その後、犬を支えながらタライの中に立たせて汚れた部分だけを洗って流してあげます。必要なら全身浴と同様2人がかりで行えば安心ですね。

毎日汚してしまう。毎回シャンプーするの?

老犬に毎日のシャンプーは負担が大きすぎます。だからといってお尻まわりの汚れを放っておくと膀胱炎になる事もあるので、そんな時は簡単なケアで犬の清潔を保ちましょう。蒸しタオルを使う時はしっかり絞って濡れ過ぎないように気をつけます。また、市販ではいろいろなタイプの水の要らないシャンプーがあるので低刺激で目的にあったものを選んであげてください。

その他の汚れやすい場所って?

年齢に関係なく汚れやすい場合は目・口・耳・生殖器・肛門の周辺でいわゆる〝天然孔〟という内外を結ぶ穴です。汚れやすいということは病気の原因にもなるということです。 この場所はとても敏感なので蒸しタオルや水の要らないシャンプーなどでケアする時も優しく触って、低刺激の成分でも薬液が直接入らないように気をつけて下さい。老化による免疫力の低下で抵抗力も落ちているので犬の健康のためにも毎日確認をして清潔を心がけてあげましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬のトリミングをする理由と、自宅で出来るトリミング方法

犬を飼われている方にお聞きします。自宅で飼われている犬のトリミングはしていますか?行なっている方は、どれくらいの頻度で行なっていますか? そんな犬のトリミングについて、飼い主が自ら行な……

犬のシャンプー

人間用のシャンプーは使える?ドッグマッサージセラピストが解説する愛犬の皮膚とシャンプー

花が咲き始め新緑も生き生きと葉を広げポカポカな季節になりました。 動物たちにとっても心地よい季節、愛犬と一緒にお出かけする方も多いのではないでしょうか。 お外で遊んだり、川やうみで泳いだ……

犬のシャンプー

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のブラッシング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のトリミング

【動物看護士が解説】老犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のシャンプー

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ミニチュアピンシャーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さい体ながら、筋肉質でキリッとした顔が特徴のミニチュアピンシャー。まるでドーベルマンを思わせるかのようなその姿は、大型犬を飼うことのできない飼い主さんにとっては、非常に魅力的な犬種です。性……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のトリミング

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬の歯の磨き方

愛犬の”臭い”を解消しよう!

これからの時期、湿度も高くなってくると犬の“臭い”が家にこもりがちになりますね。愛犬の“臭い”は日常のちょっとの工夫で解消できるのをご存知ですか? そこで今回は愛犬の“臭い”を解消する……

犬のシャンプー

【初めて犬を飼う方必見!】おすすめの犬用シャンプー10選

犬の場合、汗腺の違い(アポクリン腺とエクリン腺の多さの違い)、体毛の量や種類の違い(トップコート、アンダーコートや一つの毛穴からの毛の生え方など)、皮膚の厚さ、肌のデリケートさ(phなど)、……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬の歯の磨き方

【動物看護師が解説】アメリカンコッカースパニエルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

活発で人懐こく、我が強い部分もありながらも、その可愛らしさで憎みきれない小悪魔的な性格のアメリカンコッカー。大きな垂れた瞳に、長い耳、ウェーブがかった金色の被毛は一度見たら虜になってしまうで……

犬のトリミング

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<基礎編>

髪のパサつき、静電気が気になる今の季節。犬のためにも毛質に合ったヘアケア商品を選んであげたいものです。 そこで今回は、シャンプーやコンディショナー、スムーサーなど、たくさんの商品を取り扱う……

犬のシャンプー

自宅でできる犬用のトリミング便利グッズ おすすめ10選

トリマーさんのいるトリミングサロンや動物病院でトリミングをしてもらうというのもいいのですが、簡単な部分や日頃のお手入れには自宅でできることをしてあげたいですね。 また、トリミングに使う……

犬のシャンプー

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬の歯の磨き方