2017年6月14日更新

犬のシャンプーの頻度は?老犬は特に気をつけたいシャンプー方法。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし老犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。また、心臓疾患のある子も多いので命に関わる可能性もありスピードと工夫が鍵となります。犬の状態に合ったシャンプーをしてあげましょう。

 

老犬のシャンプーはなにに気をつければいい?

なるべく手早く済ませて疲れないように心がけることです。足腰の老化によってフラついてしまう場合、2人がかりで洗うといいでしょう。犬の体を支える人と洗う人です。また浴室の床は滑りやすいので、バスタオルやバスマットを敷いておくと洗っている最中にバランスが崩れケガをしてしまうという事故が防げます。その他のポイントもみてみましょう。

湯温は低めに設定する

37~38度くらいに設定します。皮膚疾患がある場合、熱いお湯をかけて血行が良くなると、それが刺激となって痒くなりやすいのです。

すすぎは手早く

シャワーの場合、 湯圧が刺激となって皮膚に負担がかかってしまうので、犬の体から離さないように使います。シャワーの柄の部分ではなくシャワーヘッドを持ち、犬の体に密着させるかたちでシャワーを当てます。

すぐに乾かす

市販のスポンジタオルを使うと水気をいっきに吸収できます。そのあとバスタオルで優しく拭き取ります。いずれもごしごしとこすらないことです。水気をちゃんと拭き取る事がドライヤーの短縮に繋がります。

全身浴が難しい場合は?

重い疾患があったり足腰のフラつきがひどい場合は、お漏らしをすることも多く汚れる機会も増えますね。
その状態の犬には汚れた部分だけを洗う部分浴がおすすめです。時間が短縮できるので負担が少なくちょこちょこ洗ってあげることができます。

まずは犬のサイズにあったバス(またはタライ)を用意してお湯を張ります。ウンチやオシッコで汚れた部分を事前にお湯で軽く流しておくといいでしょう。その後、犬を支えながらタライの中に立たせて汚れた部分だけを洗って流してあげます。必要なら全身浴と同様2人がかりで行えば安心ですね。

 

毎日汚してしまう。毎回シャンプーするの?

老犬に毎日のシャンプーは負担が大きすぎます。だからといってお尻まわりの汚れを放っておくと膀胱炎になる事もあるので、そんな時は簡単なケアで犬の清潔を保ちましょう。蒸しタオルを使う時はしっかり絞って濡れ過ぎないように気をつけます。また、市販ではいろいろなタイプの水の要らないシャンプーがあるので低刺激で目的にあったものを選んであげてください。

その他の汚れやすい場所って?

年齢に関係なく汚れやすい場合は目・口・耳・生殖器・肛門の周辺でいわゆる〝天然孔〟という内外を結ぶ穴です。汚れやすいということは病気の原因にもなるということです。 この場所はとても敏感なので蒸しタオルや水の要らないシャンプーなどでケアする時も優しく触って、低刺激の成分でも薬液が直接入らないように気をつけて下さい。老化による免疫力の低下で抵抗力も落ちているので犬の健康のためにも毎日確認をして清潔を心がけてあげましょう。