2017年1月26日更新

【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

ブルドッグの性格と性質

性格


ブルドッグが好きという方はあの特徴的な顔が好きという方も多いのではないでしょうか。どこか怖そうな顔の印象をもつ方もいるかもしれませんが、ブルドッグは、とてもおっとりとした性格で家族に対してとても深い愛情を持っています。

忠誠心が深いので攻撃性を持つことも少なく家族の中で子供と一緒に遊ぶこともできます。思った以上に甘えん坊な一面を持っているのもブルドッグの特徴で、喜怒哀楽がとてもわかりやすいものです。長い時間のお留守番などは苦手ですので、たっぷりとコミュニケーションを取ってあげるようにしましょう。

ブルドッグは、マイペースで頑固な面も持っています。しつけの時など、融通が利かないと感じることも多いかもしれませんが、好奇心旺盛な部分や自己主張が強い部分は認めてあげる必要があります。しかし、あまりに甘やかしてしまうと、しつけを直すことが難しくなりますので、注意しましょう。

性質


もともとブルドッグは雄牛と闘う闘犬でしたが、やがてその競技も禁止されました。体も小型化され、性格もとても穏やかになり、攻撃性はほとんど無くなりました。しかし、ストレスが溜まっていたり、適切なしつけをしていない場合は、危険を伴うことはあります。体の大きさの割に力が強いことは確かですので、しっかりとしつけをするようにしましょう。

ブルドッグは体全体ががっしりしていて、大きな頭に対してとても重心が低い姿勢をしています。太くて短い脚は特長的ですが、関節の病気には注意するようにしましょう。また、短い毛も特徴的ではありますが、抜け毛は刺さるような直毛ですので、定期的なブラッシングをしっかりするようにしましょう。

しかめっ面の顔のしわはブルドッグの特徴ではありますが、その顔のしわ部分に汚れがたまりやすくなっています。そのままにしておくと、においの原因になり、不衛生な部分は皮膚病の原因になってしまうこともありますので、蒸しタオルなどで丁寧にふき取るなど、日々のお手入れをするようにしましょう。

ブルドッグの飼育の注意点

室内環境

ブルドッグは、暑さにとても弱い性質を持っています。これは鼻ぺちゃのブルドッグを始めとする短頭蓋犬種に共通する特徴です。蒸し暑い日々は、お部屋に中にいても熱中症になってしまう危険性があります。エアコンを使って空調管理するようにしましょう。

また、お部屋の中で遊んでいて興奮してハアハアと息をしている時は、すでに体温が上がってしまっている可能性があります。いつでも体を冷やすことができるように冷感マットなどを利用してクールダウンできるスポットをお部屋の中に作っておくと安心です。さらに、呼吸に異常を感じる時は早めに動物病院に連れていくようにしましょう・

ブルドッグは寒さには比較的強いものですが、冬の室温は人が快適に過ごせる温度にしておくとよいでしょう。また、必要に応じてベッド周りをヒーターなどで温めてあげるとよいでしょう。


ブルドッグは重心が低く、がっしりとした体つきと筋肉を持っていますが、関節のトラブルには注意が必要です。足腰への負担がかかる体型をしていますので、フローリングなどで滑ってしまうとさらに負担をかけてしまいます。関節を傷めないようにする為にも、事前に対策をしておくようにしましょう。

フローリングにはカーペットや滑り止めマット、コルクマットなどで、関節に負担がかからないように対策するようにしましょう。また、遊ぶスペースや上り下りする段差には、カーペットや滑り止めつきのマットを敷いてあげるようにしましょう。

家具の配置

ブルドッグは陽気で家族と一緒に過ごす時間が大好きな一方、頑固な面を持っていますので、しつけをしっかりすることが必要になります。自分専用のスペースを設けてしつけを行うことは、リーダーとの関係を作る上でとても大切になります。普段はサークルでハウスを作り、その中にトイレ、ベッド、食事スペースを分けて作ってあげるとよいでしょう。

ブルドッグの成長を考えて、サークルの大きさは考えるようにしましょう。力も想像以上に持っている犬種ですので、サークルの中でジャンプしたり、低いと飛びついて倒してしまう危険性もあります。また、木製タイプだと齧ってしまう危険性もあり、普段の暮らしや性格、体の大きさに合わせて、最適な物を選ぶようにしましょう。

安心できるハウスがあるというのは、愛犬もリラックスして休むことができる、来客時など目を離さなくてはいけない時に飼い主さんも安心できるといったとてもよい影響をもたらします。お部屋の中を自由にしておくと、家具を噛んでしまったり、思わぬ物を誤飲誤食したり、事故につながることもあります。家族の目が届くところでお互いにストレスにならないサークルの設置場所を見つけてあげましょう。

運動


ブルドッグは、暑さに弱い為、運動量はそれほど多くなくても大丈夫ですが、やはり1日1回程度のお散歩をしてあげると気分転換や健康維持の為によいでしょう。ただし、気温差に弱いブルドッグですので夏の暑さや冬の寒さに十分注意し、お散歩も20分程度でよいでしょう。運動中に体温が上がってしまうとかえって体調不良につながってしまうこともあります。適度に休ませることや、短時間のお散歩を数回行うなど愛犬に合ったペースを大切にしましょう。

飼い主さんとコミュニケーションを取ることが大好きなブルドッグですので、運動不足でストレスが溜まると吠える回数が増えてしまったり、お部屋の中でいたずらをしてしまうといった行動が出てくることもありますので、適度に外に行く時間は作ってあげるようにしましょう。

運動不足は肥満につながりますので、お部屋の中でおもちゃを使って遊びながら運動する習慣も作りましょう。一緒に遊ぶことでコミュニケーションとなり、活発で陽気なブルドッグならではの楽しみが生まれます。

しつけ

ブルドッグのしつけは焦らずに行うことが大切になります。元々おっとりとした性格でマイペース、さらには頑固な部分もあるということで、しつけは根気よく行うことが大切になります。

また、リーダーの態度もとても大切になります。一貫した態度を取ることができるリーダーでない限り、ブルドッグはその様子を見破り指示に従わない状況となってしまいます。褒める時は思いっきり褒める、叱る時は低い声や毅然とした態度で叱る、メリハリのあるしつけを行うことが大切になります。

ブルドッグのケア方法

ブラッシング

ブルドッグは被毛が短いので、普段の手入れは獣毛ブラシやラバーブラシを使って軽くブラッシングしてあげる程度でよいでしょう。ただし、換毛期になると抜け毛が多くなります。ブラッシングを丁寧に行い皮膚トラブルの予防をするようにしましょう。

ブルドッグの特徴でもある顔の手入れは、毎日の習慣として気をつけてあげましょう。顔の皮膚のしわの部分は汚れがたまりやすくなってしまう場所です。特に目や鼻の周りは汚れもたまりやすいものです。布で丁寧にふき取ってあげるようにしましょう。体全体の汚れが気になる時は、蒸しタオルで汚れをふき取ってあげることも皮膚トラブルの予防につながります。

もともとブルドッグは皮膚トラブルが多い犬種でもあります。アレルギーを発症しやすいこともあるため、顔のしわを始め皮膚全体のお手入れがとても大切になります。スキンシップを兼ねながら、日々の習慣にするようにしましょう。

爪切り


ブルドッグの爪切りは月に1回程度はしてあげたいものです。そのままにしておくと爪が伸びすぎて歩きにくくなったり、カーペットなどに引っかかって爪が折れてしまうこともあります。また、顔を足で掻くこともあるブルドッグはたるんだ皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

まずは、爪切り自体に慣らすように少しずつ習慣にしていきましょう。爪切りを行う場合、白い爪は血管が見えるのでその血管を残した白い部分を切ります。黒い爪の場合は、少しずつ切っていき断面に柔らかい部分が出てきたらそこで止めます。やすりをかけるなどして、角はしっかり取っておきましょう。

爪切りが苦手な場合も多いものです。嫌がることをおさえてストレスになり、さらに爪切りが嫌いになってしまうこともあります。難しい場合は、トリマーさんや獣医師にお願いして無理をしないようにしましょう。

肛門腺絞り

個体差がありますが、肛門腺絞りは1ヶ月に1回ほどの頻度でしっかり行うようにしましょう。分泌物が溜まるとお尻を舐めたり、床にこすり付けたりするようなことがあります。分泌物はとても臭いので自宅でシャンプーやブラッシングを行う際に、肛門腺絞りも一緒に行うとよいでしょう。

肛門腺は、肛門の下、時計の4時と8時の方向に人指し指と親指をあてて、下から上に向かって搾り出していきます。うまくできない時は、トリマーさんや獣医師にお願いすることもひとつの方法です。無理に絞りだしてしまうと肛門周辺を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

犬にとってお尻はとても敏感な部分です。あまりに嫌がる場合に押さえつけて行うと、噛もうとするなどさらに嫌がることになってしまいます。普段から体全体を触ることができるように、スキンシップを大切にしておきましょう。

耳掃除

ブルドッグといえば、その大きな耳が特徴です。立ち耳で、一件通気性はよさそうですが、実は耳のトラブルが多い犬種でもあります。それは元々ブルドッグは脂漏体質であり、耳に汚れが溜まりやすい性質を持っているからです。

ブルドッグも耳掃除は週1回程度、こまめに耳のチェックを兼ねて行いましょう。専用のイヤークリーナーとコットンを使って、汚れを優しく拭きとることが大切ですが、デリケートな耳の皮膚を傷つけないように気をつけましょう。

耳のチェックをしていて、においがきつくなっていたり、黒い耳垢で出てくるなどの症状がある場合は、早めに動物病院に行きましょう。細菌が溜まって外耳炎などを起こしている可能性があります。そのままにしておくと、耳を掻いて、さらにひどくしてしまうこともありますので、早期に治療を始めることが必要になります。

目の手入れ


ブルドッグは、その顔のバランスと目の大きさと位置からして、実は目にゴミなどが入りやすいものです。その為、涙が出てきたり、目やにが多めに出てくることがあります。そのままにしておくと顔のしわの部分に溜まってしまい、衛生的によくありません。定期的に目の周りのお手入れをしてあげるようにしましょう。

コットンを使って目やになどを取った後に、蒸しタオルなどで丁寧に目の周りの汚れを拭き取ってあげるようにします。もし目に異物が入っている時は、人間の涙と同じ成分の目薬を垂らして、異物や目やにを丁寧に取り除いてあげるとよいでしょう。

手入れをしているのに、涙が多い場合や涙やけを起こしてしまう場合は、なんらかの目のトラブルを起こしていることがあります。早めに獣医師に相談しましょう。

歯磨き

ブルドッグは、食欲旺盛で食べることが大好きです。たくさん食べた後そのままにしておくと、歯垢がどんどん溜まりやがては歯石が溜まったり、歯周病を引き起こしたりします。可能であれば歯磨きを日々の習慣にし、難しい場合であっても週に1回程度は歯磨きをする習慣をもちましょう。

歯磨き自体に慣れていなくても、指先にガーゼを巻いて歯についた汚れを落としてあげるだけでも十分効果があります。歯と歯茎の部分をマッサージするように磨いてあげると効果的です。歯ブラシを使う場合は、一本ずつ歯と歯茎の間を優しく磨いてあげるようにしましょう。

歯磨きは子犬の頃から少しずつやることで効果があります。毎日、口の中をチェックする習慣をもち、歯周病を防ぎましょう。

ブルドッグがかかりやすい病気

股関節形成不全

 
ブルドッグがなりやすい病気のひとつに股関節形成不全があります。股関節の形が先天的に異常な状態で、成長と共に症状が現れ子犬の頃から歩き方がおかしく見つかるケースがあります。また、肥満や運動のやり過ぎも関節に負担を与えてしまうといわれており、早期発見と治療が大切になります。

股関節形成不全は、犬の成長期に症状が出てくることが多くありますが、突然運動を嫌がるようになったり、歩いている時にふらふらする、痛がる様子を見せるなど、なんらかの異常が出た場合は、安静にすることが必要になります。関節に負担がかからないよう、お部屋の環境を整えると共に体重コントロールなど、獣医師に相談しながら治療の方針を決めていく必要があります。

鼻腔狹窄

 
ブルドッグのつぶれた鼻がその可愛らしさをさらに引き立てていますが、鼻の穴が狭い状態を鼻腔狭窄といいます。鼻腔狭窄の場合、口で呼吸することが多くなり特に暑い夏や興奮して呼吸が速くなっている時は注意が必要になります。ハーハーとした呼吸が、そのまま呼吸困難に繋がってしまうこともあるからです。

鼻腔狭窄は、場合によっては狭まっている部分を広げる手術が必要になるケースもあります。日常生活でも興奮のし過ぎや、運動のやり過ぎなどに十分注意し、呼吸が速まっている時には休ませることも必要になります。ブルドッグの呼吸に関して、気になる症状がある場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

子犬期の注意点


ブルドッグの子犬期はその穏やかな表情と時に見せるやんちゃっぷりがとてもかわいいものです。しかし、成長具合をしっかり見てあげるようにしましょう。もともと皮膚の病気になりやすい場合や、発達に遅れがあるなど様々な問題が出てくることもあります。食事と排泄の状態、成長の段階や色素、皮膚の状態を見ていくようにしましょう。

先天的な病気の兆候がないか観察することも大切です。ブルドッグは、その体型やたるんだ皮膚の状態で先天的に骨格の病気や皮膚病になりやすいことがあります。動きの活発さや骨格や筋肉の動き、呼吸の仕方、様々な刺激に対する反応など運動の中でも、異常がないかチェックするようにしましょう。また、睡眠のバランスも大切にし、遊び、運動、食事、睡眠のバランスをしっかり保ちましょう。

ブルドッグは遊び好きで活発でありながら、非常に噛みつく力が強く自己主張が激しいわがままに育ってしまう可能性もあります。頑固な性格の持ち主でもありますので、特に子犬の頃の生活やしつけが性格形成に影響します。たくさん褒めると同時にイケナイ時はしっかりと叱る、メリハリのある生活が大切になります。

シニア期の注意点


ブルドッグはシニアになると元々たるんでいた特徴的な皮膚がさらにたるんでくるようになります。たるんだ部分に汚れがたまりやすくなると、衛生的にもよくありません。皮膚病にもなりやすくなってしまいますので、注意するようにしましょう。

また、老化は見た目の変化と共に消化や吸収のスピードもおそくなります。食事のペースが落ちてきている場合は、シニア専用のフードを選んであげるとよいでしょう。高タンパクの食事が大切ですが、運動量が減るので低カロリーにする必要があります。また、シニア用のフードを選んでいても食欲低下でなかなか食べてくれない場合や、噛む力が弱くなっている場合はお湯やスープでふやかしてあげるなどの工夫をしましょう。

ブルドッグは短頭蓋犬種といういわゆる鼻ペチャの犬種で、呼吸器系の病気も多くなります。シニアになると心臓疾患も起こりやすく、重症化すると呼吸の異常などが現れます。定期的な健康診断はしっかり受けるようにしましょう。また、高齢になると体温調節をする能力も低下し、体調を崩しやすくなります。室温管理やベッド周りの温度管理に気を付けてゆっくり休める場所を確保してあげましょう。

季節ごとの注意点

 
ブルドッグにとって春先はとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。春になると外にお出かけすることも多くなります。しかし一方で、ノミやダニの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。

春は狂犬病予防接種の時期でもあります。飼い主さんの義務にあたりますので、必ず受けるようにしましょう。また、地域によりますが5月頃からは月1回フィラリア症の予防薬、ノミダニ予防薬が必要になります。さらにお部屋の掃除をして、ノミダニの繁殖に注意するようにしましょう。

春から夏にかけては、ブルドッグの抜け毛もとても多くなる換毛期です。ブルドッグ短毛種でありますが、この時期は特にブラッシングをこまめに行い定期的なシャンプーもしっかり行いましょう。ブラッシングの際にノミダニがいないか全体的にチェックすることも忘れずにしましょう。抜け毛をそのままにしておくと、皮膚がかゆくなってしまい、皮膚炎の原因になってしまうこともありますので、注意が必要です。

 
ブルドッグは、鼻の短い独特な頭で夏の暑さには特に弱く、呼吸に注意しなくてはいけません。夏は舌を出して熱を放出しますが、その体温調節する行動もあまり上手に行うことができません。熱中症の危険性もとても高くなりますので、体調管理には十分注意しましょう。室内では愛犬の様子を見ながら、エアコンの設定温度を調節してあげるようにしましょう。

ブルドッグはその体型から、夏のお散歩では反射熱をダイレクトに受けてしまいます。お散歩の時間は早朝または夕方以降涼しくなってからいくように注意しましょう。お散歩自体をあまりしたがらないことや、外に出てもすぐに座り込んでしまうことがあります。頑固なブルドッグを甘やかしすぎることはしつけの面であまりよくありませんが、愛犬の体調や様子をしっかり見るようにしましょう。

ケージやベッド、愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていることも熱中症の危険性が高くなります。症状が重くなると、命の危険に関わりますので注意しましょう。外出する場合は、体を冷やすための洋服を着せたり、こまめに体を冷やしてあげるようにしましょう。また、夏の暑さで皮膚が蒸れやすく、皮膚トラブルも多くなる季節です。アレルギー性の症状も多くなる季節ですので、普段から体を拭いて清潔に保つこと、定期的なシャンプーを忘れないようにしましょう。また、シャンプー後はしっかり体を乾かすことも大切です。

 
秋は気温が下がりブルドッグにとっては過ごしやすい季節になります。しかし、太りやすいブルドッグは気温が下がったことでさらに食欲旺盛になってしまい、カロリー摂取に気を付けておかないと与え過ぎでどんどん肥満になってしまいます。ブルドッグにとって肥満は、心臓、呼吸、骨格など様々な部位に影響を及ぼし病気の原因になってしまいます。毎日の食事バランスには十分注意しましょう。

運動不足解消や気分転換をかねてお散歩や運動の機会を増やし、筋力アップ肥満予防に努めましょう。ただし、急激な運動には注意が必要です。夏はブルドッグの心臓に負担を与えています。秋になったからといって急に運動すると心臓にさらに負担をかけることになってしまいますので、徐々に運動を増やしていくようにしましょう。春夏と同様に外に行く機会が多くなる季節です。秋になってもフィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。

秋から冬にかけては、ブルドッグの抜け毛も多くなる季節です。気温差が激しい秋は、ブラッシングで抜け毛対策を念入りに行いましょう。洋服を着せるなどして、寒さ対策と共に抜け毛がお部屋の中にいっぱいになってしまうことも予防できます。しかし、皮膚炎を起こしやすいブルドッグですので洋服は清潔を保ち、適度に着用させましょう。

 
ブルドッグは寒さも苦手です。室内であっても気温が下がると、体調不良の原因になってしまいます。暖房をつかって、室内の温度に十分注意しましょう。また、暖房を使うことによって乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。

ベッド周りなど、睡眠中の環境にも注意してあげるようにしましょう。ペットヒーターや毛布などを利用してあげてもよいでしょう。暖房器具を使用すると、気づかないうちに体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

股関節形成不全

 
様々な小型犬に多い病気ですが、ブルドッグもなりやすい病気のひとつです。先天的に股関節が亜脱臼を起こしており、関節炎などを発症してしまいます。先天的な原因が多いものですが、関節に負担がかかることで発症してしまうこともあります。成長段階にある子犬の骨は、毎日十分な栄養をとっていても思わぬ事故から骨折や脱臼につながってしまうことがあります。

フレンチブルドッグの成長段階は個々に違いますが、普段の歩き方でも後ろ足の歩き方がおかしくスキップするように跳ねたり、腰を振って歩くなど異常は歩き方をした場合注意が必要です。また。おすわりがうまくできなかったり、ソファーや階段からジャンプした時に、関節炎がさらに悪化してしまうこともあります。

お部屋の環境を整えながら、体重管理、鎮痛剤を服用したり場合によっては手術をすることもあります。普段の生活には十分に注意し、なんらかの異常を感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。

アレルギー性皮膚炎

 
ブルドッグは皮膚炎を起こしやすい犬種です。アレルギー皮膚炎は、ノミ、ダニ、食べ物など、様々な原因で発症します。食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、環境の場合はアトピー性皮膚炎と言いますが、まずが原因を特定することが必要になります。

どんどんかゆみがひどくなり、ブルドッグのもともと弱い皮膚が炎症を起こしてします。また、かきむしることで二次感染にもつながりますので、清潔にしているのに皮膚をかゆがる様子や赤み、炎症を見つけた場合は早めに獣医師の診察をうけましょう。

シニア期に気をつけたい病気とその兆候

結膜炎

 
ブルドッグは目がやや飛び出していることもあり、目の病気もなりやすい傾向があります。傷がつきやすかったり、汚れが入りやすく、涙や目やにも多くなってしまいます。目に毛やほこりなどの異物が入っている時は片目だけでも炎症が起きますが、細菌感染やなんらかの病気が原因になっている場合は両目に炎症が出てくることがあります。まぶたの裏を覆っている結膜が炎症を起こして結膜炎になり、場合によっては角膜炎などになることもあります。

高齢になると、視力低下が進んでくることも多いものですが、白内障や緑内障を起こしている場合もあります。結膜炎や角膜炎は、目を痛がったりかゆがったりの症状があらわれます。原因によって異なりますが、目薬などの治療が必要になりますので、早めに原因を見つけることが必要になります。白内障や緑内障は、加齢とともに症状が進行していきます。早期発見によって進行を遅らせることも可能ですので、早めに診察を受けるようにしましょう。

気管脱虚

 
小型犬に多い病気で、その名のとおり気管がつぶれてしまい、咳や呼吸困難につながります。シニア期になると、そもそも筋肉が硬くなっているので空気の通り道が狭くなっていますが、心臓疾患や気管支炎の咳や過呼吸でさえ原因になってしまいます。特にブルドッグの場合、5歳を過ぎた辺りから注意が必要です。

呼吸する時に気管がつぶれて空気の通りが阻害され、咳や呼吸困難を起こします。小型犬に多い病気で、気管の筋肉が硬化してくる中シニア期、心臓病から発症してしまうこともあります。また、肥満によって、気管を圧迫してしまっているケースもあります。

気管虚脱は、激しい咳が特徴になります。特徴的なガーガーヒューヒューというような呼吸にもなります。このような咳や呼吸が続くようであれば、早めに獣医師の診察を受けましょう。定期的な健康診断や、肥満予防のための食事や運動などが大切になります。また、首輪が原因になることもあり、散歩の引っ張りが強い場合は注意が必要になります。ハーネスに切り替えてあげるとよいでしょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

 
まずはブルドッグの体全体を触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックは、コミュニケーションの一環としてもとても大切です。背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

ブルドッグは、体のバランスに注意しなくてはいけません。もともととても食欲旺盛な犬種ですが、食べすぎからあっという間に太ってしまいます。体を触ってみて、肋骨がふれる程度がちょうどよい体のバランスです。普段から体を触ることに慣れるよう少しずつ触ってあげましょう。

慣れてきたら、被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。皮膚病やアレルギー疾患にもなりやすい犬種ですので、皮膚のチェックも大切です。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないか、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。また、腰や関節を傷めやすいブルドッグですので、足を引きずる様子がないか、体の傾きはないか、特定の痛がる部位はないかなどチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

 
ブルドッグのつぶらな瞳はとてもかわいいもので、目もイキイキとしています。目の輝きを見てあげましょう。ただし、目の炎症が起きやすい犬種でもあるので、炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっている、視力低下を感じるなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。

ブルドッグは、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎を起こしやすい犬種でもあり、耳に炎症が起こることもあります。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また、耳掃除のし過ぎによって炎症が起きている場合もあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。

あわせて口のチェックも大切です。犬は歯周病になりやすく、特に老犬は注意が必要になります。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は、指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。また、口の中をチェックすることで歯茎や舌が健康的なピンク色をしているか確認してあげましょう。貧血などを起こすと、白っぽくなってしまいます。嫌がらない程度に、歯茎や口臭のチェックもしてあげましょう。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いてしまっている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。ブルドッグは、鼻腔狭窄症、軟口蓋過長症など、鼻やのどに関わる病気にもなりやすいものです。呼吸が荒い場合も呼吸器系、心臓疾患など、なんらかの病気の症状につながることがあります。普段から呼吸の状態をチェックし、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

関連記事

ブルドッグの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

さまざまなマスコットキャラクターにもなっているユニークでユーモラスな表情のブルドッグ。見た目とは裏腹に陽気で愛想のよい犬です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいる……

ブルドッグ

肥満になりやすいので要注意!ブルドッグのエサの量について

独得の厳つい顔と愛嬌たっぷりの仕草で長く人を魅了してやまないブルドッグ。強くて怖そうな見た目とは裏腹にどちらかといえば温厚で甘えん坊な性格のようです。しわが多くぽっちゃりとしたイメージですが……

ブルドッグ

ブルドッグってくさいの?気になるブルドッグの体臭ついて

しわしわの顔で口を大きく開けてパンティングをする様子は、まるで顔を崩して笑っているように見えるブルドッグ。ニッコリ笑ったような顔でおどけた仕草をされたら、ついつい「可愛い!」と撫でてしまいた……

ブルドッグ

医療費の備えが必須!ブルドッグにおすすめのペット保険について

しわの多いしかめっ面でちょっと威圧的な見た目なのに、実は飼い主が大好きな甘えん坊のブルドッグ。そのギャップに心奪われ「飼ってみたい!」と思う方も多いようですね。でもちょっと気になるのが、病気……

ブルドッグ

たっぷり抜けちゃう!ブルドッグのブラッシング方法について

がに股で体を揺するように歩く姿が愛嬌たっぷりのブルドッグ。お腹を出して鼾をかいて寝ている姿を見ると、思わず一緒に添い寝したくなっちゃいますね。そんな時に気になるのは犬の抜け毛です。添い寝をし……

ブルドッグ

ブルドッグの性格・寿命・特徴や飼うときの注意点

犬と牛と決闘させる「ブル・バイティング」のため改良された犬種をベースに、愛玩犬用にさらに改良されたのが現在のブル・ドッグです。 ブル・ドッグはその怖そう見た目とは真逆とも言える性格を持……

ブルドッグ

独特のしかめっ面! ユニークなブルドッグの魅力3選

ブルドッグといえば大きな頭と、ちょっとこわもての独特なしかめっ面がなんとも味があって魅力的ですね。重心が低くがっしりとした肉付きのよい体を横に揺らして、ドタドタと走る姿がまたユーモラスで微笑……

ブルドッグ

ブルドッグの平均体重や、年齢による食事の目安

「顔も態度もおやじのようだ」という意見もある、シワシワ顔のブルドッグですが、そのコミカルな様子に虜になる人も多く、安定した人気を保っています。強面とはうらはらに陽気で優しい気質で、子供とも仲……

ブルドッグ

のんびり屋さんでちょっぴり頑固なブルドッグのしつけについて

しわしわのしかめっ面と愛嬌たっぷりの仕草が魅力のブルドッグ。中型犬ながらどっしりとした体形をしているため力も強く、大きく発達した顎は噛まれると大けがになってしまうこともあるようです。飼う時に……

ブルドッグ

ブルドッグの病気〜獣医師が解説するブルドッグのかかりやすい病気〜

ずんぐりむっくりした体型で、ごろりと寝そべりながらも飼い主をよく観察していて、賢く甘え上手なブルドッグ。のんびりすることが大好きで、成犬になると散歩や運動も面倒くさがってしまうことが多く、肥……

ブルドッグ

【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

ブルドッグの性格と性質 性格 ブルドッグが好きという方はあの特徴的な顔が好きという方も多いのではないでしょうか。どこか怖そうな顔の印象をもつ方もいるかもしれませんが、ブルドッグは……

ブルドッグ

ブルドッグ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

顔に深く刻まれたしわと大きな口、重心の低いがっしりとした体形が勇猛さを感じさせるブルドッグ。見た目の厳つさの反面、陽気でユニークな仕草が愛嬌たっぷりな犬ですね。そんなブルドッグ の価格の相場……

ブルドッグ

ブルドッグの里親になる方法・ブルドッグの里親を探す方法

上向きにつぶれた鼻と垂れた唇、威厳のある顔立ちで近寄りがたい見た目のブルドック。でも、ドタドタと体をゆすってのんびりと歩く様子は、どこか憎めない親しみを感じます。そんなブルドッグの里親になる……

ブルドッグ

飼う前に読みたい、ブルドッグのおすすめブログをご紹介致します!

鼻ペチャでお世辞にも美しいとは言えない顔立ちですが、性格は優しく温厚なブルドッグ。行動がおとぼけで可愛いので、家族のアイドルになりそうですね!今回はブルドッグのおすすめ人気ブログ、ご紹介しま……

ブルドッグ

しわの間も綺麗にスッキリ!ブルドッグのシャンプー方法について

ブルドッグといえば沢山のしわが刻まれたちょっと強面の顔立ちですね。不機嫌そうに見えたり、笑っているようだったりとさまざまな表情を見せてくれます。そんな魅力的なしわしわ顔ですが、しわの間に汚れ……

ブルドッグ

【動物看護師が解説】ブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

体が大きく丸々とした体型に、シワシワの顔、大きな瞳に短い鼻が特徴のブルドッグ。なかなかお目にかかれない犬種ではありますが、一部の人々に熱い支持を受けている犬でもあります。強そうな見た目とは裏……

ブルドッグ

ブリーダーからブルドッグを迎える時の選び方、メリットは?

「お前は走らなくていい!!」と言われたかどうかは分かりませんが、走る事を求められなかった犬、ブルドッグ。その為に体はどっしりと重量感があり、その体を左右に揺らしながらの独特なフォームで歩きま……

ブルドッグ