2017年1月26日更新

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質

性格


イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠誠心を持っていますので、一緒に過ごしコミュニケーションを取ることに喜びを感じています。

他の犬や人とも仲良くできますし、子供と遊ぶことも好きですので、天真爛漫な性格のよい遊び相手となってくれます。しっぽをいつも振り、相手の言葉をしっかり聞いています。とても感受性が強いので、あまり長時間ひとりにさせないようにしましょう。

イングリッシュコッカースパニエルはとても賢く、しつけやトレーニングもしやすい犬ですが、リーダーがメリハリのある態度でいないと甘やかしからあっという間にリーダーの立場が逆転してしまいます。賢い犬種だからこそ、子犬の頃からしつけをすることが大切になります。

性質


イングリッシュコッカースパニエルは、もともと狩りの際に獲物を探したり、回収するといった仕事をしていました。そのため獲物をくわえやすい大きな口をしています。小型でありながらも、とても筋肉質な体つきで体力もありますので、運動が大切になります。

被毛は短いながらもとても柔らかいダブルコートです。毛色はなんと20色以上あると言われています。触り心地がとてもよい被毛ですが、その美しさを保つ為には毎日のブラッシングがとても大切になります。また、皮膚の脂っぽい犬やもともと皮膚が弱い犬もいますので、定期的なシャンプーやトリミングなどの手入れはとても重要だと言えます。

イングリッシュコッカースパニエルは、食欲旺盛で食事管理をしないと肥満になりやすい犬です。運動量が必要な犬ですので、食事と運動のバランスが悪いとあっという間に肥満になってしまいます。筋肉質な体を太らせないように、栄養バランスのよい食事を適量、子犬の頃から与えるようにしましょう。

イングリッシュコッカースパニエルの飼育の注意点

室内環境

イングリッシュコッカースパニエルは、ダブルコートの密集した被毛が特徴的です。その為、夏の暑さ冬の寒さどちらも苦手です。普段から室温は快適に過ごせる温度にしておきましょう。夏の暑さは特に苦手で、室内でも熱中症になってしまう危険性があります。

夏は熱中症に注意するため、室温は23~25℃ほどに設定しておきましょう。また万が一、停電などで冷房が消えてしまった時の為に、冷感マットなどを利用して涼める場所を作っておくことが大切になります。

冬は室温と共に湿度に十分注意しましょう。室温は人が寒さを感じずに快適に過ごせる26~28℃ほどに設定しておくようにしましょう。また、暖房によってお部屋の中が乾燥してしまうとウイルスが蔓延しやすくなったり、絹のようにきれいな被毛が乾燥してしまうことがあります。湿度は50~60%ほどにしておくとよいでしょう。年齢や体調、個体差はありますが、寒がる様子があればペットヒーターやオイルヒーターなどを使って体が冷えないように工夫をしてあげることもよいでしょう。


イングリッシュコッカースパニエルは、関節の病気になりやすいと言われています。股関節形成や膝蓋骨脱臼には特に注意しなくてはいけません。しかし、いつも陽気で天真爛漫にあ遊ぶことも大好きでもちろん運動も必要な犬種なのでお部屋の中での動きが思わぬ関節の病気を誘引したり、骨折の原因になってしまうことがあります。事前にフローリングは対策しておくようにしましょう。

フローリングは特に滑りやすく、遊びに夢中になっているうちに体に負担をかけてしまうものです。関節への負担を減らすためにも、カーペットやペット専用の滑り止めつきマット、コルクマットなどを敷いてあげるようにしましょう。

関節の病気がある場合や高齢になってからは、特に小さな段差ひとつにも気を配ってあげたいものです。ソファなどの段差であってもステップをつけてあげたり、抱っこをする、低めのソファを選ぶ、上らせないしつけをして習慣にするなど日頃から注意することが大切です。

家具の配置


イングリッシュコッカースパニエルは非常に頭がよい犬種です。しつけもしやすいものですが、その分甘やかしてしまったり、中途半端な態度を取ってしまうと、悪いことやいたずらなどをあっという間に覚えてしまうこともあります。そのような行動を減らす為には、普段からの飼い主さんとの関係も非常に大切になります。

イングリッシュコッカースパニエルと暮らす際は、犬が安心して過ごすことができるパーソナルスペースを確保してあげるようにしましょう。飼い始めの時からケージやサークルで過ごす習慣を作っておくと安心です。室内にサークルを置き、その中にベッドやトイレ、食事場所を作っておくと、留守番の際や来客時なども安心してその中で過ごさせることができます。特に子犬の頃は、しつけの一環としてもとても有効です。

イングリッシュコッカースパニエルはリーダーへの忠誠心や愛情がとても深い犬です。家族と一緒に過ごすことが大好きな上、とても好奇心旺盛な犬種ですので、リビングなど目が届くところにサークルは設置してあげるとよいでしょう。ただし、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所、転倒のおそれのある家具やインテリアのそばに置かないなど、思わぬ事故につながらないように注意な必要です。

運動


イングリッシュコッカースパニエルは、とても活動的な犬種ですので運動もたっぷり必要になります。もともと狩猟犬として働いていた賢さもある為、トレーニング要素の高い運動を取り入れてあげると、リーダーとのよい関係性を築きながら、とても楽しい時間を過ごすことができます。

普段は朝晩1日2回30分程度の散歩をしてあげるようにしましょう。ボール投げの遊びなども大好きなので、可能な範囲でロングリードなどを活用しながら思いっきり運動する習慣を持つとよいでしょう。また、定期的にドッグランなどで走らせてあげるとストレス発散になります。

ただし、暑さには弱い犬種ですので、散歩や運動の時間帯には十分注意することが大切です。特に夏の散歩は夕方以降涼しくなってから行くようにしましょう。体力がある犬種ではありますが、運動中の異変を感じた時は、すぐにクールダウンさせてあげることも大切です。

しつけ

イングリッシュコッカースパニエルは非常に賢いのでしつけやトレーニングもしやすいものですが、賢いがゆえにトラウマや嫌なことがあったりすると、なかなか前に進むことができなくなってしまうこともあります。しつけを行う際には成功を重ねてたくさん褒めることと、嫌なことや怖い思いをしないように注意してあげることが大切になります。

その賢さゆえに、リーダーとの関係があいまいになっていると、自分がリーダーだと考えてしまうこともあります。上下関係をしっかり構築する為に基礎服従もしっかり行うようにしましょう。元々とても陽気な犬種ですので、たくさん褒めてあげることによってイングリッシュコッカースパニエルはさらにテンションが上がり、楽しくトレーニングできるようになるでしょう。

陽気で活発な犬種なので特に「オスワリ」や「マテ」で制止をかけることはとても大切になります。好奇心旺盛でゆえに、何かを夢中で追いかけてしまうことがあるのです。リーダーの指示のもと冷静に止まることができるようにコマンドをしっかり伝えるようにしましょう。

イングリッシュコッカースパニエルのケア方法

ブラッシング

イングリッシュコッカースパニエルの美しい被毛を保つ為には毎日のブラッシングがとても大切になります。普段の被毛の手入れとしては、スリッカーを使って抜け毛を取り除いたり、もつや毛玉をほぐしていきましょう。

毛量が多いイングリッシュコッカースパニエルですので、少しずつ毛をかき分けながら行いましょう。その後は、ピンブラシやコームで毛の流れを整えてあげると、きれいな被毛になります。皮膚の状態は脂っぽいことも多い犬種ですので、月1回ほどはしっかりとトリミングに行くようにしましょう。

イングリッシュコッカースパニエルの絹のような美しい被毛は日々のブラッシングがとても大切になります。ブラッシング用のスプレーなどを使いながらピンブラシとコームをかけてあげると、静電気を防ぎ毛のもつれもきれいにほぐしてあげることができます。コミュニケーションをかねて丁寧にブラッシングする習慣をもつとよいでしょう。

爪切り

イングリッシュコッカースパニエルの爪切りは、月に1回程度トリミングの際には確認して行う習慣をもちましょう。運動が大好きですので、お散歩で走りまわっているうちに爪が削れていくことはあっても、綺麗に整っていくわけではありません。爪が引っかかって怪我をすることや、伸びた爪によって歩行姿勢が悪くなったり、爪自体が肉球に刺さってしまうということもあるのです。

自宅で爪切りをする場合は、出血や痛みを伴わないように注意しましょう。爪切り自体に慣らすところから始め習慣にしておくとスムーズに爪切りを行うことができます。爪を切る場合は、血管と神経を切らないように床に爪がつかない程度の長さを見ながら少しずつ切っていきましょう。

爪切りや体を固定されることを嫌がる場合は、無理に行わないようにしましょう。焦って力が入ると犬も緊張してしまいます。まずは1本だけからスタートをして、徐々に慣らしていくだけでもよいでしょう。トリミングの際にトリマーさんにお願いしたり、健康診断などの際に獣医師にお願いして愛犬にも無理をさせないことはひとつの方法です。

肛門腺絞り

イングリッシュコッカースパニエルは、定期的に肛門腺絞りを行う必要があります。地面にお尻をこするようなしぐさをした時、肛門腺にすでに分泌物が溜まっていることがあります。肛門膿という分泌液が溜まるとお尻に違和感を感じ、さらにそのままにしておくと炎症が進み、穴が開いてしまうこともあります。

肛門腺絞りは月に1回のトリミングの際や健康診断をかねて獣医師にお願いしてもよいでしょ。自分で行う場合は、人差し指と親指で犬の肛門をつまみ、下から上につまみ出すように絞ると分泌物が出てきます。とても臭いのでティッシュなどで肛門周りを囲みながら行うか、シャンプー前に行うと安心です。

肛門付近はとてもデリケートな部分で、触るだけでも嫌がる犬も少なくありません。日ごろのブラッシングと同様に、体全体を触って肛門付近を触っても嫌がることがないようにトレーニングしておくと安心です。

耳掃除


イングリッシュコッカースパニエルは週1回程度は耳のチェックを行い、必要に応じて耳掃除を行いましょう。イングリッシュコッカースパニエルは垂れ耳の為、汚れが溜まりやすく、細菌感染や外耳炎なども起こしやすい犬種です。また、毛量も多いので、耳の中の毛を抜いたり、周りの毛をカットする必要もあります。

耳掃除を行う場合は、犬用のイヤークリーナーを使って耳のお手入れをしてあげるようにしましょう。耳にイヤークリーナーを垂らして、あとは外から耳を挟んでクチュクチュ音がするのを確認しながらマッサージするようにしていきます。綿棒を使うと、汚れを中に押し込んでしまうこともありますので、マッサージで出てきた汚れを拭き取る程度にしておきましょう。

定期的な耳掃除をしていても、耳の周辺が赤くなっていたり、黒い耳垢が出る、どんどん汚れが溜まってしまうなど、異常がある場合は、すでに外耳炎を引き起こしている可能性もあります。また耳を痒がる時は、細菌感染や耳ダニなどへの感染などが疑われます。動物病院を受診し、耳のチェックをしてもらいましょう。  

目の手入れ

個体差があるものの、目の病気を発症しやすく、涙やけとなる流涙症も起こしやすい犬種です。涙が目からあふれてきてしまう病気ですので、普段から、涙の量が多いと感じた時には早めに動物病院を受診しましょう。

涙やけによって目の周りの毛が変色してしまわぬよう早めの対策が必要になります。涙やけ対策のグッズは多く販売されています。脂質成分が酸化しているので、涙やけ専用の薬剤成分が入ったシートも販売されています。普段は優しくコットンで涙や目やになどを拭き取るようにし、定期的な涙やけ対策のシートを使ってみてもよいでしょう。

イングリッシュコッカースパニエルは定期的にトリミングが必要な犬種です。目の周りの毛もカットしてもらうようにするとよいでしょう。イングリッシュコッカースパニエルは目の病気になりやすい為、日ごろから目の色や目の周りの手入れを行ってあげるようにしましょう。

歯磨き


イングリッシュコッカースパニエルの歯磨きは子犬の頃から日々の習慣にしてあげたいものです。食べることが大好き犬種ですので、歯垢がたまると歯石になり歯周病はどんどん進行してしまいます。歯の汚れを拭き取るだけでも効果はありますので、歯磨きを習慣にしてあげましょう。

歯磨きは子犬の頃からの習慣がとても大切になります。まだ歯磨きに慣れていない場合は、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻いて歯の汚れをふき取ってあげましょう。一緒に歯茎のマッサージも行うと効果的です。歯ブラシで歯磨きを行う場合も、まずは歯ブラシ自体に慣らし、少しずつ磨いていくようにしましょう。

歯ブラシを使う場合は、犬用歯ブラシまたは子供用歯ブラシが便利です。その他、日々の習慣としてデンタルガムを与えたり、歯磨き効果のあるロープで遊ぶ習慣をもつことも歯磨きの一環になります。無理せず愛犬にあったデンタルケアを行うとよいでしょう。

イングリッシュコッカースパニエルがかかりやすい病気

股関節形成不全

 
イングリッシュコッカースパニエルがなりやすい病気のひとつに股関節形成不全があります。股関節の形が先天的に異常な状態で、成長と共に症状が現れ、子犬の頃から歩き方がおかしく見つかるケースがあります。また肥満や運動のやり過ぎも関節に負担を与えてしまうといわれており、早期発見と治療が大切になります。

股関節形成不全は犬の成長期に症状が出てくることが多くありますが、突然運動を嫌がるようになったり、歩いている時にふらふらする、痛がる様子を見せるなど、なんらかの異常が出た場合は安静にすることが必要になります。関節に負担がかからないようお部屋の環境を整えると共に体重コントロールなど獣医師と相談しながら治療の方針を決めていく必要があります。

白内障

 
イングリッシュコッカースパニエルは目の病気も発症しやすいと言われております。その中のひとつに遺伝的に起こる先天性と高齢になっておこる後天性の白内障があります。白内障は眼の水晶体が白濁していることで飼い主さんも気づくことが多いものです。

徐々に視力が低下するため、最初は気づかなくても犬の歩き方や夜間見えにくそうにしている姿などで気づき、最終的に失明することもあります。また、糖尿病を原因として起こることもあります。

白内障は進行する病気ではありますが、点眼薬によって進行を遅らせることができます。しかし、それも早期発見することができた場合です。普段から目のチェックをすること、高齢になった場合は定期的に健康診断と共に獣医師に目の状態も見てもらうようにしましょう。また白内障になった場合は、ケガをさせない為にも室内の環境を整え散歩などの際も十分に注意してあげましょう。

子犬期の注意点

イングリッシュコッカースパニエルの子犬は人と一緒に過ごすことが大好きでとても活発です。元々とても穏やかで陽気な性格をしている為、ひとりで過ごすことは苦手です。家族と一緒に過ごす時間を大切にし、たくさん遊んであげることが大切になります。しかし、子犬の頃はしつけも大切な犬種です。あまり厳しくしすぎるとやる気がなくなってしまいますが、利口なのでリーダーとの関係性がとても大切になります。遊びと休ませるタイミング、遊びとしつけのメリハリがとても大切になります。

活発なイングリッシュコッカースパニエルにとって適度な運動も非常に大切です。しかし子犬の頃は、骨の成長段階で関節を痛めやすいので、十分に注意し、過度な運動は控えるようにしましょう。お部屋の中で遊んだり運動する場合も、フローリングで滑って股関節が外に開いてしまったり、骨折や脱臼につながらないように注意が必要です。

遊ぶことが大好きなイングリッシュコッカースパニエルだからこそ、運動と食事、睡眠のバランスがとても大切になります。体が急激に発育する為、その分しっかり食べることが大切になります。栄養管理に注意しましょう。また、柔らかく絹のように美しい被毛を保つ為にブラッシングの習慣をしっかりもつことも大切です。

シニア期の注意点

運動すること、トレーニングすること、家族と一緒に過ごすことが大好きなイングリッシュコッカースパニエルですが、シニアになってからは心臓病や関節の痛みなどが出てきやすい犬種でもありますので、定期的な健康診断と愛犬のペースに合わせて適度に運動するようにしましょう。運動をすることは気分転換となり血行もよくなります。脳の活性化、代謝アップにもつながりますので、可能な範囲で散歩に行くとよいでしょう。

イングリッシュコッカースパニエルの毛並はとても美しく、ウェーブのかかった特徴的な被毛ですが、だんだん毛の色がうすくなってきたり、筋肉が衰えてくるなどの症状があります。また食事のペースや消化、吸収、能力も低下してきます。シニア向けフードに切り替えるなど、愛犬の栄養管理に十分注意してあげましょう。

お部屋の中で寝て過ごす時間が多くなるシニア犬の為にゆっくり休むことができる環境を用意してあげるようにしましょう。もともと活発だったイングリッシュコッカースパニエルも動きがゆっくりになります。体の変化だけでなく、心の変化によって老化が進んでいることもあります。ゆっくり休める環境の中でも、愛犬とのコミュニケーションを大切にしましょう。ただし、ふらつきなど神経症状が出ている場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

季節ごとの注意点


イングリッシュコッカースパニエルにとってとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。特に子犬やシニア犬は注意しましょう。朝晩の寒さは体を冷やす原因になってしまいますので室温管理に注意するようにしましょう。

春になると外にお出かけすることも多くなります。イングリッシュコッカースパニエルは外で遊ぶことや一緒にトレーニングすることも大好きな活発な犬種ですので、ストレス発散の為にもたっぷりお散歩などで運動する時間を作りましょう。

しかし、一方でノミやダニの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。ノミダニ対策、フィラリア予防薬、動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。また、狂犬病予防接種の時期でもありますので、必ず受けるようにしましょう。

イングリッシュコッカースパニエルは抜け毛も非常に多いことが特徴的です。被毛自体がとても柔らかく、胸の周りや耳のあたり毛はからまりやすくなってしまいます。お散歩が気持ちいい季節ではありますが、お散歩の後などはブラッシングでほこり、毛玉やもつれを取りのぞくようにしましょう。また、美しい被毛を保つためのシャンプーも2週間から3週間に1回は行うようにしましょう。


ダブルコートのイングリッシュコッカースパニエルは夏の暑さにとても弱く熱中症には十分注意しなくてはいけません。熱中症は家の中にいてもかかることがありますが、外で遊ぶ場合はさらに注意が必要です。運動が大好きな犬種ですので、外に行かないことはストレスになってしまいます。お散歩の時間も夕方以降涼しい時間にするなど、生活スタイルを改めて見直すようにしましょう。

室温は人間が快適に過ごすことができる温度で十分ですので、エアコンを上手に利用しましょう。ただし、冷房の風が直接当たってしまうとあっという間に体が冷えて体調を崩す原因にもなってしまいます。ケージやベッド、愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていないか確認すると共に、冷風もあたっていないか確認しましょう。

夏バテによって体力や食欲が減退してしまうこともあります。基本的に食べることが大好きなイングリッシュコッカースパニエルですが、食欲が低下してしまった場合は水分量が多く嗜好性も高いウェットフードを与えてみるなど、少量であっても栄養補給できるような食事を心がけてあげるとよいでしょう。ただし、高カロリーな物を与え過ぎると、肥満や皮膚コンディションを悪くする原因になりますので注意しましょう。


秋は気温も下がって春と同じくイングリッシュコッカースパニエルとっては過ごしやすい季節になります。冬に向けて体力を回復させておきたい季節でもありますが、注意すべき点は食欲と肥満です。急に食欲旺盛になってしまい欲しがるままに与えていると、あっという間に肥満になってしまってしまいます。食欲旺盛になったからと言って与え過ぎないように十分に注意しましょう。

秋はお散歩も気持ちよい季節です。春夏と同様に秋もフィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。また、お散歩のあとのブラッシングや被毛の手入れはしっかり行うようにしましょう。皮脂が残っていたり、乾燥してしまっていると、被毛にダメージを与えてしまいます。万が一、痒がるなど、皮膚に異変を感じた場合は、早めに動物病院を受診しましょう。


イングリッシュコッカースパニエルにとって冬の寒さによる体の冷えは体調不良の原因になります。室温を保つことはもちろんですが、外にお出かけする場合は外気温に合わせて洋服を着せるなど、体温を保てるようにしましょう。その場合は体温調節がしやすいコートなどがおすすめです。動きやすいもの、着脱しやすいものを選んであげるようにしましょう。万が一、震えてしまっているようであれば、すぐに体をあたためるよう抱っこしてあげましょう。

冬は暖房を使うことによる乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。暖房器具を使用すると気づかないうちに体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

進行性網膜萎縮症(PRA)

 
イングリッシュコッカースパニエルは、目の病気にかかりやすいと言われています。先天性の目の病気を持っていることもあり、子犬の時から目の動きや視力に注意しておくとよいでしょう。進行性網膜萎縮症は、網膜の委縮と変性が進んでいくことによって徐々に目は見にくくなっていく病気です。発症年齢は様々で高齢になってから発症することもありますが、1歳未満の子犬のうちに発症してしまうこともあります。進行していくと失明につながってしまいます。

犬の視力低下はかなり進行した時に気づくことも多いものです。夜のお散歩にあまり行きたがらなくなってしまった、飼い主さんの動きに対して反応がにぶいなど、子犬のトレーニングをしている時に異常に気付くこともあります。愛犬の視力の異常に気付いた場合は早めに検査するようにしましょう。

チェリーアイ

 
目の病気になりやすいイングリッシュコッカースパニエルが気を付けておきたい病気のひとつにチェリーアイがあります。遺伝性の病気のひとつで目頭にある瞬膜腺や第三眼瞼腺が飛び出してしまうものです。チェリーアイによって涙が増えたり、充血を起こすなど目の炎症が起こります。また、遺伝でなくても腫瘍や外傷を原因にして起こることもあります。

チェリーアイによって結膜炎などを起こすことがあります。涙や目やにが多い、目を痛そうにする、まぶしそうにしているなど、なんらかの異変を感じた場合は早めに動物病院で検査するようにしましょう。

シニア期に気をつけたい病気とその兆候

心筋症

 
拡張型心筋症は心筋が何らかの原因で厚くなるなどの異常な状態となり、心臓の働きが悪くなってしまう心筋症のひとつです。心筋症には大きく分けて「拡張型心筋症」、「肥大型心筋症」、「拘束型心筋症」があります。

スパニエル種では遺伝的要因で発症することも多いものですが、メスよりもオスに多いと言われており、心臓病独特の咳や元気消失、食欲低下などの症状が起こります。重度になると呼吸困難などを起こしてしまいますので、普段から呼吸や脈拍には注意しておきましょう。

運動が大好きだったイングリッシュコッカースパニエルが動くことを嫌がったり、すぐに疲れてしまうことも心臓に負担がかかっているからです。症状に合わせた治療が必要になる為、定期的な健康診断、病気の早期発見が大切になります。シニアになってからは、特に心臓病に注意するようにしましょう。

緑内障

 
イングリッシュコッカースパニエルは比較的目の病気になりやすいと言われています。高齢犬になるとさらに目の病気はなりやすいものですがその一つが緑内障です。緑内障は眼球が飛び出し、視野が狭くなる病気ですが、痛みを伴うため犬も頭に触られるのを嫌がってしまうことがあります。

失明の恐れがあり進行もしていく病気ですので、目を気にする様子、目の充血や角膜の濁り、なんとなくでも目が以前より出ているような気がするなど、異常を感じた場合は早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。また目も周りの毛の手入れやビタミンCの接種、定期的な健康診断と共に目の検査も受けておくとよいでしょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

 
まずはイングリッシュコッカースパニエルの体全体を触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックはコミュニケーションの一環としてもとても大切です。背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

ダブルコートのイングリッシュコッカースパニエルはブラッシングも優しく行う必要があります。スリッカーで強くブラッシングしていると、皮膚まで傷つけてしまうことがあるので、注意しながら被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。

特に梅雨の時期は、美しい被毛も毛玉になりやすいものです。そのままにしておくと衛生的にもよくありません。毛玉やもつれはといてあげるようにしましょう。併せて皮膚のチェックも大切です。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないかなどチェックすることも大切です。また、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。地面にお尻をこするようなしぐさをしている時は、肛門腺絞りが必要なサインです。その他お尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

 
元気な場合は顔もとてもイキイキとしています。ただし、目の病気になりやすい犬種ですので、普段から目の輝きを見てあげましょう。逆さまつげになっている、目の炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっているなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。なんらかの病気が原因で涙が豊富になると、涙やけにもなりやすいので、涙が出ている場合は丁寧にふき取ってあげましょう。

イングリッシュコッカースパニエルは垂れ耳な上に皮膚の炎症も起こしやすく耳の炎症を起こしやすいものです。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また丁寧に耳掃除をしようとしたあまり、耳を傷つけてしまっていることもあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。耳の炎症は、アレルギーによって引き起こされていることもありますので、注意してみるようにしましょう。

また、口のチェックも大切です。犬は歯周病になりやすく、特に高齢犬は注意が必要になります。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いてしまっている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】バーニーズマウンテンドッグとの暮らしで注意すること

バーニーズマウンテンドッグの性格と性質 性格 バーニーズマウンテンドッグは家族とのつながりをとても大事にする穏やかな犬で、一度飼うとその魅力にどっぷりはまってしまうと言われています。……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】ミニチュアダックスフンドとの暮らしで注意すること

ミニチュアダックスの性格と性質 性格 ミニチュアダックスは、性格がとても明るく、その表情も豊かです。好奇心旺盛で遊ぶことが大好きな犬種ですので、家族とのコミュニケーションもとても大切……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】ミニチュアシュナウザーとの暮らしで注意すること

ミニチュアシュナウザーの性格と性質 性格 ミニチュアシュナウザーは、頑固で警戒心も強いと言われていますが、人間に対してはとても友好的な面を持っています。また、活発で陽気な面も持ってい……

犬の歯の磨き方