2017年5月22日更新

夏のお留守番で気を付けること【犬編】

愛犬と一緒に暮らす方にとって、お留守番には様々な不安がつきものです。夏のお留守番となると、さらに心配ごとも増えてしまうものです。注意すべきことをふまえた上で、事前に準備をして、愛犬の体調を崩すことなく過ごせるように注意しましょう。

熱中症に注意

imasia_2942775_S
夏のお留守番で一番注意したいことと言えば、熱中症対策です。犬は、暑さに弱いものです。気温が22℃以上、湿度が60%以上になってくると、すえに熱中症の危険が迫ってくるとも言われています。熱中症になると、呼吸が荒くなり、よだれが出ます。体温が上がり、命に関わりますので、まずはエアコンを使って室温湿度の管理がとても大切になります。

ケージやサークルの中でお留守番をさせている場合にも注意が必要になります。ケージやサークルが直射日光にあたり、犬も逃げ場がないとどんどん体温が上がってしまいます。風通しのよい場所、窓から離れた場所など、愛犬の「ハウス」や「ベッド」を置く場所にも注意しましょう。

愛犬が休む場所に市販のクールマットや凍らせたペットボトルなど、体を冷やすことができる物を置いておくことも熱中症対策によいでしょう。万が一、停電などで、エアコンが止まってしまった時も、体を冷やすことができる場所があると、少しでも熱中症の危険を減らしてくれます。ただし、愛犬が気になってマットを噛んでしまい誤飲誤食につながることもあります。まずは、飼い主さんの目が届く時に、使用するようにしましょう。

食欲低下に注意

imasia_1838076_S
暑くなると、食欲が落ちてしまう犬は多くなるものです。特に梅雨に入ったあたりから、少しずつ食べなくなってしまうということも少なくありません。犬にとっても急激な気温上昇は、夏バテ状態にしてしまうことがあるのです。食欲が落ちて痩せてきてしまうと、体力も落ちてしまいます。特に子犬や老犬は注意しましょう。

夏のお留守番の時、食欲が落ちてきている場合は、ウェットタイプの物を与えてみるなど、水分と栄養素を取り込める食事内容にしてあげるとよいでしょう。ウェットタイプは嗜好性も高いので、夏バテ対策とお留守番のストレス解消にもつながります。ただし、夏のドッグフードはとても傷みやすいものです。30分ほどめどに、一度に食べきらない場合は、片づけるようにしましょう。ドライフードも夏は酸化しやすく、傷みが早くなります。また、保存方法が悪いと、カビや虫が発生してしまうこともあります。管理方法に気を付け、なるべく早く使いきるようにしましょう。

食事と共にたっぷりの飲み水を用意してあげることも忘れずにしましょう。夏は、特に水分補給が大切になります。水をたっぷり飲んで、排尿することが体温調節にもつながりますので、水はいくつか場所を分けておくなどして、多めに用意しておきましょう。

留守中のお世話

imasia_12913889_S
暑い夏、愛犬の体調が心配な場合は、お留守番中のお世話を知り合いや専門のペットシッターに頼むこともよいでしょう。特にペットシッターは、ペットシッターは、打合せや登録だけを事前に済ましておくということも可能です。お留守番の時に安心して頼めるペットシッターを見つける為に、まずは、様々な相談をしてみるだけでも、よいでしょう。

夏の暑い日に外出しなくてはいけない用事ができてしまったとき、散歩だけお願いしたい時、体調不良の愛犬の様子を見てほしい時、不安を感じている時に愛犬のお世話を頼めることができるというのは、飼い主さんの心の余裕、愛犬のストレス軽減につながるのではないでしょうか。

ペットシッターは、緊急時の医療行為などができません。その為、愛犬の日頃からの健康管理やワクチン接種なども大切になります。特に暑い日が続く夏は、体調を崩しやすくなります。長期のお留守番の前には、かかりつけの獣医師に、一度相談しておくこともよいでしょう。

まとめ

夏の愛犬のお留守番で大切なことは、まずは日ごろの健康管理の為に、食事に気を配ることです。普段から体調に気を配ることで、安心してお留守番させることができます。また、お留守番の時は、室内の環境、温度、湿度を整え、熱中症に十分注意するようにしましょう。不安を感じる長時間のお留守番の場合には、ペットシッターや知り合いにお世話を頼んでおくと、さらに安心です。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

関連記事

【動物看護師が解説】犬のサマーカットのメリット・デメリット

ジメジメの梅雨が終わると、ついに本格的に暑い夏が来ますね。わたしたちは暑ければ薄着をし、涼むことができますが、犬たちは毛を脱ぐことはできません。ならばいっそのこと、短くカットしてあげようと思……

犬に関する夏の注意

正しい散歩、できてますか?小型〜大型犬、季節ごとの散歩のルール

愛犬にとってお散歩は運動不足やストレスを解消し、健康的な生活を送るためには不可欠なものです。しかしただ歩けばいいという訳じゃなく、散歩の中できちんと愛犬との関係性を保ってルールを教えていくこ……

犬に関する夏の注意

【獣医師が解説】人間にとって不快な湿気は犬猫にとっても不快なの?

じめじめした湿気が気になる季節が近づいてきました。日本の梅雨から夏にかけての湿度の高い気候が苦手な人も多いでしょう。それでは、犬や猫にとってもやはり湿気は不快なものでしょうか。高い湿度が体に……

猫に関する夏の注意

【獣医師が解説!】人間用の日焼け止めなどがついた肌を犬や猫が舐めても大丈夫?

夏の外出時に欠かせないもののひとつが「日焼け止め」ですね。体に日焼け止めを塗ったあと、愛犬や愛猫がそこを舐めてしまったという経験のある人も少なくないのではないでしょうか。犬や猫が人間用の日焼……

猫に関する夏の注意

暖かくなったら要注意!犬のノミやダニ、シラミなどの寄生虫について【獣医師監修】

外が暖かくなると活発になるのは犬や猫や人間だけではありません。ノミやダニといった犬や猫の体表に付着して生活する寄生虫も活発に活動を始めます。 これらは外部寄生虫とよばれ、犬や猫に害をお……

犬に関する夏の注意

絶対に防げる犬の熱中症。対策と起きてしまった時の対応。

犬にとっても暑さがこたえる夏。人間が「暑い」と思う環境は、被毛をまとっている犬にとっては「とっても暑い」という環境です。気温があがるとお年寄りや子供の熱中症の事故のニュースも増えてきます。こ……

犬に関する夏の注意

【獣医師が解説】犬や猫も日焼けをするの?対策は?

最近はずいぶん日差しが強くなってきましたね。日差しが強くなってくると気になることのひとつといえば、『日焼け』だと思います。人と同じように、犬や猫も日焼けをするのか、気になったことはありません……

猫に関する夏の注意

熱中症対策も始めよう!愛犬が室内で快適に過ごすための工夫とは?

ムシムシと湿度も高く、暑い日も多くなってきましたね。 そろそろエアコンをつけようかな・・・と思い始めた飼い主さんも多いのではないでしょうか? ここでは、愛犬が室内で快適にこれからの季節を……

犬の雑学

【暑さ対策!】愛犬・愛猫のため、電気不要のひんやりグッズおすすめ10選

とにかく暑い夏!毛皮を着ている動物たちは本当に大変です。放置していると、熱中症などを起こしてしまいますので、涼しくなる工夫をしてあげたいものです。 今回は、お留守番をしている間も安心、……

猫を迎える際の室内環境

これから暑くなる夏の季節に。ダニ・ノミ・蚊などから愛犬を守るおすすめドッグウェア10選

どの季節もそうですが、特にこれから暑くなる季節、気を付けてあげたいのが虫。 特にダニやノミ、蚊などは要注意です。犬の場合、散歩をするときなどにほかのペットより虫と接触する機会が多いので……

犬に関する夏の注意

【獣医師が解説】ペット向け経口補水液とは?ペット向け経口補水液の使い方と注意点

経口補水液は、開発途上国などで多くのこどもの下痢に対して効果をあげていることで注目され、近年は日本でも脱水状態の治療に利用できる食品として知られてきています。テレビCMや薬局の店頭などで経口……

猫に関する夏の注意

【獣医師監修】正しい知識を身につけて、猛暑を乗り切ろう!愛犬のための熱中症対策マニュアル

重度になると死に至ることもある熱中症。夏真っ盛りのこの時期、その症状から応急処置、予防策についてあらためておさらいしておきましょう。全身を毛で覆われ、人間と違って汗をかくことで熱を放出するこ……

犬に関する夏の注意

【虫除け対策!】 安心安全 犬猫の虫除けグッズ10選

もうすぐ夏到来。愛犬・愛猫の虫刺されも気になる季節ですよね。 しかし猫(やその他の肉食動物)は、犬には使用できるエッセンシャルオイルも有害となるという説もあるため、猫の虫除け対策に関し……

犬に関する夏の注意

【暑さ対策!】愛犬のためのおすすめグッズ 9選

人間と違い、犬は身体に汗腺がほとんどありません。パンティング(ハアハアと口で呼吸する)の気化熱で体温調節をしたりするものの、人と比較すると、熱を外に出す力は非常に弱いものです。 特に夏……

犬に関する夏の注意

暑い夏に気をつけたい犬の散歩。熱中症にさせない為に準備したいグッズやお散歩のコース、お散歩の時間

犬の散歩、暑い季節と寒い季節で同じコース、時間に出かけたりしていませんか?散歩は犬にとって楽しいイベントですが、年齢や季節によっては体に負担がかかり、体力消耗や病気の原因になることもあります……

犬に関する夏の注意

【獣医師が解説】熱中症のサインを知っておこう。よく見られる熱中症のサインとは?

暑い日が増えてきましたね。本格的な夏がやってくる前の今の時期から、是非気をつけておきたい病気が「熱中症」です。 熱中症は、時には命に関わることもある恐ろしい病気です。熱中症を起こさない……

猫に関する夏の注意

放熱ウェア?接触冷感ベッド?愛犬が猛暑に負けないアイテムがたくさん!!

そろそろ暑い季節を迎えますが、人間も犬も体調不良を起こしやすくなります。 犬は人間よりも毛が多く汗腺も少なく、体温調節が難しいのでしっかりケアをしてあげることが大切です。 暑さに……

犬の雑学

【獣医師監修】夏は外耳炎に要注意!愛犬の耳のチェックをしてみましょう!

暑く、湿気の多い夏になると増える犬の病気の一つが外耳炎です。よく頭を掻いたり、頭をどこかでこすったりしていませんか。これらは犬が耳を痒がる時に見せるサインの一つです。 最近耳のチェック……

犬の耳の病気

夏のお留守番で気を付けること【犬編】

愛犬と一緒に暮らす方にとって、お留守番には様々な不安がつきものです。夏のお留守番となると、さらに心配ごとも増えてしまうものです。注意すべきことをふまえた上で、事前に準備をして、愛犬の体調を崩……

犬に関する夏の注意