動物病院は行きづらい?動物病院との信頼関係の築き方。

ペットは家族の一員として大事な存在ではありますが、「このくらいのことで病院に連れて行っても良いのかな…?」と思うことも多いのではないかと思います。
犬や猫は私たち人間と違って、具合が悪くてもそれを言葉で説明してくれることはありません。
「いつもと違うような感じはするけど気のせいかもしれない」なんて考えていると、普段通りに戻ったなんてこともありますよね。
このような状況になった時に獣医師さんに聞いていいのかどうか考えてしまうものです。

 

ささいなことでも獣医に聞いて大丈夫。

動物病院に勤めている獣医さんや動物看護師の方に上記の話をしてみると、「自己完結しないで聞いてくだされば嬉しいです」とおっしゃっていただけました。
「獣医療者も動物を飼われている方たちと同じで動物たちのことが大好きなんです。動物の元気がないと心配になりますし、特に問題なく元気であるなら嬉しいものですよ。獣医に直接聞くのに遠慮してしまうという方は、看護師でも良いからぜひ聞いてください」とお話ししてくださいました。

 

動物病院との信頼関係

犬や猫を通した関係とはいえ、動物病院の方々との関わりも人と人の関係ですから、こちらが疑問に思っていることに明確な答えを出してもらえると、その動物病院は信頼できるという評価になりやすいかと思います。

たしかに獣医師と患者という関係ではありますが、ちょっとした質問にも丁寧な回答をしてもらえるとその先生を信用することができますし、結果として通いやすいと思う気持ちも出てきますよね。
人と人が付きあっていく上で信頼関係は重要なポイントとなるのですから、飼い主が抱いている不安を解消するということも動物病院に勤めている方のお仕事だという事なのですね。

もうひとつ動物病院に行きづらいことと言えば金額もネックになってくるのではないでしょうか。
動物病院は人間のように国が保険を保証してくれる制度がありませんので、基本的に100%自費診療になってしまい、けっして安くはないものになってしまいます。
同じ『お金を払う』という行為なのであれば、自分が納得するものにお金を出したいですよね。

動物病院に連れて行った時に検査や診察をしてくれてはいるけど、どんな検査なのか何の診察をしているのか、やらなくても良い事なのではないか…と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
信頼を置いている獣医さんであれば必要な事なのだなと納得できるのですが、初めて行く動物病院だとつい色々考えてしまいがちになります。自分が納得してお金を払えるようになるには、疑問に思っていることの回答を得てしまうことが一番早い方法なのです。
今おこなわれている検査で何が分かるのか、この治療は何のためにするのかというようなことも回答が得られれば納得していくことができますよね。

動物病院で働いている方々も、動物や飼い主の方に寄り添っていきたいと考えているところが大半だと思います。
疑問に感じたことは小さなことであれ、どんどん聞いてしまうのも良いですね。

関連記事