2017年5月18日更新

トイ・プードルの抜け毛対策・ブラッシングの方法について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

フワフワと豊かな被毛はカットスタイル次第でいろいろな表情を見せてくれるトイ・プードルの魅力の1つです。最近ではカラーリングを入れるなどより積極的にスタイルを楽しむ方が増えていますね。そんなトイ・プードルの被毛ですが抜け毛はあるのでしょうか?今回はトイ・プードルの抜け毛について調べてみました。

 

トイ・プードルは抜け毛が多いの?少ないの?

トイ・プードルは抜け毛が少ない犬種だといわれています。その理由はトイ・プードルの毛質にあります。

犬の被毛は大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプに分けられます。

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートと呼ばれる犬種は、春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、ダブルコートの犬は寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛(アンダーコート)が抜け替わることによって、季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

トイ・プードルは抜け毛が少ないシングルコートの犬種になります。

しかしまるで抜けないというわけではありません。季節の変わり目には換毛期があり、ダブルコートの犬種のような大量の抜け毛はありませんが、いつもよりも抜け毛が多くなります。ただトイ・プードルの被毛はカールしていて切らずに放っておくと伸び続ける性質があります。つまり死毛が他の毛と絡んで落ちにくく、服や家具に抜け毛が付くことがないので目立ちにくいということのようです。

また抜け毛が少ないといわれるトイ・プードルにも、大量の抜け毛が出るといわれています時期があります。それは幼犬の被毛から成犬の被毛へと生え変わる時期で、8ヶ月から1歳ぐらいに抜け毛が多くなることがあるようです。

素材poodle-403163_640

トイ・プードルの抜け毛対策は?

量の多い少ないはあっても、抜け毛がないということではありませんね。愛犬と快適に暮らしていくためには、抜け毛の対策は必要なものです。

ではトイ・プードルの場合はどのような抜け毛対策をしたらよいでしょうか?

ブラッシング

トイ・プードルの毛質は柔らかくカールしており、切らずにいると長く伸び続ける性質をしているため、もつれや毛玉ができやすいといわれています。抜け毛の対策のためだけでなく、こまめなブラッシングは皮膚や被毛の健康のためにも大切なことになります。

できれば毎日のブラッシングが望ましいのですが、難しい場合は最低でも3日に1回はブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングには被毛のからみをほどき、毛玉や死毛を除去することができるスリッカーブラシを使用します。毛の多いトイ・プードルの場合は背中を中心にブロックごとに分けてブラッシングをするとよいようです。耳のつけ根や脇の下などは毛玉ができやすいので特に時間をかけて十分ブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ただしスリッカーブラシは力を入れ過ぎると皮膚を傷めてしまうことがあります。力を入れ過ぎずに皮膚に平行にブラッシングをすることを心がけましょう。また目や太い血管がとおっている耳のふちなどは、ブラシのピンで傷つけないように注意が必要です。

仕上げにはコームを使用してコーミングをおこない被毛の艶をあげてあげます。

素材_shutterstock_138331601

シャンプー

シャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回のペースでシャンプーをしてあげるとよいでしょう。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。毛の絡みをしっかりととってからシャンプーをしないと、絡んでいる場所がフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

トリミング

トイ・プードルを飼う楽しみの1つはトリミングでカットスタイルを楽しむことができることですね。

でもトリミングには見た目を綺麗にするだけではなく、皮膚や被毛の状態を確認しながら健康に保つ役目もあるのです。特にトイ・プードルのようにカットしなければ伸び続ける毛質の犬の場合は、抜け毛対策のためだけでなく健康維持のためにも定期的なトリミングは不可欠になります。

最近では自宅でトリミングされる方も多くなりましたが、やはりしっかりとした技術と知識のあるトリマーの方に定期的にトリミングをしていただくことをおすすめします。

トリミングの回数ですが、綺麗なカットスタイルをキープし皮膚や被毛の状態を健康に維持するには、月に1回くらいの頻度が理想だといわれています。

imasia_4532177_S

 

いつもより抜け毛が目立つ時は要注意!!

抜け毛が少ないトイ・プードルの場合は、ブラシングをするといつもより多くの毛が取れる、家具や絨毯に抜け毛が目立つようになったなど、いつもよりも抜け毛の量が増えた時は病気の可能性があります。

毛の抜ける部位などによって病名は違うようですが、主にはアレルギー性の皮膚炎、クッシング症候群(副腎皮質能亢進症)、甲状腺機能低下症、膿皮症などによる脱毛が考えられるのです。

愛犬の毛の抜け方がいつもと違うなと感じたら、早めにかかりつけの獣医師に相談するとよいでしょう。

 
 

関連カテゴリ