2017年5月18日更新

どうしたらいいの?トイ・プードルのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ふわふわとカールした被毛と表情豊かなところが愛らしいトイ・プードル。ぬいぐるみのような見た目の可愛らしさとは裏腹に、実は意外と元気いっぱいでいたずら好きな犬種です。「教えたのにぜんぜん待てないの。」なんて言葉もちらほら聞きますね。今回はそんなトイ・プードルのしつけについて調べてみました。

 

トイ・プードルの性格を理解しましょう

しつけをするためにはその犬種の性格をよく理解しておくことが大切です。もちろん犬にも個性があるので「家の犬はあてはまらない」と感じる飼い主の方もいらっしゃるかもしれません。

でも一般的に言われている犬種固有の性格は、その犬種がどのような掛け合わせで生まれてきたのか、どのような役割を負って来たのかなどの歴史から考えられているものであり、表面にあらわれている個性とは異なり、しっかりと犬種の遺伝子として受け継がれているものだと考えられています。

ではトイ・プードルはどのような性格の犬種だといわれているのでしょう。

トイ・プードルの祖先犬は愛玩犬ではなく軍用犬や盲導犬など使役犬としてしっかりとした役割を果たしてきた犬種です。その血を受け付いているトイ・プードルは、賢く訓練性も高い従順な性格をしているといわています。

ただしとても賢い犬種なので相手にすきがあれば上位に立とうとする傾向があり、時にわがままを通そうとするようなところがみられます。その状態をそのままにしておくと吠え癖や噛み癖につながっていってしまうことがあるようです。

素材_poodle-654509_640

トイ・プードルのしつけで大切なポイントは?

賢く訓練性の高いトイ・プードルは子犬の頃から基本的なルールを守って訓練を重ねれば、特に家の中で飼育するのに問題を起こすようなことはないといわれています。

では基本的なルールとはどのようなものなのでしょうか?

インターネットや書籍などでさまざまな犬のしつけの基本的なルールが書かれているので、「一体どれが正解なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。確かに細かいことはそれぞれの方の考えによって違いますが、もっとも大切なことはどのような場面でも飼い主が常に犬の上位に立ちリーダーシップをとってあげることのようです。

犬は群れ社会で生きてきた習性を持っているため、信頼できるリーダーがいない生活はとても不安で不快な状態であり、そのため自分がリーダーになるべく飼い主の上位に立とうとして問題行動を起こすことが多いということなのです。

特に賢く敏感なトイ・プードルの場合は、飼い主にリーダーの資質があるかを試すようなところがあるといわれています。

では犬がリーダーに求めるものは一体なんなのでしょうか?

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという安心感

この2つの上に成り立つ信頼関係こそが基本的なしつけのルールということになるようです。

imasia_9348396_S

 

リーダーシップをとるためには?

常に飼い主とその家族が犬の上位に立ちリーダーシップをとっていくためには、どうしたらよいのでしょう。

まず犬を飼う前に家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておきましょう。

次に犬と生活するための家族のルールを決めておきましょう。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを家族で統一しておくとよいでしょう。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

月例や年齢でしつけに違いはあるの?

トイ・プードルで言われている月齢によるしつけの内容は次のようなことです。

2ヶ月~3ヶ月

敏感な犬種であるトイ・プードルの場合は、生後2ヶ月~3ヶ月の間は生活にともなう、さまざまな音や環境に慣らしていくことが大切だといわれています。家の中の環境に慣れたら家族以外の人や他の犬と接する機会を設けて、社会性を身に付ける準備をしてあげるとよいでしょう。

5ヶ月~6ヶ月

この頃のしつけが1番難しいといわれています。トイ・プードルにとっては幼犬から成犬へと変化していく時期で、ホルモンバランスの変化が激しくなりいわゆる反抗期に入ります。権勢本能も強くなるためこの頃にしっかりとリーダーシップをとり、家族の中の上下関係を決めてあげる必要があります。

本格的にしつけを始める時期でもありますが、まだまだ遊びたい盛りでもあります。教えたことをすぐに理解できなくても、根気強く冷静に接してあげることが大切です。家族で決めたルールにあわせて少しずつ教えていってあげましょう。

6ヶ月以降

できることが少しずつ増えていきます。家の中や散歩中のルールを覚えることができてきたら、「とってこい」などの少し難しいコマンドにも挑戦し、遊びながら絆を深めていくとよいでしょう。

予防接種やワクチン接種が終わっていれば、ドッグランやドッグカフェなど他の人や他の犬のいる場所へ連れて行き、社会性を身に付けてあげるとよいですね。

imasia_1176710_S

お互いに気持ちのよい生活が大切

可愛い愛犬が叱られてしょげていたり、潤んだ目で必死に訴えてきたりすると、ついつい「あぁ、いいか。」と思ってしまいがちですよね。特に子犬の頃は愛らしくて甘やかしてしまいがちです。

でも犬は人と違います。犬にとって心地よい生活は信頼できるリーダーに従って、ルールの中で生活していくことです。人と犬が家族としてお互いに気持ちよく生活をしていくためには、時に厳しく時に暖かくメリハリのある生活をすることが大切です。

 
 

関連カテゴリ