2017年4月8日更新

フワフワきれい!トイ・プードルのシャンプーの方法まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

カット次第でさまざまな表情を見せてくれる被毛は、なんといってもトイ・プードルの魅力の1つ。フワフワとボリュームたっぷりな状態をいつもキープしてあげたいものです。そのためには毎日のブラッシングと正しいシャンプーが大切ですね。今回はそんなトイ・プードルのシャンプーの仕方について調べてみました。

 

トイ・プードルの毛質を理解しよう

トイ・プードルの毛質でよくいわれることは、毛質は固めで、豊かな毛並みをしており、巻き毛であるというものです。

トイ・プードルは抜け毛の少ないシングルコートの毛質をしており、固くこしのある下毛が密集して生えています。巻き毛であるといわれていますが、子犬の頃はどちらかというともさもさとしたストレートの毛並みをしており、8ヶ月~1歳くらいで巻の入った成犬の毛並みへ生え変わるといわれています。

ただし毛の巻き方は個体差が大きく、またカラーによっても違うようで、ブラックのトイ・プードルは巻が強く、逆に日本で人気の高いレッドやアプリコットは巻の弱いフワフワとした毛質の犬が多いようです。

トイ・プードルの毛質のもう1つの特徴は、カットをしないと伸び続けるというものです。そのため定期的にトリミングをおこなって、カットスタイルを維持する必要があるのです。

imasia_7430655_S

シャンプーの仕方

毛の量が多く密集しているトイ・プードルは、綺麗にシャンプーするのがなかなか大変です。綺麗に洗える手順を簡単にまとめてみました。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりとブラッシングをおこないます。スリッカーブラシを使用してしっかりと毛玉を取りもつれをほぐし、最期はコームでとり残しがないか確認します。ここでしっかりと毛を梳いておかないと、もつれや毛玉がフェルトのようになってしまいます。

シャワー

ややぬるめのお湯(36℃~38℃)で犬を濡らしていきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。鼻や目に水が入らないように頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげるとよいでしょう。

シャンプー

シャンプーは2回に分けておこないます。1回目は全体に大まかな汚れを落とすように洗って行きます。

シャンプーに慣れていない場合は、顔から遠いお尻から始めると怖がらせずにシャンプーをおこなうことができるようです。お尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れていて怖がらない場合は、顔から初めて前から後ろへ上から下への順に洗うとよいでしょう。最期に肛門腺をしぼって1回目のシャンプー終了です。

2回目のシャンプーは足の指の間や爪の裏、目の下のあたりの窪みなど細かいところを重点的にあらいます。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。1回目のシャンプーで皮脂や汚れはだいぶ落ちているので、2回目のシャンプー剤は1回目よりも薄い状態で大丈夫です。

すすぎは頭部など高い位置から流すとよいのですが、怖がる場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意しましょう。

コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。この時のシャンプーのすすぎと同じで高い位置から流していくとよいのですが、怖がる場合はお尻から手でゆっくりと流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、足の裏や指の間などはコンディショナーなどがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。給水タオルで水分をとったあと、バスタタオルをしようして全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

スリッカーブラシで毛の根元からまっすぐ毛をのばすように梳きながら、しっかりと根元から乾くようにドライヤーを当てていきます。この時にできるだけまっすぐに毛をのばすと仕上がりが綺麗になります。

imasia_8433958_S

 

トイ・プードルにおすすめのシャンプーは?

トイ・プードルにおすすめのシャンプーをいくつかご紹介します。

ノバルサン

アメリカで開発された信頼ある薬用シャンプーです。殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合しており皮膚や被毛の殺菌効果があり、膿皮症、真菌症などの皮膚炎に有効だといわれています。また低刺激なので子犬でも使用できます。(皮膚炎を患っている犬に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導の下で使用してください。)

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

ラファンシーズ

犬のスタイルや皮膚の状態にあわせて選ぶことができるようになっています。トリミングサロンなどでも多く使用されているシャンプーで、高品質のシャンプーとして定評の高い物になります。

imasia_13559064_S

洗いすぎも逆効果

いかがでしたか?今回はトイ・プードルのシャンプーについてまとめてみました。

綺麗な被毛を保つためには毎日のケアと、定期的なシャンプー・トリミングは欠かせませんね。

でも犬のシャンプーはすればするほどよいというものではないようです。「こまめに洗っているのに体臭がひどい。」という話もよく耳にしますが、実は洗いすぎによって皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆に雑菌が繁殖してしまう結果になってしまうこともあるようです。

シャンプーの頻度は犬の皮膚と被毛の状態で異なりますが、おおよそ月に1回~2回のペースが理想的なようです。

また「体臭がひどくなった。」「フケが増えた。」など皮膚や被毛、体の臭いがいつもと違うと感じたら皮膚病の可能性があります。シャンプー剤などを自分で判断する前に、まずは獣医師に相談をしてみるのがよいでしょう。

 
 

関連カテゴリ