2016年7月27日更新

【猫の防災】「猫壱主催」の服部幸先生「猫と防災」講演会に行ってきました!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

2016年7月18日に、猫用品メーカー「猫壱」主催の服部幸先生「猫と防災」講演会が実施されました。


ペット生活編集部もセミナーに参加させていただき、「猫と防災」について学ばせていただきました!
とても勉強になる内容が多いセミナーでしたので、抜粋してご紹介します。

 

服部先生が考える「猫の防災」とは

事前の備え

まず最初に考えなければいけないことは、自分の身を守るということ。いくら猫の身を守れても自分が怪我をして逃げ出すことができなければ、意味がありません。
「部屋の出入り口付近や廊下、階段等に物を置かない」「転倒防止器具等で家具を固定する」「地震時の出火を防ぐため、火気の周辺に家具を置かない」など東京都防災ホームページ等を参考に日頃からできる備えをしておきましょう。


画像出典:東京都防災ホームページ


画像出典:東京都防災ホームページ

【参考】
東京都防災ホームページ

猫用の避難袋の用意

人間用の避難袋を用意している人は多いのではないかと思いますが、猫用の避難袋も用意しなくてはいけません。

地震が起こった時には自分の荷物や猫、(小さい子供がいる方は子供)を両手に抱えて逃げ出すことになるため、リュック型の避難袋がオススメです。

猫用の避難袋に絶対入れる物

猫は水しか飲めませんので、多めの水を入れておきましょう。

キャットフード

熊本地震の場合は3日程度で物資が届いたそうです。少なくとも3日分以上のキャットフードの蓄えが必要です。キャットフードにも消費期限があり、約1〜2年程も物が多いので、定期的に入れ替える必要があります。新しくキャットフードを購入したら、まず、避難袋に新しいキャットフードを入れ、取り出したものを開封して、猫にあげるサイクルがオススメです。

写真

万が一猫が逃げ出してしまった場合、猫に関心がない人、詳しくない人にも、「うちの猫見ませんでしたか?」と尋ねなければならない場合が考えられます。

誰にでも特徵を伝えることができるように、猫の顔のアップと、全身の2種類の写真を入れておきましょう。

猫用の薬

  • 喘息
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 悪性腫瘍

など命に関わり、薬を飲み続ける必要がある病気の場合には特に注意が必要です。薬にも消費期限がある場合があるので、キャットフード同様に、新しい薬を避難袋のストックに回すようにするのがオススメです。

飲料水の確保

よく猫にミネラルウォーターを飲ませてはいけないと言われますが、全てのミネラルウォーターを飲ませてはいけないという訳ではありません。
日本の水道水の平均硬度が51mgLですので、これを下回る硬度のミネラルウォーターであれば、猫に飲ませても問題ありません。

避難袋に入れる物チェックリスト

その他にも、避難袋に入れておくと良い物を解説していただきました。全てはお伝えできませんが、下記チェックリストを参考に、避難袋の準備をしておきましょう。

  • キャットフード
  • 食器
  • 写真(2枚)
  • 健康手帳
  • 常備薬
  • ポータブルケージ
  • 猫砂
  • ペットシート
  • ポータブルトイレ
  • ブラシ・コーム
  • バスタオル
  • ガムテープ
 

避難時に向いているキャリーとは?

避難する時には、キャリーに入れて連れて行くことになります。
動物病院などに猫を連れて行く為のキャリーと、避難時のキャリーは目的が異なるため、異なる種類のキャリーを用意しておくことをオススメします。

動物病院に連れて行く時のキャリー

動物病院に連れて行く時のキャリーとしては、

  • 扉を外せる
  • 上半分が取り外せる
  • プラスチック素材

の条件を満たすタイプがオススメです。

服部先生のお宅でも、こちらのタイプを使用されているそうです。

避難時のキャリー

震災時にはとにかく軽いことが重要です。

猫壱さんからも軽い素材でできたポータブルキャリーが販売されています。軽い素材でできているため、避難時のキャリーとしてもオススメです。

キャリーに入ってもらうために

キャリーに入ることを嫌がる猫もたくさんいます。地震が起こり、避難しなければならないタイミングでも、「地震で大変だから大人しくキャリーに入って」とは理解してもらえません。「キャリーに入ること=嫌いな動物病院に連れて行かれる」と覚えられてしまうと、キャリーに入ってくれなくなります。

そうならない為には、普段からキャリーを出しておく、キャリーの中で遊んであげる、など普段からキャリーに慣れてもらうことが大切です。

まとめ

猫の防災について、準備しておくと良いポイントを抜粋して、ご紹介しました。

【参考記事】
猫壱主催☆服部幸「猫と防災」講演会で学んだ猫に必要な防災対策とは

ペット生活でも「猫の防災」について解説していますので、是非参考にしてみてください。

【参考】
「災害と猫の防災」

2016年9月21日(水)に猫壱主催のスペシャルセミナーが開催されます。

今回参加できなかった方、今後猫について真剣に勉強したいと言う方に朗報です。

2016年9月21日(水曜日)神保町の東京堂ホールで、今度は服部先生を含む3人の獣医師によるスペシャル講演会が開催されます。

すでに申込み受付が開始されているので、興味がある方は
こちらよりお申し込みしてみてはいかがでしょうか。

いよいよ開催!9月21日「ネコと幸せに暮らす」スペシャルセミナー