気になる?気にならない?シー・ズーの体臭ついてのまとめ

目次

「愛犬の臭いをかぐと安心するの。」という飼い主の方も多くいらっしゃいますよね。日向の臭いなど暖かさを感じさせる臭いに感じる方が多いようです。でもたまに来るお客様には「えっ!」と思う臭いだったりするものです。シー・ズーは体臭があるの?臭いが強い時の注意点は?など、シー・ズーの臭いについて調べてみました。

 

シー・ズーは体臭が強いの?

シー・ズーは体臭が少なく、抜け毛もあまりないため室内で飼いやすい犬種だといわれています。

でも中にはシー・ズーは臭いの強い犬種に含まれている場合もあり、実際に飼い主の方でも「シャンプーをしても臭いが取れない。」、「まだ子犬なのになぜが臭いが強くて困ってしまう。」とシー・ズーの臭いに悩みを抱えている方もいらっしゃるようです。

犬の臭いは犬種固有の性質だけでなく、生活環境や年齢などによっても大きく影響を受けるようです。

 

犬の体臭とは?

犬の体臭といいますが実際は何の臭いなのでしょうか?

実は体臭というのは人でも犬でも同じ原理で臭いが発生するものなのです。体臭は汗と皮脂が混ざったものが酸素に触れ酸化し、そこに雑菌が繁殖することによって発生する臭いのことです。

汗には2種類あり体温を調整するための汗は臭いがしないのですが、生殖のためのフェロモンを含んだ汗は臭いが強くなります。

人は体温調整のための汗を出す汗腺は全身にあり、フェロモンを含んだ汗を出す汗腺は限られたところにしかありません。逆に犬は体温調整のための汗を出す汗腺は少なく、フェロモンを含んだ汗を出す汗腺は全身にあるため、人よりも臭いが強くなる傾向があるのです。

具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。

このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

フェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺と、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺はつながっていて、そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因が混ざった状態で分泌されることになります。

このフェロモンと皮脂の混ざった汗が酸素に触れて酸化し、雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

imasia_5782967_S
 

体臭をケアする方法は?

犬の体臭を予防する方法は特別なことはことをする必要はないようです。日々のケアを正しく行うことが体臭の予防につながります。

ブラッシング

シー・ズーは上毛と下毛の2層構造になっているダブルコートと呼ばれる被毛をしています。ダブルコートの犬種の場合は、換毛期と呼ばれる毛の生え変わりの時期が、春から夏にかけてと秋から冬にかけての2回あり、その時期は下毛が抜け替わるため抜け毛が多くなります。

この抜け毛が上毛に絡んでしまったり取り残されていると、蒸れて臭いの原因になるだけでなく皮膚病の原因にもなります。こまめにブラッシングをして臭いと皮膚病を予防してあげましょう。

シー・ズーのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除きながら毛のもつれを梳いていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

脂質やたんぱく質の少ない食事に変えていく

脂質やたんぱく質の多い食事を続けると、皮脂の分泌が増加して体臭が強くなる傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると体臭が強くなってしまうようです。

少し臭いが気になるような場合は食事やおやつの内容を見直し、脂質とタンパク質の少ないものへ切り替えていくとよいようです。

垂れ耳のシー・ズーは耳の臭いに注意!

シー・ズーのような垂れ耳の犬種の場合は、体臭以外に気をつけたいのが耳の臭いです。

垂れ耳の場合は立耳よりも中が蒸れやすくカビや雑菌が繁殖しやすいのです。耳の中にカビや雑菌が繁殖すると黒くベタッとした耳垢がたまってきます。この耳垢が悪臭の原因になるので、毎日のブラッシングの際に一緒に耳の中をチェックしてあげましょう。

シー・ズーの耳のケアは、まず耳の中に生えている耳毛を抜いてあげることからはじめます。

耳毛を抜くためにはイヤーパウダーやカンシ、イヤーローションなどの道具が必要です。自分で抜くのが心配な場合は、定期的に動物病院で抜いてもらうとよいでしょう。成犬になってから始めると嫌がって施術が難しくなるので、小さな頃から行うようにしましょう。

耳毛の処理をした後で耳の中の汚れを、耳そうじ専用のウェットティッシュなどのケア商品を使って拭いてあげます。

ただあまり奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。汚れがひどい場合や耳の奥が汚れているような場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

imasia_251654_S
 

その他の臭いの原因

犬の臭いの原因につながるものは体臭や耳の臭いだけではありません。次のようなことも臭いの原因になります。

目やに涙やけの臭い

目の周りにいつも目やにや涙やけがあるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。シー・ズーの場合は目が大きくやや出っ張り気味で、毛が目に入りやすく涙やけを起こすことがあるようです。

できれば1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

臭いが強い時は皮膚炎に注意!

シー・ズーのかかりやすい皮膚病の1つに脂漏性皮膚炎もしくはマラセチア皮膚炎というものがあります。この皮膚病にかかるとフケが多くなり、脂っぽい滲出物が出て被毛がべとつき、カビのような悪臭を放ちます。ひどくなると脱毛してしまうこともあります。

原因は犬の皮膚に共生している酵母の一種であるマラセチアが、犬の免疫力の低下や脂質の過剰分泌などの要因が複数重なることで、病原体へと変異するためだといわれています。マラセチアは耳の中にも存在し、耳の中で起こると外耳炎になります。

シー・ズーの臭いが強くなった時はこの脂漏性皮膚炎の可能性が高くなります。シャンプーをしてもすぐに臭うや、被毛がべとついて撫でると手に臭いが付くなどの症状がある場合は、早めにかかりつけの獣医師の診察を受けるようにしましょう。

関連記事