シー・ズーって抜け毛があるの?抜け毛の対策とブラッシングの方法

中国の宮廷で西太后にも寵愛されたといわれるシー・ズー。長毛の豊かな被毛を綺麗に梳かして結い上げた姿は気品を感じさせます。最近では短く切ったサマーカットも人気ですね。そんなシー・ズーの被毛は抜けるのか?抱っこの時に服に付くようなことはないのか?など、今回はシー・ズーの抜け毛について調べてみました。

 

シー・ズーは抜け毛が多いの?少ないの?

長い絹のような豊かな被毛に覆われているシー・ズーですが、見た目の印象とは異なり抜け毛が少なく、室内でも飼いやすい犬だといわれています。

でも同じ抜け毛が少ないといわれているマルチーズやトイ・プードルとは異なり、シー・ズーは抜け毛が多いといわれるダブルコートの毛質をしています。

ダブルコートとはいったいどういう毛質のことをあらわすのでしょう。犬の毛質は大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つに分けることができます。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートの犬は温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

Shih tzu dog treatment

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

なぜ抜け毛が多いはずのダブルコートの被毛をしているのに、シー・ズーは抜け毛が少ないといわれるのでしょう。

抜け毛が少ないといわれていますが正しくはダブルコートの犬種としては下毛の量がとても少なく、ブラッシングやトリミングで死毛となった下毛は取り除けてしまうため、抜け落ちが少ないということのようです。

シー・ズーの長く豊かな被毛は上毛が発達したもので、抜けることがない代わりに切らずにいると伸び続け、毛玉やもつれができやすいという毛質をしています。そのため毎日のブラッシングと定期的なトリミングが必要で、抜けた下毛はその際にほとんど取り除けてしまうわけです。つまりブラッシングをしなければ量は少なく抜け毛が落ちることはあるということです。

 

日々のケアで抜け毛対策

シー・ズーは抜け毛が少ないといわれていますが、前述したとおり抜けないわけではありません。毎日のケアが抜け毛の対策につながっていきます。

では具体的にどのようなケアをすればよいのでしょうか?

ブラッシング

シー・ズーの毛質は同じ長毛種のマルチーズよりやや硬いのですが、絡まりやすく毛玉になりやすい毛質なのは同じです。絹のような艶のある状態を保つためにはブラッシングが必要となり、ブラッシングをしていないと艶のないボサボサとした状態になってしまいます。

ブラッシングは被毛の美しさを保つためだけでなく、シー・ズーがかかりやすいといわれている脂漏性の皮膚炎を予防する効果があります。皮膚トラブルの予防のためにも、抜け毛の対策のためにもできれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。

また年に2回ある換毛期には少し抜け毛の量が増えます。できれば1日数回こまめにブラッシングをして死毛を取り除いてあげるとよいですね。

ブラッシングの仕方はまず被毛のもつれや毛すきに効果があるスリッカーブラシを使用して、体全体の抜け毛の除去と毛の絡みをほぐしてあげます。最期にコームを使用して死毛や毛玉の取り残しや毛のもつれが残っていないかを確認しながら、被毛の艶をあげて仕上げます。

スリッカーブラシはあまり力を入れて皮膚に押し付けると皮膚を傷めてしまうことがあります。力を入れ過ぎずに、毛の向きにあわせて皮膚の上を滑らせるようにブラッシングするとよいでしょう。

imasia_12013362_S

シャンプー

犬のシャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回のペースでのシャンプーが理想的だといわれています。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳、鼻に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。毛の絡みをしっかりととってからシャンプーをしないと、絡んでいる場所がフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

imasia_11284781_S
 

抜け毛対策のためにもサマーカットがおすすめ

シー・ズーの抜け毛について調べてみましたがいかがでしたか?

抜け毛が少ないとはいってもやはりダブルコートの犬種です。まるで抜けないというわけではないので、毎日のブラッシングは欠かせないようですね。でも長い毛を毛玉や絡みをほぐしながらブラッシングするのは、時間がかかりとても大変な作業です。

最近では長く伸ばしたスタイルだけでなく、全身を短く切ったサマーカットにしているシー・ズーも多くなりました。

被毛のケアが楽なことだけでなく、長く伸ばしているより毛の中の蒸れが少ないので皮膚病の予防にもなるようです。また冬は防寒服なども着せやすいスタイルなので「1年中、我が家はサマーカットなの。」という飼い主の方も増えてきているようですね。

「皮膚病や抜け毛が心配、でもケアの時間がなかなか取れない。」という方にはおすすめのスタイルかもしれません。

関連記事