気難しいの?大人しいの?シー・ズーのしつけについて

華奢な体つきとゴージャスな被毛のシー・ズー。気品高い風貌から気難しそうにも、華奢な体つきから臆病で大人しそうにも見えますね。実際にはどうなのでしょうか?一緒に生活するには生活の中のルールを教えてあげなければなりません。シー・ズーはしつけやすい犬なのか?シー・ズーのしつけについて調べてみました。

 

シー・ズーの性格を理解しましょう

見た目のイメージから「大人しそう。」や「気難しそう。」と感じる方も多いようですが、実際のシー・ズーの性格はどうなのでしょうか?

シー・ズーはよく天真爛漫な性格をしているといわれます。明るく人懐っこく、好奇心が旺盛、家族以外の人に対しても他の犬に対しても友好的で物怖じをしない性格をしています。家族の中に小さなお子さんがいらっしゃるような場合でも、すぐに仲良くなることができます。

臆病な犬種ではないので小型犬に多い無駄吠えも少なく、噛み癖もつきにくい犬種だといわれています。

少しマイペースなところもありますが賢く訓練性も高い犬種なので、犬を飼うのが初めての方でもしつけやすく飼いやすい犬種だといわれています。

imasia_11284781_S
 

シー・ズーのしつけで大切なポイントは?

基本的に人に友好的で、素直で優しい性格をしているシー・ズーはしつけの際にもあまり反抗的な態度をとることはありません。好奇心も旺盛で、飼い主に喜んでもらうことが大好きなので基本的な「おすわり」「ふせ」「まて」などのコマンドなどは、遊びのような感覚で比較的簡単に覚えることができます。

ただしややプライドが高く繊細な面があり、飼い主に叱られるとプライドが傷つけられてしまい、やる気を失ってしまうようなところもあるようです。またプライドが高いためにやや頑固でマイペースな面もあります。

シー・ズーのしつけはできた時に褒めて伸ばす、できないことは叱らずに焦らず根気よく教えてあげることが大切です。叱る必要がある時でも大声で怒鳴ったり手をあげたりせず、目をあわせたり声をかけずに無視をすることが1番効果的だといわれています。

 

最初の関門トイレトレーニング

子犬を迎えて1番最初の関門はトイレのトレーニングですよね。

まず受け渡された時の犬のトレーニング状況を確認しましょう。ケージの中に敷き詰めた新聞紙の上に自由にさせていたような場合は、迎え入れてから1からのトレーニングになりますので、1ヶ月~2ヶ月は失敗をすることもあると覚悟しておく方がよいですね。

1からトレーニングする場合はまず家の中のトイレの位置を決めて、動かさないことが重要です。できないからといってあちこちに動かしてしまうと、逆に子犬が混乱してしまいます。1度決めた場所で根気強く教えてあげましょう。

シー・ズーはきれい好きな犬種なので、寝る場所とトイレの場所はしっかりと離れていることを好みます。そのことを頭に置いてトイレの場所を決めてあげましょう。

トイレの位置が決まったら子犬の様子をよく観察して、お尻を下げたり臭いを嗅ぎながらクルクル回るなどトイレの兆候がみられたら、トイレの方へ連れて行ってあげて「ワン・ツゥ」と繰り返し優しく声をかけながらするように促します。できたらしっかりと褒めてあげましょう。

失敗しても叱らずに目をあわせたり声をかけずに、静かに失敗したおしっこやウンチを片付けます。トイレには入っていたけど場所が外れてしまったような場合は、失敗ではないので褒めてあげましょう。その時に叱ったり無視したりすると、失敗したと勘違いしてトイレではしてはいけないと思ってしまいます。

おしっこをしたトイレシーツはすぐに捨てずに、次のおしっこがうまくできるまでそのままにして臭いを残しておきます。失敗をしなくなったらおしっこをしたその場で片づけてしまっても大丈夫です。

逆にある程度できるようになっていた場合は、今までトレーニングをしていた環境にできるだけ似たトイレの環境を作ってあげるとスムーズです。受け渡しの際によく聞いておきましょう。

また臭いの付いたトイレシーツやマットなどがいただける場合は、いただいて新しいトイレに敷いてあげると、自分の臭いに安心して新しい家に馴染みやすいですし、トイレも成功しやすくなります。

トイレトレーニングはもっとも忍耐力のいる作業です。飼い主が焦ってしまうことが1番失敗につながってしまうので、気長に根気強く教えてあげましょう。

imasia_251654_S
 

犬のしつけにはリーダーシップが不可欠

犬は群れで生活する習性が残っているため、上下関係のはっきりとした規律正しい生活を好みます。逆にしっかりとしたルールがなくリーダーがいないような環境だと、自分がリーダーになり規律を正そうとします。

犬の問題行動といわれるもののほとんどが、飼い主からリーダーとしての権利を奪おうとする際におこなわれる行為だといわれています。つまり犬に問題行動を起こさせないためには、常に飼い主とその家族が犬の上位に立ち、犬が安心して自分の身を預けることができるリーダーシップを発揮してあげることが不可欠なのです。

では常に飼い主とその家族が犬の上位に立ちリーダーシップをとっていくためには、どうしたらよいのでしょう。

まず犬を飼う前に家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておきましょう。

次に犬と生活するための家族のルールを決めておきましょう。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを家族で統一しておくとよいでしょう。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シー・ズーは初めて犬を飼う人にもおすすめ

シー・ズーは天真爛漫といわれるほど社交的で明るく小さなお子さんにも友好的な犬種なので、家族構成を選ぶことなく飼うことができる犬種です。

また少し頑固でマイペースなところがあり根気は必要になりますが、賢く穏やかなで好奇心旺盛な性格なのでしつけに対しても反抗的な態度をとるようなことはなく、遊びを取り入れながら行うなど工夫をすれば難しいコマンドでも積極的に覚えようとしてくれます。

初めて犬を飼う方や犬の飼育に慣れていない方にも飼いやすいので、初めての犬としておすすめできる犬種だと思います。

関連記事