ゴージャスなシー・ズーの毛並みを綺麗に保つシャンプーの方法まとめ

西太后も愛したといわれるシー・ズーのゴージャスな被毛。カラーも豊富で絹のように光沢とはりのある長毛は、何といってもシー・ズー最大の魅力ですね。でもちょっとお手入れをさぼるとボサボサとした見た目になってしまいます。今回はシー・ズーの毛並みを美しく保つためのシャンプー方法について調べてみました。

 

シー・ズーの毛質を理解しよう

シー・ズーは抜け毛の少ない犬種だといわれていますが、実は上毛(トップコート)と下毛(アンダーコート)の2層の構造を持つダブルコートの犬種です。

一般的にはダブルコートの犬種は下毛が抜け替わるため抜け毛が多いといわれています。特に春から夏と秋から冬にかけての換毛期には、体を振るだけで毛が舞うほどの抜け毛が出るといわれています。

しかしシー・ズーの場合は上毛が密集していて下毛が少ない毛質をしているため、死毛が毎日のブラッシングで取りきれるくらいしか出ません。換毛期でもブラッシングに注意していれば、服に付いたり抜け落ちたりする毛が少なくてすむため、抜け毛が少ないといわれているようです。

シー・ズーの上毛は切らずにいると伸び続ける性質を持っています。マルチーズよりはやや硬く張りのある毛質をしていますが、それでももつれや毛玉ができやすいので、毎日のブラッシングと定期的なシャンプー及びトリミングをする必要があるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

シャンプーの仕方

ではシー・ズーのシャンプーの仕方はどうしたらよいのでしょうか?特に注意する点はあるのでしょうか?

シー・ズーは鼻の詰まった顔立ちをした短頭種になります。短頭種の犬は顔周りに汚れがたまりやすいといわれています。特に鼻のつけ根や口の周りのしわの部分に汚れがたまりやすいようです。

またシャンプー中に水が入りやすいやや上向きの鼻をしているため、シャワーをあてる時や顔を洗う時には注意が必要になります。

具体的なシャンプーの手順は次のとおりです。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

まず被毛のもつれや毛すきに効果があるスリッカーブラシを使用して、体全体の抜け毛の除去と毛の絡みをほぐしてあげます。梳かしにくい耳や足のつけ根部分はピンブラシを使って毛並みに逆らうようにブラッシングしましょう。

特に顔周りが汚れやすいシー・ズーの場合はノミ取りブラシなどの目の細かいブラシを使用して、毛に絡まったごみを取り除いてからシャンプーをするとよいようです。

最期にコームを使用して毛玉や毛のもつれが残っていないかを確認します。

ブラッシングでしっかりと毛玉やもつれをとらずにシャンプーをしてしまうと、フェルトのような状態になってしまいます。梳き残しがないようにしっかりとブラッシングをしましょう。

シャワー

ややぬるめのお湯(36℃~38℃)で犬を濡らしていきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

シー・ズーの場合は鼻や目に水が入らないように、頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげるとよいでしょう。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

最期に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

シー・ズーの場合は長い毛にウンチのこびりつきが残っている場合があります。そのような時は無理に引っ張らずに、シャワーで濡らして柔らかくしてからとってあげましょう。

imasia_11284781_S

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。給水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

スリッカーブラシで毛の根元からまっすぐ毛をのばすように梳きながら、根元からしっかりと乾くようにドライヤーを当てていきます。最期にコームを使用して毛玉やもつれがないか確認しながら、被毛に艶を出してあげましょう。

犬の皮膚は人の皮膚よりもはるかに薄いので、ドライヤーをあてる時はやけどに注意が必要です。温風を使用する場合は犬から離して手で温度を確認しながらあてていきましょう。心配な場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしても大丈夫です。

 

シー・ズーにおすすめのシャンプーは?

最近は犬のシャンプーもさまざまな商品が販売されていて、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますね。子犬を迎えた時は皮膚トラブルを防ぐために、それまで使っていたシャンプーを引き続き使用するとよいでしょう。

今回は口コミなどで人気の高かったシャンプーをいくつかご紹介します。

ノバルサン

アメリカで開発された信頼ある薬用シャンプーです。殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合しており皮膚や被毛の殺菌効果があります。膿皮症、真菌症などの皮膚炎に有効だといわれています。また低刺激なので子犬でも使用できます。(皮膚炎を患っている犬に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導の下で使用してください。)

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

ラファンシーズ

犬のスタイルや皮膚の状態にあわせて選ぶことができるようになっています。トリミングサロンなどでも多く使用されているシャンプーで、高品質のシャンプーとして定評の高い物になります。

Shih tzu dog treatment
 

シー・ズーは皮膚炎に注意が必要

シー・ズーのゴージャスな被毛を保つためのシャンプーについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は被毛を綺麗に保つことに重点を置いてシャンプーの方法などをご紹介しましたが、シー・ズーのシャンプーでは被毛を綺麗に保つことの他に、もう1つ注意しておいて欲しいことがあります。それはシー・ズーのかかりやすい病気の1つが皮膚炎だということです。

具体的には次のような皮膚炎になりやすいといわれています。

アレルギー性皮膚炎

ハウスダストや、ダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。

同じ部分をしつこく引っ掻く、体を壁や柱、家具にこすり付ける、足先などをなめたり噛んだりするなどの行動がみられたらアレルギー性皮膚炎の可能性があります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属の酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症します。

皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があります。

触ると被毛がべとつく、フケが多くなった、臭いが強くなったなどの症状がみられた場合は脂漏性皮膚炎の可能性があります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏性皮膚炎と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があります。

皮膚炎の症状が現れると今までは綺麗に保てていたケアをしてあげても、臭いが強くなったり被毛の状態が悪くなったりします。

皮膚炎の症状に気付かずに臭いが強くなったからといってシャンプーの回数を増やしてしまうと、逆に悪化させてしまう可能性があります。いつもと同じケアをしているのに臭いや被毛の状態が保てないような場合は、シャンプーの回数やシャンプー剤を変える前に、早めにかかりつけの獣医師に相談することが大切です。

関連記事