2016年9月22日更新

【動物看護師が解説】ハサミとバリカンそれぞれのメリット・デメリット

犬猫のトリミングというと、トリマーさんがハサミでカットしてくれているところを想像する方がほとんどでしょう。しかし、実際にはハサミ以外にバリカンを使用することもあります。どちらも毛を短くするという点では変わりませんが、犬猫にかける負担がそれぞれ違います。これらの器具にはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのでしょうか?

どんな時に使い分ける?

上記の通り、犬猫のトリミングをするには、ハサミとバリカンを使用します。両方使用することもありますが、どちらか片方だけでスタイルを仕上げることもあります。 全身を短くするにはバリカンを、スタイルに丸みをもたせたり、毛先を揃えたりするにはハサミを使うのが一般的です。

すべての犬猫にハサミやバリカンを使用できるわけではなく、皮膚が弱いとバリカンが使えなかったり、動きが多くじっとしているのが苦手な犬猫にはハサミが使えなかったり、それぞれに適性があるのです。

ハサミを使用する場合

メリット

ハサミを使用するメリットは、刃先で細かい作業ができるので、スタイルに丸みをもたせる、毛先を揃える、模様を作るなどの作業ができます。じっとするのがうまい犬であれば、皮膚近くまで毛を短くすることもできます。器具が皮膚に触れることもないので、皮膚が荒れたり、感染したりすることもありません

皮膚が敏感な犬であったり、バリカンのような大きなモーター音が苦手な犬猫はハサミの方が落ち着いてトリミングを受けることができるでしょう。

デメリット

ハサミを使用するデメリットは、刃先が擦れる音、切るときの音が苦手な犬猫は非常に嫌がるのでほぼ使用は不可能です。ハサミでカットするにはじっと止まっていなくてはならないので、動きが多くじっとしていられない、すぐに抵抗する犬猫はケガをさせるリスクがあり、思うようにハサミを使うことができなくなります

バリカンを使用する場合

メリット

バリカンを使用するメリットは、作業時間が早いことです。バリカンの刃は幅があるので、ハサミで切り落すよりも早く終わります。バリカンを使うと毛がすごく短くなってしまう印象があるかもしれませんが、ある程度長さを残せる刃もあるので皮膚が見えるほど短くなってしまうことはありません。

デメリット

バリカンを使用するデメリットは、皮膚に沿わせるように動かすので金属部分が皮膚に触れ、荒れてしまったり、きちんと洗浄されていないと感染症のリスクもあります。毛の長さを短くする刃であればあるほど皮膚にかかる負担は大きくなり、バリカン負けと呼ばれる炎症を起こすこともあります。皮膚が弱い犬猫は使用できないことがほとんどでしょう。また、大きなモーター音がするので、犬猫が怖がる可能性があります。

長時間使用していると刃先が熱を持つことがあり、トリマーさんが気にして作業をしてくれないと熱くなった器具で軽いヤケドを負ってしまうこともあります。

どんな物にも落ち度はある

どちらの器具にしても、それぞれ良い面があり、悪い面があります。使い手により、危険なものになったり、安全なものになったりもします。どちらも怪我のリスクを完全に拭うことはできないので、信頼できるトリミングサロン、動物病院に預けるのが一番と言えるでしょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬の歯の磨き方

愛犬の爪のお手入れは大丈夫ですか?犬の爪の切り方について

飼い主が犬に行うメンテナンスの中に「爪のお手入れ」があります。犬は元々足先や尻尾の先など、体の先端を触られることに慣れていません。 上手にトレーニングしておかないと、爪を切るときも嫌が……

犬の爪のお手入れ

チャウチャウの歴史、性格、寿命、特徴

チャウチャウの歴史 中国を代表する犬として知られている犬種です。その祖先や名前の由来などは諸説あり、いまだ意見が統一されていない様です。 残酷ではありますが、現在でも中国の一部では食……

犬のカーミングシグナル

ブルテリアの歴史、性格、寿命、特徴

ブルテリアの歴史 ブルドッグと現在では絶滅したホワイトイングリッシュテリアとの交配により作り出された犬です。 ブルドッグの力強さとテリアの粘り強さを併せ持つ、究極の闘犬と言われていま……

犬の習性

イングリッシュ・フォックスハウンドの寿命やサイズ・お手入れなど

その犬種名からも分かる通り、キツネ狩りのために誕生した犬種です。イングリッシュ・フォックスハウンドは17世紀には既にキツネ狩りに用いられていたと言う説があります。ただ、現時点では明確なルーツ……

犬の習性

スコティッシュ・テリアの歴史、性格、寿命、特徴

スコティッシュ・テリアの寿命、特徴 眉やあご髭がチャーミングなスコティッシュ・テリアです。毛色はブラックやウィートンなどがあります。 体重は成犬時で8kgから11kg程の小型犬です。……

犬の習性

愛犬の自宅での入浴方法。犬のシャンプーの必要性・手順・注意点について

通常、愛犬の入浴といえばシャンプーをすることで、湯船にとっぷりと浸けることではありません。 皮膚病を患って、病院で処方される専用シャンプーを使って体を洗うのは、「薬浴」と言います。 ……

犬の毛のお手入れ

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の換毛期に気をつけるべきことは?

冬は愛犬の被毛もモコモコと増えていると思いますが、寒さが過ぎたらそのモコモコがほとんど抜け毛に・・・。換毛期で頭を抱える前に、この冬のうちに換毛期の注意事項を頭に入れておきませんか? ……

犬のブラッシング

レークランド・テリアの歴史、性格・特徴、寿命、必要な運動は?

レークランド・テリアの歴史 テリア種の中でも古くから存在する犬種です。 有能な作業犬としての歴史は長い犬種ですが、その優美とも言える振る舞いや整った体形に立派な口髭で1900年半ばに……

犬の習性

【動物看護師が解説】肌が敏感な犬はトリミングに連れて行っても大丈夫?

脂性肌、普通肌、敏感肌というのは人間だけのことではありません。 ある程度強い皮膚を持っている犬もいれば、少しの引っかき傷でミミズ腫れのように大きく腫れてしまう敏感肌の犬もいます。そのよ……

犬のトリミング

チベタン・テリアの性格や特徴・歴史

チベタン・テリアの歴史 チベットを原産国とする門外不出の犬と言われていたそうです。ルーツは古く、2000年も前から存在していたと言う説があります。 犬種名に「テリア」と言う言葉が入り……

犬の習性

【寿命・お手入れ・性格】イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル基本情報まとめ

スペインで猟犬として作業していた大型犬のランド・スパニエル(陸地の猟犬)がイギリスに渡りサイズをオリジナルより小型に改良したものがイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと呼ばれるようになり……

犬の習性

グレート・ピレニーズの寿命や飼い方などの基本情報をご紹介します

チベタン・マスティフが先祖犬とされる大型の犬で、ヤギや羊などを守る為に働いていた護衛犬が始まりだといわれています。チベットの険しい山岳地帯で作業が出来る強靭な肉体と精神力を持った犬で、その風……

犬の習性

ヨークシャー・テリアの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ヨークシャー・テリアの歴史 ヨークシャー・テリアは現在でも人気の小型犬で、「ヨーキー」と呼ばれる事もあります。 ルーツは諸説ありますが、ヨークシャー地方で誕生した犬種と言う事と、ネズミ狩……

犬の習性

セントバーナードの歴史、性格、寿命とケア情報まとめ。

セントバーナードの歴史 セント・バーナードは100kg以上にもなりえる巨大犬です。 アニメ「アルプスの少女ハイジ」などでも登場し、日本での知名度は高く、人気もあります。 古くはスイ……

犬の習性