2016年9月6日更新

【動物看護師が解説】猫の毛玉の予防方法、できてしまったときの対処法

猫の飼い主さんに、質問です。愛猫のブラッシングはどれくらいの頻度で行っていますか?短い毛だからといって毛玉なんて無縁だと思っていませんか?毎日何度も自分で毛づくろいしてくれているから大丈夫と思っていませんか?猫の毛玉って、できてしまうと結構厄介なのですよ。

毛が柔らかく、細い

髪の毛が細くて柔らかい人のことを「猫っ毛」というように、猫の毛はその通り細くて柔らかい質感をしています。

猫は毎日毛づくろいをしているし、ましてや毛の短い猫種だから毛玉の心配なんてしたことないわ、という飼い主さんがほとんどでしょう。実は毛の短い猫でも毛玉ができることがあり、それは病気のサインであるかもしれないですよ。

毛づくろいの回数は快調の証?

猫=毛づくろい、とイコールでつなげても何も違和感がないように、猫は1日に何度も毛づくろいをします。ですから、いつも毛並みが整っていて、体臭が少なく、汚れもありません。

しかし、猫は体調の悪い時に毛づくろいはしません。回数がぐっと減り、毛が脂で固まったように見えたり、毛が絡まっていたりするようになるのです。毛づくろいの回数を見ることは、体調の変化を見ることにもなるのですよ。

毛もつれや毛玉は要注意

毛が毛束のように見えたり、完全に毛玉になってしまっていたら、まず猫の体調を観察して下さい。そういえば最近食欲がなかったり、便秘気味、下痢気味だったり、何か体調の変化があればかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。

特に体調の変化がなく、毛づくろいもいつもどおりしているのに、毛もつれや毛玉ができている場合は飼い主さんが少しお手伝いをしてあげる必要があります。

毛もつれや毛玉を作らないためには、毎日のブラッシングが効果的です。全身を毎日行うのは難しいと思いますので、今日は背中だけ、今日は前足だけ、と区切っても構いません。猫が機嫌を損ねない短時間でササっと行いましょう。ただブラシで撫でるだけでなく、毛をかき分けてきちんと根元からとかしてあげましょう。長毛の猫は特に絡みやすいので、毛先から根元に少しずつとかし進めていきましょう。

毛玉は家で取らない

もしも体のどこかに毛玉ができているのを見つけたら、無理に引っ張ったりハサミで切ろうとすることは絶対にやめてください。猫の皮膚は密な構造になっており、一部分を傷付けると弾けるように皮膚が裂けることがあります。

明らかに皮膚から遠く離れていて、ハサミを通せる余裕があるのであれば、皮膚を保護しながら切っても構いませんが、それもあまりオススメしないほど猫の毛玉処理は大変危険です。急に動いて皮膚を挟む危険もありますので、毛玉を見つけたら動物病院か、トリミングサロンへ連れて行き、プロにお願いするのが一番です。

ブラシの先端で皮膚を裂くこともありますので、刃物を使わないからといって自己流で処理するのは絶対にやめてください。愛猫に辛い思いをさせないためにも、自宅で危険行為を行わずプロにお任せして下さいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ソマリのブラッシングを上手に行うコツ

ソマリは長毛種の猫なのでブラッシングを行う重要性が高いです。 ブラッシングを怠ってしまうとソマリの大きな特徴である高貴な外見を損ねてしまうだけではなく、健康面に不安が生じる原因にもなる……

猫のブラッシング

抜け毛の季節です!猫のブラッシングの必要性と方法について

1年に2回、毛のある猫に訪れるのが抜け毛の増える換毛期です。猫も犬同様に換毛期があり、アンダーコートと言われる毛の一番下側に生えているふわふわの毛が抜けたり生えたりすることで体温調整をしてい……

猫のブラッシング

アメリカンショートヘアのブラッシングを上手に行うコツ

猫は犬に比べて警戒心が強く気分屋な面が強いです。 そのためブラッシングを行おうとしても猫の気分が乗らなければ逃げてしまい、困ったことのある方も多いのではないでしょうか。 [関連記……

猫のブラッシング

猫のブラッシングの正しいやり方とは? 猫のブラッシンググッズとブラッシング方法について

飼い猫にとってブラッシングは必要不可欠です。猫は毛づくろいをするので、ブラッシングを怠っていると飼い猫が抜けた毛を飲み込んでしまい、毛玉を吐く原因になります。 またブラッシングには汚れ……

猫のブラッシング

【動物看護師が解説】猫の毛玉の予防方法、できてしまったときの対処法

猫の飼い主さんに、質問です。愛猫のブラッシングはどれくらいの頻度で行っていますか?短い毛だからといって毛玉なんて無縁だと思っていませんか?毎日何度も自分で毛づくろいしてくれているから大丈夫と……

猫のブラッシング

【動物看護師が解説】長毛の猫はトリミングが必要?

猫は見ているだけでも癒されますよね。特に長毛の猫は、姿がとっても優雅で素敵です。”見ているだけ”なら良いのですが、飼育するとなると少し手間がかかって苦労されている飼い主さんも多いのではないで……

猫のブラッシング

【獣医師監修】どうして猫は毛玉を吐くの?少しでも楽にしてあげるには…

猫が毛玉を吐く、ということはよく知られていますが、なぜ猫は毛玉を吐くのでしょうか? また、吐いたらどうしたらよい?吐かなければ大丈夫?など、ここでは猫の毛玉について探っていこうと思います。……

猫の口から出した排出物

びっくりするほどの抜け毛!?猫のブラッシングの必要性とポイント

猫の為のブラシには様々なものがあります。猫の種類によっても異なりますが、換毛期になると、その抜け毛にびっくりする方も多いことでしょう。 ブラッシングは、猫の健康の為にも、飼い主さんとの……

猫のブラッシング

猫が健康で過ごせるように、秋に注意すべきこと

風邪や夏バテだと思っていたら重大な病気であったというケースもありますので、日頃の健康チェックを大切にしましょう。 秋は猫の被毛の手入れも丁寧に 秋は猫にとって換毛期でもあります。抜け毛を……

猫のブラッシング

猫にお風呂は必要?!猫のお風呂嫌いの理由とどうしてもお風呂に入れないといけない場合の対策方法

あなたの愛猫は、お風呂は好きですか? 一般的に猫はお風呂嫌いと言われています。「絶対に入らない!」と主張するネコちゃんも多いのではないでしょうか。 今回は猫とお風呂に関するあれこ……

猫の毛と皮膚のチェック

風呂嫌いの猫をお風呂に入れるには? 猫の汚れを落とす方法

砂漠出身のせいなのか、大抵の猫は体が濡れることを嫌がります。ましてはお風呂やシャワーなど、もってのほかと思っているのではないでしょうか? 猫をお風呂に入れる度に猫とバトルになってしまい……

猫のブラッシング

【猫とスキンシップ】抱っこが苦手な猫もハマる!猫が喜ぶ究極のマッサージ

抱っこが苦手、触ろうとするとスルリと逃げてしまう猫。何年も猫と一緒に暮らしていながら、「猫にまともに触ったことがない」という人もいます。 「猫の悩み」の中でも抱っこ嫌いを治すのは結構時……

猫のブラッシング

スコティッシュフォールドのブラッシングを上手に行うコツ

スコティッシュフォールドには短毛種の長毛種の2種類います。 特に長毛種はしっかりとしたブラッシングに加えてコーミングまで行わなければならないので、毛のお手入れをこまめに行ってあげましょ……

猫のブラッシング

【動物看護士が解説】猫はシャンプーしなくても良い?自宅で出来るケアとは?

猫は綺麗好きで有名で、お風呂に入れなくても体臭がほとんどないのでとても楽ですよね。しかし、あまりにもケアしないままだと乾燥や汚れで皮膚が悪くなってしまうこともあります。水が嫌いな猫をお風呂に……

猫の毛のお手入れ

猫のブラッシングで、健康チェック♪見るべきポイントは?

猫はきれい好きで、自分の体を舐めてきれいにしています。しかし、優しくなでてあげたり、ブラッシングしてあげることは、体を綺麗にするだけでなく、飼い主さんとの大切なコミュニケーションの時間にもな……

猫の毛のお手入れ