2016年9月26日更新

【動物看護師が解説】爪切り、シャンプー、耳掃除、肛門腺絞り、ケアの順番にルールはある?

最近では、愛犬や愛猫のシャンプー、トリミングを専門的に行うために、トリミング学校に通う飼い主さんもいらっしゃるようですね。やはり自宅でできれば安心で、お金もかからないので、自分でやってみたいと感じている方も多いでしょう。

爪切りや耳掃除、シャンプーなど様々な作業がありますが、これらには決められた順番があり、きちんとした理由があることをご存知ですか?

知らない人が多い

学校などに通わず、独学でグルーミング(爪切りや耳掃除のこと)やトリミングを学んだ人は、それぞれの作業の仕方は分かるけれども、どの順番で行うのが一番なのかを知らないことがほとんどです。

グルーミングからトリミング、仕上げまでの一連の流れには決められた順番があり、愛犬や愛猫の為を想った理由があるのです。今回は自宅で行う人が多い、グルーミングの順番について詳しくご紹介します。

作業の順番は?

それでは、具体的な順番と理由をご紹介しましょう。

1.耳掃除


1番初めは耳掃除から行います。

耳は、目や口などの不衛生にすべきでない器官の近くにありますから、散歩で汚れている足裏や、肛門などを触った手で触れることは許されません。直接触ることがなくても、犬や猫が動いた時に目や口に作業者の手や指が入ることも考えられます。耳掃除をする際は、綺麗な手で行うようにしましょう。

また、綿棒などで間接的に触れるのであれば良いですが、多くの場合はコットンを指に巻いて拭うようにして掃除をするため、汚染された指で耳の中を触れてしまわないようにする意味もあります。

2.爪切り


次に爪切りを行います。

足裏の毛をバリカンで刈ることのできる飼い主さんは、この時に一緒に余分な毛を刈り取ってください。上記にも示しましたが、足裏は散歩や排泄後に汚れやすい場所なので、爪切りや足裏バリカンのあとで目や口などに触れることのないよう、顔周りの作業が済んでから行います

爪を切ったあとヤスリで形を整えますが、シャンプー後などにヤスリをかけると粉が汚れとして残ってしまうので、このタイミングで爪切りを済ませておきましょう

3.ブラッシング


どんな犬種、猫種であっても、シャンプー前のブラッシングは必須です。

シャンプーの際に毛が絡まないように、また、ブラシで大体の汚れ、ゴミを取るためにシャンプー前に行います。爪切りで飛んだ爪の破片や、ヤスリの粉なども、このブラッシングで払い落とすことができます。

ブラッシングをすることによって、水分の浸透がよくなり、シャンプーの時間を短縮することができます。時間が短ければ短いほど、犬猫の負担、ストレスは軽減されます。

4.肛門腺絞り


肛門嚢から出てくる分泌液は、非常に強烈な臭いを放ち、取れにくいので必ずシャンプーの前に行いましょう。

シャンプーをしないときに絞ってしまうと、毛についた分泌液を落とすことができないのでずっと悪臭がしてしまいます。シャンプーと肛門腺絞りはセットとして覚えておいてください

5.シャンプー、ドライング


肛門腺を絞ることができたら、シャンプーをしましょう。全身くまなく洗えたら、あとはドライヤーで乾かすだけです。

いかがでしたか?

一連の作業をいっきに自宅で行う飼い主さんは少ないと思いますが、もしも行う機会があれば是非参考にしてみてください。サロンで独自の順番で行っているところもあると思いますが、それもきちんとした理由の上で行っているものでしょう。何気ないひとつひとつの作業でも、それぞれ深い意味があり、そこには犬猫たちに対する愛情がたくさん詰まっているのですよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のブラッシング

【和歌山】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

【動物看護師が解説】トリミングの予約で伝えたほうがいいこと

愛犬愛猫のトリミングは、可愛くなって帰ってくるので楽しみにしている飼い主さんも多いでしょう。しかし、トリミングと怪我は表裏一体であり、心配事を多く抱えている飼い主さんも少なくないはずです。良……

犬のトリミング

【千葉】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

【富山】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

【熊本】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

【初めてのトリミング】サロンデビューの前に知っておきたい3つのポイント

2015年の人気犬種ランキング第1位は、なんと6年連続でトイプードルだったそうです。2位以下にはチワワ、ダックス、ポメラニアン、ヨーキーなどがランクイン。トリミングが必要な犬種が多いことに気……

犬のトリミング

【宮崎】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

【大分】おすすめのトリミングサロン

自宅でカットがなかなかできない、またうまくカットしてあげられない、できたら皮膚や耳の状態などもチェックしてほしい……そんな時にトリミングサロンがあると便利です。 カット以外にも、爪切り……

犬の毛と皮膚のチェック

愛犬の自宅での入浴方法。犬のシャンプーの必要性・手順・注意点について

通常、愛犬の入浴といえばシャンプーをすることで、湯船にとっぷりと浸けることではありません。 皮膚病を患って、病院で処方される専用シャンプーを使って体を洗うのは、「薬浴」と言います。 ……

犬の毛のお手入れ

【動物看護師が解説】肌が敏感な犬はトリミングに連れて行っても大丈夫?

脂性肌、普通肌、敏感肌というのは人間だけのことではありません。 ある程度強い皮膚を持っている犬もいれば、少しの引っかき傷でミミズ腫れのように大きく腫れてしまう敏感肌の犬もいます。そのよ……

犬の毛と皮膚のチェック

犬のヒゲは切ってもいいの?トリミングでの注意点は?【動物看護師が徹底解説】

トリミングやシャンプーをしにサロンへ行くと、「ヒゲは切りますか?」と聞かれることがあるでしょう。迷わずイエスと答える飼い主さんもいるかとは思いますが、ヒゲを切る、なんて考えのなかった飼い主さ……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】爪切り、シャンプー、耳掃除、肛門腺絞り、ケアの順番にルールはある?

最近では、愛犬や愛猫のシャンプー、トリミングを専門的に行うために、トリミング学校に通う飼い主さんもいらっしゃるようですね。やはり自宅でできれば安心で、お金もかからないので、自分でやってみたい……

犬のトリミング

自宅でできる犬用のトリミング便利グッズ おすすめ10選

トリマーさんのいるトリミングサロンや動物病院でトリミングをしてもらうというのもいいのですが、簡単な部分や日頃のお手入れには自宅でできることをしてあげたいですね。 また、トリミングに使う……

犬のブラッシング

愛犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。 具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、……

犬のブラッシング