2016年8月2日更新

獣医師が教える! 犬・ネコの寿命が近いときのサインと飼い主ができること

犬や猫の寿命はヒトより短く、いずれは別れのときがやってきます。いつ頃そのときが来るのか、犬・猫は寿命が近付くとどうなっていくのか、知識があれば心構えもできますよね。今回はもも動物病院の谷祐子院長に、ワンちゃん・ネコちゃんの寿命について詳しいお話を聞いてみました。

ヒト同様に、やせる、毛のツヤが悪くなる、足腰が弱る

、種類や体格にもよりますが、2015年度の一般社団法人ペットフード協会の調査によると、犬とネコの平均寿命は犬は14.85歳、ネコは15.75歳とされています。病気ではなく老化で寿命が近付いてきた場合は、やせてくる、毛にツヤが悪くなる、足腰が弱る、白内障になって目が乳白色ににごる、抜け毛や白い毛が増えるなど、ヒトと同様の変化が現れます。ただしこれらの兆候の有無や程度には、個体によって大きな差があります。また、若年性の白内障や皮ふ病による抜け毛、慢性胃炎や肝臓がんなどの内臓の病気でやせる場合もあるので、変化が目立つようなら動物病院を受診してください。

散歩の距離、気温に注意し、食事の量と内容を見直す

では、老化の兆候が出てきたら、飼い主は何に気を付ければいいのでしょうか。高齢になった犬・ネコを快適に過ごさせるには、生活を見直す必要があります。

犬の散歩は無理をしない

散歩は犬のペースにあわせてゆっくり行います。疲れたとき、嫌がるときはすぐに抱いて帰りましょう。散歩コースの最後のほうで立ち止まることが多いようなら、距離が短いコースに変更しましょう。

暑さ、寒さに注意する

犬もネコも年をとると体温調節機能が低下するので、夏の暑さ、冬の寒さ、急激な気温差には注意が必要です。室内で飼っている場合は夏は26度から28度、冬は20度前後を目安にできるだけ一定の室温を保ってください。

ただし、犬・ネコによって快適な室温は異なるので、口を開けて息をして暑がる、体を丸めて寒がる、震えるなどの様子があれば調整してください。外飼いの犬も高齢になれば真夏や真冬は室内で過ごさせるといいでしょう。

食事の量と内容を変える

「高齢犬・高齢猫用」と表示されたフードに切り替えましょう。低カロリー、血液や筋肉をつくるのに必要なタンパク質が多い、毛のツヤや皮ふのバリア機能を保つ脂肪酸を含むなど、高齢犬・猫に合わせた配合になっています。

一度に食べられる量が減ってきた場合は、少量を何度かに分けて与える、歯がなくてドライフードがかめない場合はウェットフードにする、ドライフードにお湯をかけてふやかすなど食べやすくする工夫をしましょう。

10歳を超えたら、病気の治療方針を家族で話し合っておく

半年に一度程度、身体検査や触診、血液検査、尿検査などの検診を受けるようにしましょう。犬・猫が高齢になると免疫力が低下し、皮ふ病やケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)、犬伝染性肝炎などの感染症、リンパや血管に腫瘍(しゅよう)ができるなどの病気にかかりやすくなるからです。

検診の結果、完治が難しい重とくな病気が見つかった場合は、病気の種類によって、どのような状態であと何年生きられるかの見通しは異なります。まずは獣医師の診断を聞き、残された時間と、手術や抗がん剤療法などの治療に伴う犬・猫の苦痛を検討してから、どう治療するかの方針を決めてください。

ただしその際には、時間を犬・ネコの感覚でとらえることが重要です。ヒトにとっての1年は犬・猫の約4~5年に相当すると言われています。例えば、『苦痛を伴う治療をしても、あと1年しか生きられないのなら、自然に任せよう』と、治療を諦めるケースがありますが、犬・ネコにとって、1年は短い時間ではありません。

治療方針に正解はありません。自然に任せるのも一つの決断です。ただし、覚悟を決めきれていないと、末期になって『治療すればよかった』と後悔することもあります。犬・ネコが10歳を超えたら別れのときが来ることを意識し、重とくな病気になった場合の対応を家族でよく話し合っておきましょう。
犬・ネコとの別れについては、考えたくないという思いもあります。しかし、高齢で重とくな病気になったとき、後回しにはできない問題となるでしょう。愛犬・愛猫にとってどの方法が最良か考えておきたいものです。

記事提供:獣医師が教える! 犬・ネコの寿命が近いときのサインと飼い主ができること-学生の窓口

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

老犬の病気

【獣医師が解説】シニア犬になっても健康でいるために、今からできること

飼い主さんの健康維持に対する意識の高まりや、獣医療の進歩とともに、犬も以前に比べて長寿になってきました。愛犬には長く健康でいてほしいものですよね。今回のテーマは、シニアになっても健康でいるた……

老犬の病気

【暮らしを快適に】高齢犬との暮らしをサポート。おすすめアイテム10選

大切な家族の一員である愛犬には、年を取ってからも過ごしやすく暮らしやすくしてあげたい。安全に幸せに暮らしてほしい。 そう思ったとき、何をしてあげればよいのでしょうか。 今回は高齢……

老犬の認知症

【動物看護士が解説】シニア犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のシャンプー

【動物看護士が解説】愛犬が老犬になったら、あなたがしてあげられること

犬の寿命はここのところ延びていて、10歳を超えても病気ひとつせず、健康に年を重ねている犬も少なくはありません。しかし、どんなに健康な子でも身体の老化には勝てません。いつか、自分の愛犬が食事や……

体が衰えた老犬の介護

本当に必要な「ペット保険」がわかる!後悔しないペット保険の選び方

[はじめに]年々高まるペット保険の重要性 ペットが長寿となってきている最近、犬の平均寿命は13.9歳、猫の場合は14.5歳に達しています。愛するペットと長く一緒に過ごすことができるのは喜ば……

犬の老化について

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋内飼育編】

犬が歳をとってしまったら、今まではなんでもなかったものが大きな障害になったり、怪我の原因になってしまうことあります。一見、問題が少なそうな屋内においてもそれは同じです。 生活環境を犬に……

老犬の病気

【動物看護士が解説】老犬と暮らすために必要な『生活環境』とは?

老犬になると、普段普通に過ごしていた空間でも生活しにくくなってしまうことがあります。置いてある家具は障害物となり、廊下は狭く、床は歩きづらくなってしまいます。少しでも愛犬に快適に生活してもら……

体が衰えた老犬の介護

シニア犬の飼い主さんなら知っておきたい。脚が弱った高齢犬の「歩き」「立ち上がり」をサポートする方法

犬は高齢になると足腰の筋肉が弱ったり関節に痛みが出たりして、歩いたり走ったりする時に不自由を感じるようになります。特に後脚が弱ってしまうことが多いため、立ち姿勢が取りづらくよろめいて倒れたり……

老犬の病気

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

老犬の病気

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

老犬の認知症

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

別れについて考えていますか?愛犬の埋葬方法について

愛犬との死後のことを考えるのは辛いですよね。 しかし別れはいつやってくるかわかりません。その時に愛犬の埋葬方法について知識がなければ、別れを惜しむどころではなくなってしまうでしょう。 ……

老犬の病気

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

老犬の認知症

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

犬の老化について