ロシアンブルーの特徴。飼い方と、飼う時の注意点!

ブルーグレイの美しい毛並み。その高貴で優雅な姿に魅了される方も多いのではないでしょうか?
今回はロシアンブルーの特徴、飼う時の注意点などについてお話したいと思います。

ロシアンブルーはその名の通り、ロシア生まれ。
帝政ロシア時代の貴族たちに愛された猫で、18世紀になってイギリスに渡りました。
そこからヨーロッパに広まりキャットショーなどで人気が出たようです。

 

体の特徴

毛足の短いロシアンブルーですが、ダブルコートと呼ばれる密生した毛並みはビロードのような手ざわりです。
色はブルーがかったグレー、瞳は澄んだエメラルドグリーン。
毛色と瞳の色のコントラストが美しく、神秘的な雰囲気を醸し出しています。
また、細身でしなやかな体つきも魅力のひとつ。
フォーリン・タイプと呼ばれ、骨が細く華奢な体型をしています。
しっぽは長く先細り、顔かたちはあごが細めのすっきりした、いわゆる小顔な猫です。

 

性格の特徴

きまぐれと思われがちな猫の中でも、ロシアンブルーは飼い主と認めた相手にはとても愛情深く献身的になる猫種です。
反面、やや警戒心が強くシャイな性格でもあるので人見知りすることも多く、初めての人間にはなかなか懐かないという一面も持ち合わせています。
ロシアンブルーを愛する人たちは、そんなところを「私だけを愛してくれる猫」としていっそう愛おしく感じるようですね。
また「ボイスレスキャット」の異名を持ち、その名の通りめったに鳴きません。

 

飼う時の注意点

一般的にロシアンブルーは体が丈夫で特有の持病などもない、飼いやすい猫です。
しかしシャイでおとなしい性格のせいか、ストレスを貯めやすいと言う面もあるので、それが原因で体調を崩すこともあるかもしれません。
その点に注意してストレスの原因を作らないような工夫が必要でしょう。
静かな環境でおだやかに過ごすことを好むので、小さなお子さんがいるご家庭、来客が多くいつもにぎやかなご家庭には少し難しい猫かもしれません。

しかしこのように繊細な性格でありながら、運動を好む猫でもあります。
引き締まった体型を維持するためにも、思う存分運動ができるよう飼い主さんが積極的に遊んであげてください。
また、被毛が非常に密生しているのでブラッシングをていねいにしてあげることも大切です。

 

さいごに

貴族的で優雅、そして繊細な心をもつロシアンブルー、彼らに愛されともに暮らせばきっと飼い主さんを幸せにしてくれるでしょう。
おだやかで静かな暮らしをしている方に最適な猫です。

関連記事