2016年8月4日更新

【獣医師が解説】防げる病気は防いであげたい。犬の予防まとめ

狂犬病予防接種(年1回)

生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。

4月(年1回)

犬からの感染が多いので「狂犬病」と「犬」が名前に含まれていますが、他の哺乳動物からも感染する事がある致死率100%の恐ろしい病気です。

生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。予防注射を行った犬には狂犬病注射済票が交付され、着用が義務づけられます。

この法律に意図して違反すると狂犬病予防法第27条 20万円以下の罰金が科せられる場合があります。集団検診の他に、動物病院でも接種が可能です。

混合ワクチン

一生の免疫ではないので、年1回のペースで毎年打ってあげましょう。

年1回(1歳未満は年2回)

混合ワクチンで防げる病気の中には、空気感染するものもあります。小さいときに摂取していれば大丈夫!と思っている方も多のではないでしょうか?一生の免 疫ではないので、年1回のペースで毎年打ってあげましょう。ワクチンは健康でないと打てません。体調の良い時に来院下さい。また、混合ワクチンの中に狂犬病予防は入っていません。

ワンちゃんの場合

現在ワクチンによって予防できる病気には、犬ジステンバー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、レプトスピラ症、犬コロナウイルス感染症と犬パラインフルエンザ症、狂犬病があります。狂犬病は、狂犬病予防法という法律で3ヶ月齢以上の犬に接種が義務づけられています。

狂犬病以外は、混合ワクチンの形で接種します。5種混合ワクチン〜9種混合ワクチンまであります。

予防接種の時期

動物が家にやってきたら1週間前後はまず新しい環境に慣れてからワクチン接種を行います。母乳からの免疫があるうちはワクチンが効かないため、生後1年目はワクチンを数回接種する必要があります。通常は初回ワクチンを生後8週で接種し、以後3〜4週間ごとに15〜18週までに接種します。ワクチンの種類により異なりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。ワクチン接種は、ご予約は不要です。体調の良い時を選んでご来院下さい。

ワクチン接種の注意点

ワクチンは接種後、免疫ができるまで2〜3週間かかります。それまでは感染の機会のある場所などは避けましょう。また、まれに接種後、アレルギー反応やアナフィラキシーショックを起こすことがあります。異常がみられたらただちにご連絡下さい。

フィラリア予防(毎月1回)

蚊が媒介する病気です。毎月1回予防薬を飲ませることで防げる病気です。

フィラリア成虫がほんの1~2匹寄生しているだけでも咳などの症状を起こすほか、何十匹もが団子のように心臓に住みついてしまうと重篤な症状となります。 フィラリアに感染してもしばらくは犬になんの症状も現れません。多くは数年が経過してから症状が現れます。症状が出てきたときにはすでに重症という場合が 少なくありません。このフィラリアは、毎月1回予防薬を飲ませることで防げる病気です。

投薬期間

蚊が出始〜蚊を見なくなった後1ヶ月後までが投薬期間です。
フィラリアはきちんと予防薬を投与すれば防げる病気です。 フィラリア予防は蚊の活動期間内だけ薬を投与すればいいのではなく、 蚊の活動開始1ヵ月後から蚊の活動終了1ヵ月後までが投薬期間です。 毎月1回の投薬が必要です。 寒くなったから、蚊を見かけなくなったから、ではなく、 蚊がいなくなったと思われる日の1ヵ月後まで 確実に最終の駆虫の投薬を行って下さい。お薬のタイプも色々ありますので、お気軽にご相談ください。

ノミ・ダニ予防(毎月1回)

ノミ・ダニに刺されたら痒いだけではありません。様々な病気も運びます。刺される前に予防しましょう。

ノミ・ダニに刺されたら痒いだけではありません。痒いのはもちろん、他にも様々なトラブルが起こります。また多くの感染症を運んできます。中には命にかかわる怖い病気もります。また、動物だけでなく、人間にも感染する病気も多く運んできます。

『駆除』よりも、刺されることを『予防』するのが理想です。
ノ ミ、マダニは驚異的な繁殖力を持っています。一度、寄生されてからの駆除は、幼虫や卵も駆除する必要がありかなり大変です。また、13℃以上の環境で繁殖 可能なため、一度室内に入ると繁殖が止まりません。ノミ、マダニに刺されることで様々な病気に感染するリスクがあります。もちろん、ヒトに感染する病気も いろいろあります。『駆除』よりも、刺されることを『予防』するのが理想です。ノミ、マダニの予防薬は、飼育環境に合わせてお薬を選びましょう。お気軽に ご相談ください。

健康診断(年1回)

病気の早期発見は、その後の治療、予後に大きく影響します。定期的な健康診断をおすすめしておりますが、日常生活いつもと違うと言うような気付があった場合は、できるだけ早期に診察を受けるようにしましょう。

ドッグドック・キャットドックは、麻酔を使用しますので、当日は飲食せずにお越し下さい。午前中に来院いただき問診と診察の後、一旦ワンちゃんorネコちゃんをお預かりします。お返しは夕方以降になります。

ドック内容

  • 基本の検査(聴診、触診、耳診、体重測定、エコー検査、歯の検査)
  • 血液検査
  • 心電図
  • 歯石除去・歯磨き
  • 診察・診断
  • 飼主様へ報告

以下のような症状、状態に気付いたときは、できるだけ早期に診察を受けるようにしましょう。

  • 食欲不振、急な食欲増加
  • 心臓の動きに乱れがある
  • 水をたくさん飲む、おしっこの量が多い
  • 皮膚の色がおかしい、脱毛がある、かゆみがある
  • 嘔吐、下痢、血を吐く
  • 耳がくさい
  • 排便、排尿がない、便、尿の色がおかしい
  • 目の色がおかしい、痛がる、目ヤニがひどい
  • やせる、太る
  • 視力に異常を感じる
  • お腹が膨れる
  • 体がくさい、よだれを垂らす
  • むくむ
  • 運動を嫌がる、疲れやすい
  • 脱力がある
  • 動作がぎこちない、足をかばう、足を引きずる
  • 熱がある
  • どこか痛がる
  • 鼻水、くしゃみが出る、鼻が変形している
  • 体にしこりがある
  • 呼吸が苦しそう、咳をする
  • ショック状態、ケイレン発作、意識を失う
  • 粘膜の色がおかしい(青白い、黄色い)

これ以外でも、気になることがあればご相談下さい。

德田竜之介



獣医師

飼主様とのコミュニケーションと信頼を大切にしてます。動物たちのために私たちがいるという事を仕事で心掛けています。

竜之介動物病院

関連記事

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~犬編~

毎年必ず1回の接種が決められている、混合ワクチン。ペットホテルやドッグランを利用する際に証明書が必要となることもあり、狂犬病ワクチンと同じく、毎年忘れずに接種してくださっている飼い主さんも多……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】年に一度の狂犬病の注射、本当に必要なの? 狂犬病のワクチンの意義

狂犬病は、一度発症すると人間、動物ともに致死率100%と言われる恐ろしい病気です。しかし、日本国内では昭和33年以降、この病気の発生は報告されていません。 それでも狂犬病の予防注射は必……

犬のワクチン接種

迷子犬を探す手がかりに!!狂犬病ワクチン接種でもらえる鑑札。

春になると市や区から「狂犬病のワクチンを打ってください」とハガキが送られてきます。 日本には狂犬病は出ていないから…など打たない方もちらほらといらっしゃるようですが、法律違反になりますので……

犬のワクチン接種

【山梨県】おすすめドッグカフェ 9選

愛犬と共に、ほかの犬連れの友達や仲間と共に集まることができるドッグカフェ。美味しいメニューがそろっていたり、愛犬用のメニューも豊富だったりして、愛犬と一緒に楽しむことができます。 友達……

犬のしつけの基礎

任意ですが【混合ワクチンについて】愛犬の元気は飼い主さんの元気!

混合ワクチンで予防できる病気一覧 そもそも、ワクチンを摂取していれば下記に記述する病気の可能性は低くなります。 しかし、混合ワクチン摂取のタイミングには賛否両論がありますので、それを踏ま……

犬のワクチン接種

2分でわかる!子犬の登録と狂犬病の予防注射について

皆さんは犬を飼育すると、様々な「義務」が生じることを知っていますか?簡単に犬を飼うといっても、守らなければいけないことや、やっておかなければいざというときに飼い主の立場が不利になってしまうこ……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】狂犬病予防注射してますか?恐ろしい狂犬病から愛犬を守りましょう。

狂犬病とは 狂犬病ウイルスに感染した動物に噛まれたり引っ掻かれたりしてできた傷口からウイルスが体内に侵入して発症する、全てのほ乳類が感染する人獣共通感染症です。侵入したウイルスは脳神経組織……

犬のワクチン接種

犬を連れてキャンプに!犬と楽しむためのキャンプ場の選び方と準備

春から秋にかけて人気なのがキャンプ。最近ではペットを同伴できるキャンプ場も増えています。一緒に自然に親しむ機会は愛犬にとっても飼い主さんにとっても良い想い出になることでしょう。 しかし……

犬のトイレグッズ

獣医師が解説!犬の〝年齢別〟予防接種のいろは。

愛犬の健康管理は飼い主のとても大切な役割です。日々の健康的な生活習慣による健康管理はもちろんですが、伝染病を予防するための予防接種(ワクチン接種)も愛犬のために忘れてはならないことのひとつで……

ワクチン接種の前後にお風呂は避けるべき?接種前後の注意点とは?【動物看護師が徹底解説】

犬も猫も、年に一度必要になるワクチン接種。毎年のことなので、説明も右から左であまり頭に入っていない飼い主さんも多いのではないでしょうか。ワクチンは打てば良い、というものではなく、打つ前と後に……

犬のワクチン接種

【獣医師が解説】防げる病気は防いであげたい。犬の予防まとめ

狂犬病予防接種(年1回) 生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。 4月(年1回) 犬からの感染が多いので「狂犬病」……

犬のワクチン接種

【福島県】おすすめドッグカフェ 10選

愛犬と共に、ほかの犬連れの友達や仲間と共に集まることができるドッグカフェ。美味しいメニューがそろっていたり、愛犬用のメニューも豊富だったりして、愛犬と一緒に楽しむことができます。 友達……

犬のしつけの基礎

獣医師ではない人がワクチン注射をすることはある?【動物看護師が徹底解説】

寒い冬を越えて、暖かい春がやってくると狂犬病ワクチンや混合ワクチンなどの、予防接種の時期で忙しくなりますね。動物病院も混んでいるし、遠くまで通っている人にとっては、もっと手軽に済ます方法はな……

犬のワクチン接種