肥満に要注意!キャバリアのエサの量について

とても食欲旺盛なキャバリア。残さず食べてくれると嬉しくてついついあげ過ぎてしまいがちですね。でもキャバリアの場合はちょっと注意が必要なようです。今回はキャバリアのエサの量ついて調べてみました。

 

キャバリアのエサの適量は?

とても食旺盛で食べることが大好きなキャバリアにとって、食事の時間は1日の中でもっとも楽しみな時間だといってもよいかもしれません。嬉しそうにガツガツ食べてくれると、与えるこちらもうれしくなってついつい多くあげてしまいがちです。

でもキャバリアの場合は股関節脱臼や僧帽弁閉鎖不全症など、肥満が原因の病気に注意が必要な犬種なのでエサの量は適量を守りたいところです。

ではエサの適量とはどのように決めていけばよいのでしょうか?適量を決める方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4
素材dog-806883_640
 

個体差にあわせた適量の見極め方は?

人も食欲や胃腸の強さには個人差があるように、犬もすぐにお腹を壊す犬もいれば、食べれば食べるだけ太ってしまう体質の犬もいます。個体差にあわせたエサの量の見極め方でよくいわれているのが便の硬さを見る方法です。

便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

しかしキャバリアの場合は食欲旺盛で比較的胃腸の強い犬が多いようで、食べ過ぎでも便が柔らかくなることが少ないため、便の状態で確認するのが難しい犬種だといわれています。

ではどのように適量を見分ければよいのでしょうか?成犬の場合は体重の増減がない状態が適正なエサの量なので、1番よい方法はこまめに体重をチェックすることですが、毎日体重測定をするのは大変ですよね。

もう1つの方法は目や手で犬が骨格にあった体型を維持しているかを見極める、ボディーコンディションスコアという方法です。ボディーコンディションスコアは次のような手順でおこないます。

ボディーコンディションスコア

肋骨を触る

軽く胸に手を添えて力を入れずに肋骨の上を上下にずらしながら触ってみます。

  • 痩せ過ぎ:触らなくても肋骨が浮いて見える・触るとすぐに肋骨にあたる
  • 太り過ぎ:指先に力を入れないと肋骨を触ることができない

ウエストラインの確認

背中を上から見た時に後ろ足の少し前にあるウエストラインがどのように見えるかで判断します。

  • 適正:背中を上から見た時に少しくびれて見える
  • 太り過ぎ:くびれがなく長方形に近い体型に見える

背骨の確認

背骨のラインを手で触って確認をします。

  • 痩せ過ぎ:背骨の1つ1つがわかる
  • 適正:背骨のラインが触れる
  • 太り過ぎ:触っても背骨の場所がわからない

キャバリアの場合はボディーコンディションスコアのチェックや体重測定をおこない、適正な体重を維持できている状態のエサの量がその犬の適量ということになります。

imasia_2679963_S
 

月例や年齢によるエサの与え方

犬にもライフステージにあわせた生活の仕方があり、それぞれの月齢や年齢にあわせた食事の仕方があります。

特に子犬の頃は体重の維持よりも、成長に必要な栄養素をしっかりと摂ることが必要な時期です。噛む力も弱く消化器官も未発達な状態なので、成犬と同じ様な与え方では十分に栄養を取ることができません。

成長の進み具体には個体差があるので必ずしもあてはまるとはいえませんが、一般的にいわれている月齢や年齢にあわせたエサの与え方は次のとおりになります。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

 

ふやかし食の意味

幼年期や高齢期にドライフードを与えている場合は、ふやかしてから与えるとよいといわれていますがなぜなのでしょうか。ドライフードをふやかして与えることの最大の意味は、ふやかすことによって消化器官への負担を軽減することができることです。

幼年期の場合は永久歯も生えそろっておらずしっかりとドライフードを噛み砕くことができないうえ、まだ消化器官も未発達なため硬いままのドライフードをうまく消化吸収することができません。

高齢期の場合は加齢により噛む力が落ちていきます。消化器官も衰えていくため硬いドライフードをそのまま与えていると、体への負担がおおきくなってしまいます。

これらのことから幼年期と高齢期にドライフードを与える場合は、お湯や犬用のミルクなどでふやかして与えるふやかし食がよいといわれているのです。

またふやかし食には水分を一緒に取ることで満腹感を得ることもでき、食べ過ぎや早食いを防止することができるといわれています。「体重が気になる。」「早食いで困っている。」などの場合は、少しエサの量を減らしてお湯や犬用のミルクでふやかしてから与えてみるのもよい方法です。

imasia_14136173_S

食いしん坊のキャバリは拾い食いに注意!

食べることが大好きなキャバリアで1番心配なことは拾い食いをしてしまうことです。「エサは適量与えているのになぜ?」と困っている飼い主の方も多いようですね。

犬はとても好奇心旺盛で落ちているものが何かを確認するために臭いを嗅いで、口に入れられそうなものなら口に入れて確認をしたいという本能があるのです。つまりエサの量が少ないからお腹が減って食べてしまうというわけではないので、拾い食いをやめさせるためにエサの量を増やしても効果はありません。

もちろんしつけで拾い食いをやめさせることが大切ですが、犬の本能に基づいた行動なのでなかなか難しいしつけになります。しつけでなかなか覚えてもらえない場合は、飼い主が注意をして拾い食いをしない環境を作ってあげる必要があります。

家の中の犬の生活領域に誤飲するようなものや食べ物を落としておかないように注意します。落ちているのを見かけたらすぐに拾っておきましょう。

散歩の時も犬が興味を示しそうな物を飼い主が先に見つけるように注意します。物が落ちている場合はできるだけ冷静に、犬がものに注意を向けないように通り過ぎるようにしましょう。草むらなどに入る場合はより注意が必要です。犬が臭いをかぎ始めたらリードを引いてやめるように促しましょう。

関連記事