2016年8月12日更新

僕らの居場所は言わにゃいで その10:いざ行けニャンコ飛行隊(後編)

さて。前回に引き続き猫が宙を飛ぶ姿の撮影方法についてご説明させていただいておりますが、実際にジャンプする猫を撮ってみると「ピント合ってない」という方が多数いらっしゃると思います。

もしかするとオートフォーカスがAF-S(シングル)になっているのかもしれません。AF-Sだと一度ピントを合わせたところからピントが移動しないためジャンプ写真を撮るのには不向きです。カメラの液晶にAF-Sと表示されていたら、それぞれのメーカーの説明書にしたがって、AF-C(コンティニュアス)に変更してみてください。

AF-Cに設定することでカメラが動く被写体に追従してピントを合わせ続けてくれます。

とはいえ、それも機械がやっていることで過信は禁物。

結局は人力でピントを合わせなければならない場面もあります。ジャンプする直前に猫にピントを合わせたら、ジャンプする瞬間にレンズのピントリングを(ニコン、ソニー、ペンタックスをお使いの方は反時計回り、キヤノン、オリンパスをお使いの方は時計回りに)回すことでピントを手前に引き寄せることが出来るので是非おためしください。

ピントリングの操作

(ピントリングを実際に操作している動画です)

それでもピント合わせに苦労するようでしたら、最終手段。

誰でも出来る方法。

なら、最初っからそれ説明しろって話ですね。「置きピン」に挑戦してみましょう。

■ピントは面で捉える

置きピンとは書いて字のごとく、ピントを事前に任意の場所へ置いて、対象がそこに来たタイミングでシャッターを切るというもの。まず基本的に理解しておいてもらいたいのは「ピントは点ではなく面である」ということです。理解するためには下の図をご参照ください。

僕らの居場所は言わにゃいで

対象Aはコーヒーさん。

対象Bはライター、対象Cは腕時計です。

早速、この図の通りに撮影してみましょう。

僕らの居場所は言わにゃいで

開放のf2で撮影した場合、カメラからの距離がカメラと同じライターにはピントがきていますが、奥にある腕時計はボケてしまっていますね。

そこで今度は腕時計をコーヒーに近づけ、ライターを少し手前に置いてみましょう。

僕らの居場所は言わにゃいで

どうですか。

腕時計にピントが来て、ライターがピンぼけしましたね。

このようにピントは合わせた一箇所(コーヒー)だけではなく、同じ距離にあるものを面として捉えています。そこで事前にピント面を決めておき、対象(腕時計)がピント面を通過する瞬間にシャッターを切るのが置きピン撮影。

前回、映画泥棒さんが実演してくれた正面、斜め、真横の構図を上から見ると、ピント面はこんな感じになります。

僕らの居場所は言わにゃいで

下の写真は前回のものですが、ピントの面は草のあたりに合わせてあります。

僕らの居場所は言わにゃいで

こうしたケースでは発進点Aと着地点Bの中間よりも、着地点Bに近いところにピント面を置くのがコツ。これならばカメラのオートフォーカス性能や瞬間的にピントを合わせる技術がなくても、ジャンプしている猫を捉える事が可能です(ただし、タイミングを読むカンは必要ですが・・・)。

■それでも上手くいかないあなたへ

それでもなかなかピントが合わない。上手く撮れない。

そういう方はレンズを絞って(F値を大きくして)みてください。

F値が大きくなるほどピントが合っているように見える範囲が深くなるので、ピンぼけ写真になる確率が少しだけ下がりますよ(ピントの置き場所が悪いと結局はピンぼけを量産する事になりますけどね)。

僕らの居場所は言わにゃいで

この置きピンやピント面の深さについて理解すると、他の撮影にも応用できます。

猫がこちらに駆け寄ってくる瞬間、ある程度絞って地面にあらかじめピントを合わせておくことで、こんな写真が撮れたりもするんですよ。

僕らの居場所は言わにゃいで

■思いやりの気持ちを忘れずに楽しむ

二回に分けて説明をしてきました猫ジャンプですが、あらためてのおさらい。

・猫たちが飛びたがる条件作り

幅1〜1.5mに高さ1m前後の発進点と着地点を用意しましょう。ただし、足場が不安定だと滑って落ちて怪我するので、くれぐれも気をつけてください。家猫はもちろんですが、特に外暮らしにおいて骨折は死に直結する深刻な怪我です。骨が折れるのは人間だって痛い。猫も当然、痛いのです。

・カメラの設定

シャッタースピードを1/1000秒以上に設定したら、F値(絞り)とISOで明るさを調整。F値(絞り)は正面に近いほど大きくした方が良い結果を得られるでしょう。といってもF11(中級機より下はF8)以上絞ると画質の低下があるので絞りすぎに注意してください。絞った分だけ暗くなるのでISOを上げる事も忘れずに。

・ピントを追うか、置くか

オートフォーカスを使う時は必ずAF-C。手動でのピント合わせは訓練が必要になります。置きピンで撮る際は点ではなく面で捉えて、猫が飛ぶタイミングに集中しましょう。

・猫は飛ばなくたって可愛い

散々ジャンプしてもらってアレですが、ジャンプに躊躇する子を無理矢理に発進点へ連れて行って飛ぶように促すのは厳禁。皆さんだって「ほれ、ジャンプしてみろよ」と言われて良い思いはしませんよね。「相手の気持ち、健康に対する思いやり」を忘れずに写真を楽しみましょう。

気がつくと今回は妙に写真の講義っぽくて、猫の写真よりも映画泥棒と図解の方が多く、いったい何の連載だかわからなくなってしまいました。まあ、そういう回があってもいいじゃないですか。わっはっは。

最後にとっておきのニャンコ飛行隊をどうぞ。

僕らの居場所は言わにゃいで

ちなみにこちらは645Zに75mmの単焦点でピントは手動、連写は使ってませんヨ

(というか645は連写が使えません)。

でわ、また。

末吉弦太



写真家

カメラマンとして企業のウェブサイト・広告用の写真を撮影する傍ら、各地を転々としつつ外暮しの猫たちを撮り続ける。 主要機材:PENTAX 645Z、Nikon D5、FUJIFILM X100 撮影場所を公にすることのリスクや問題について警鐘を鳴らすハッシュタグ「#僕らの居場所は言わにゃいで」を使って、猫の居場所をシェアするのではなく、静かに見守る気持ちをシェアしませんか?

instagram
Facebook
Twitter

関連記事

犬の交配について、そんなときはこう言う!

それでは先日の隣の奥様の 『うちのプーちゃんに、どうしても赤ちゃんを産ませてあげたいの♡』について。 私なりの考えと対応方法はと言いますと、やはり自分の娘のようにかわいいワン……

ニュース

知能はなんと5歳児並み! 足し算ができるヨウム、アレックスの天才ぶり

大型のインコの仲間であるヨウム。頭が良くおしゃべりも得意だということが知られるようになってペットとして飼う人も増えてきました。そんな頭の良いヨウムの中でも天才ぶりを発揮して一躍有名になったの……

ニュース

「猫と暮らす幸せ」を!猫も喜ぶ、素敵なアイテムで新生活を始めませんか?

新しい生活に猫を、お迎えする方もいるのではないでしょうか? 猫には良い物を贈りたいと思い、猫用アイテムを探している方も多いかと思います。 今回は素敵なアイテムを揃えているnecoto……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その18:カメラ任せに撮らにゃいで

「黒猫を綺麗に撮る方法を教えてください」 主に黒猫と一緒に暮らしている人から寄せられる質問ですが、「綺麗に撮る方法」と言っても綺麗かどうかは個人の主観に委ねられる部分が多く、自分の綺麗……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その13:カメラはにゃんでもいい(前編)

「猫をもっと綺麗に撮りたいんですけど、一眼レフはどれを買えばいいですか?」 別に猫写真に限らずなのですが、一眼レフをこれから買おうって人から購入相談を受けることがあるんですけど、そのた……

ニュース