犬の医療費は大丈夫?キャバリアにおすすめのペット保険について

キャバリアは性格的に家庭犬として最適な犬種だといわれています。その一方で100%のキャバリアが発症するとさえ言われるほど心臓病の発症例が多く、その他にも気になる病気が多数ある医療費の負担が大きい犬種でもあるようです。そんなキャバリアの万が一に備えるおすすめのペット保険について調べてみました。

 

キャバリアのかかりやすい病気とは?

キャバリを飼う時に1番心配なのが病気のことなのではないでしょうか?

特によく言われているのは心臓病にかかりやすいということですが、その他にも注意しておきたい病気が多くあります。まずはキャバリアがどのような病気にかかりやすいのか、その病気を治療するにはどのくらいの費用がかかるのかを理解しておきましょう。

ここではキャバリアで注意しておきたい代表的な病気をいくつかご紹介します。

僧帽弁閉鎖不全症

キャバリアで1番心配される病気です。心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が変性し閉まらなくなってしまうことで、左心室から再心房への血液が逆流してしまう病気です。若年の犬よりも老齢の犬での発症率が高いのですが、キャバリアの場合は比較的若い時期から発症することもあるようです。

初期の症状はあまりなく健康診断などで発見されることが多いようですが、進行してくると散歩中や夜中などに咳が出る、疲れやすい、運動を嫌がるなどの症状がみられるようになります。重度になると肺水腫を引き起こし呼吸困難になることもあるようです。

現在は根治させる治療法がなく、症状の緩和と病気の進行を抑えるため投薬や運動制限、食事療法による体重管理など内科的な治療が主になります。1度発症すると生涯にわたって経過観察や投薬などの治療が必要になる病気です。

imasia_12041699_S

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

この病気は手術費用、通院介護の費用が高額になることが多く、補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

目の病気

キャバリアは目の病気にかかりやすいことで知られています。キャバリアが発症しやすい目の病気は次のとおりです。

乾性結膜炎(犬のドライアイ)

眼が大きくやや出っ張っているキャバリアに多い病気です。目の表面が乾いて角膜と結膜の炎症が生じた状態です。本来は眼球は薄い涙の膜である涙膜というもので覆われ、乾燥や外からの異物の侵入から守られているのですが、何らかの理由によって涙膜がとぎれてしまい、瞬きによる摩擦などから角膜や結膜が傷ついてしまう病気です。

症状は目やにの増加や結膜からの出血など、角膜炎や結膜炎と似た症状が現れます。

基本的には涙を促進する軟膏などの投薬や点眼によって治療がおこなわれます。投薬による効き目が薄い場合は外科的な治療が必要になる場合もあります。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。遺伝など先天的な要因で引き起こされることもありますが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性もある病気です。

外耳炎

外耳道に炎症が起こっている状態のことで外耳道炎とも呼ばれています。寄生虫やアレルギー、過剰な耳垢や被毛などの異物による炎症、ブドウ球菌などの細菌感染などが原因で発症します。特にキャバリアのような垂れ耳の犬種は、耳の中の風通しが悪く蒸れやすいため発症しやすい病気です。

症状としては耳から悪臭がする、耳をしきりに触りたがる、頭を振る仕草が多くなるなどがあります。

治療法は外耳炎を起こしている原因によって異なりますが、多くが投薬によって症状を軽減していく治療が主になります。

素材cavalier-king-charles-spaniel-988873_640
 

キャバリアにおすすめの保険は?

やはりキャバリアの場合は僧帽弁閉鎖不全症への備えは必ずしておきたいところです。

基本的には老齢で発症する病気ですが、キャバリアの場合は若年での発症も多いことを考えると、長期にわたる通院・投薬が必要になり、医療費の負担が大きくなることが考えられるからです。

また膝蓋骨脱臼などの関節の病気も多いことなどを考慮すると、次のような点に注意をして保険を選ぶとよいようです。

  • 膝蓋骨脱臼、骨折、白内障などの高額治療が補償内容に入っているもの
  • 長期通院の必要な病気に備え、通院の補償日数や回数が十分もしくは制限なしのもの
  • 1回の事故(傷病)に対しての上限がないものもしくは補償が十分なもの

考慮すべき点をふまえてキャバリアにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

PS保険

インターネット販売に特化した保険です。保険料が比較的安いが膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニア、がんなどの治療費も対象となっており、保険料と補償内容のバランスがよい保険となっています。保険金の支払いが平均3.6日と早いのも特徴です。ただしアニコムと同様通院・入院の回数制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

プランは医療費の負担%にあわせて「50%補償プラン」「70%補償プラン」「100%補償プラン」の3つが用意されています。

ペット&ファミリー少額短期保険(株)

太陽生命や大同生命などのT&Dグループが手掛けているペット保険なので安心感があり、1日あたりの支払限度額、支払い回数に制限がないのが特徴です。

4つのプランが用意されており1日あたりの免責金がなく保険料と補償内容のバランスが取れている「ペット保険げんきナンバーわんプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんプラン50」、「ペット保険げんきナンバーわん」よりもやや安い保険料で、1日あたりの免責金額が3,000円となりますが、股関節脱臼、膝関節脱臼、膝蓋骨脱臼、病理組織学検査料が補償される「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン50」があります。

imasia_14136173_S
 

キャバリアの場合は保険料がやや高いのが問題

今回ご紹介した保険は1つの疾患に対して長期の通院など高額な医療費が必要になることが考えられること、膝蓋骨脱臼や白内障など補償対象外になってしまう可能性がある病気があることなどを考慮して選んでみました。

キャバリアを飼う時に保険に加入することを躊躇させてしまう問題として、他の犬種よりもやや保険料が高いことがあるようです。予め心臓病や関節の病気にリスクが高いことがわかっているため犬種であることを考えると、保険会社としても仕方のない対処だと思うのですが、子犬の頃から高額の保険料を支払い続けることに抵抗を感じる方も多いことでしょう。

しかし保険は病気を発症してしまってからでは加入することができないのは、人も犬も同じ仕組みになっています。本来は老齢になってからの発症が多い心臓病ですが、キャバリアの場合は若いうちに突然発症することも多いことを考えると、早いうちから備えておきたいところです。

保険料を抑えて心臓病にだけに備えるなど、キャバリを飼うならば自分たちにあった備え方をよく考えて、いざという時にできるだけのことをしてあげられるように備えておくことが、大切なのではないでしょうか?

関連記事