2017年5月18日更新

女性に大人気!犬の貴公子マルチーズのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

絹のような純白の被毛と潤んだ瞳、犬の貴公子とも呼ばれるマルチーズは女性に人気の高い犬としても知られています。華奢で美しい見た目から中世ヨーロッパでは抱き犬として上流階級の女性たちを虜にしていたようですね。今回はそんなマルチーズについてどのような性格なのか、しつけ方のコツについてなどを調べてみました。

 

マルチーズの性格は?

中世ヨーロッパで抱き犬として人気を誇った歴史を持つマルチーズは、落ち着きがある穏やかな性格をしていて、飼い主に対してとても甘えん坊な室内で飼育するのに適した性格をしているといわれています。

小柄で穏やかな性格ですが臆病かというとそうでもなく、大きな犬にも向かって行ってしまう気の強いところがあったり、走り回って遊ぶことも大好きな陽気で溌剌としたところもあるので、よく2面性のある犬種だといわれています。

警戒心もやや強めなので見知らぬ人に対してすぐに懐くようなことはなく、番犬としての役割も果たすことができますが、飼い主にべったりの甘えん坊な性格なので留守番はあまり得意ではありません。

とても利口で飼い主に従順なのでしつけも比較的入りやすく、犬を飼うことに慣れていない方にもおすすめの犬種です。

マルチーズ_犬_素材dog-1123016_640

賢さが仇になることも

マルチーズは愛玩犬として人と長く生活してきた歴史を持つ犬種なので、飼い主のいうことをよく聞く賢い犬種だといわれています。そのため全犬種の中でもしつけがしやすい犬種として知られていますね。

ただし気を付けなければならないことは賢さが仇になってしまうこともあるということです。

あまり厳しく叱ってばかりいるようなしつけをしてしまうと、「飼い主に見つからなければ怒られない。」とわからないように悪さをするようになってしまったり、逆に甘やかしてしまうと「こうすれば飼い主さんにわがままを聞いてもらえる。」ということを学習してしまい、飼い主をコントロールするようなわがままな犬になってしまうようなこともあるようです。

マルチーズをしつける時はその賢さがよい方向へ発揮されるように、飼い主も一貫した態度できちんと接してあげる必要があります。またできないことをくどくどと叱るようなしつけよりも、悪いことはその場で短く叱りできた時には大袈裟なくらいにちゃんと褒めてあげるしつけの方が効果的なようです。

 

最初の関門トイレトレーニング

子犬を迎えて1番最初の関門はトイレのトレーニングですよね。

子犬を受け渡された時にはまずトイレトレーニングの状況を確認しておきましょう。ケージの中に敷き詰めた新聞紙の上に自由にさせていたような場合は、迎え入れてから1からのトレーニングになりますので、1ヶ月~2ヶ月は失敗をすることもあると覚悟しておく方がよいですね。

1からトレーニングする場合は、まず家の中のトイレの位置を決めて、動かさないことが重要です。できないからといってあちこちに動かしてしまうと、逆に子犬が混乱してしまいます。1度決めた場所で根気強く教えてあげましょう。

マルチーズはきれい好きな犬種なので、寝る場所とトイレの場所はしっかりと離れていることを好みます。そのことを頭に置いてトイレの場所を決めてあげましょう。

トイレの位置が決まったら子犬の様子をよく観察して、お尻を下げたり臭いを嗅ぎながらクルクル回るなどトイレの兆候がみられたら、トイレの方へ連れて行ってあげて「ワン・ツゥ」と繰り返し優しく声をかけながらするように促します。できたらしっかりと褒めてあげましょう。

失敗しても叱らずに目をあわせたり声をかけずに、静かに失敗したおしっこやウンチを片付けます。トイレには入っていたけど場所が外れてしまったような場合は、失敗ではないので褒めてあげましょう。その時に叱ったり無視したりすると、失敗したと勘違いしてトイレではしてはいけないと思ってしまいます。

おしっこをしたトイレシーツはすぐに捨てずに、次のおしっこがうまくできるまでそのままにして臭いを残しておきます。失敗をしなくなったらおしっこをしたその場で片づけてしまっても大丈夫です。

逆にある程度できるようになっていた場合は、今までトレーニングをしていた環境にできるだけ似たトイレの環境を作ってあげるとスムーズです。受け渡しの際によく聞いておきましょう。

また臭いの付いたトイレシーツやマットなどがいただける場合は、いただいて新しいトイレに敷いてあげると、自分の臭いに安心して新しい家に馴染みやすいですし、トイレも成功しやすくなります。

トイレトレーニングはもっとも忍耐力のいる作業です。飼い主が焦ってしまうことが1番失敗につながってしまうので、気長に根気強く教えてあげましょう。

犬_素材dog-1158929_640

家のルールを決めておきましょう!

しつけは犬を家に迎え入れた時からすぐに始まります。「犬が来てから犬にあわせて決めていけばいいわ。」と考えているならばそれは大きな間違いです。

犬にとって安心できる心地よい環境というのは、自分の身を任せることができるしっかりとしたリーダーがいて、規律正しいリズムで生活ができる環境です。迎え入れた時にすでにその環境を整えおいてあげることが、しつけをスムーズに進めるためにはとても大切なことなのです。

まず犬を飼う前に家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておきましょう。

次に犬と生活するための家族のルールを決めておきましょう。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを家族で統一しておくとよいでしょう。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

imasia_7710939_S

社会性の勉強は楽しみながらがおすすめ

マルチーズはやや警戒心が強く見知らぬ人には懐きにくい性格をしています。その性格がひどくなってしまうと、無駄吠えなどの問題行動につながってしまう可能性があります。

適度な警戒心を持ちつつ、見知らぬ人や他の犬に友好的な対応ができるようにするためには、子犬の頃から社会性を身に付ける機会を作ってあげることが大切だといわれています。

ワクチンが済むまでは家に家族以外の人を招いて、触ったり遊んでもらう体験をさせてあげるとよいですね。ワクチンの接種が終わったら積極的に外へ連れ出し、外の音や動きに慣らしてあげましょう。お散歩に慣れてきたら犬を連れてドッグカフェやドッグランにデビューしてみるのもよいですね。

社会性の勉強はあまり難しく考えずに愛犬と一緒にたくさんの経験を楽しんであげることが大切です。家で一緒に過ごすだけでなく、愛犬と一緒にいろいろなところへ出かけてみてはいかがでしょうか?

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード